洗濯機のインバーターは必要?ノンインバーターとの違いとは?

洗濯機を買い換えようと思った時に
迷ってしまうポイントとして多いのが
「インバーターが必要かどうか」
ということのようですね。

そもそも、インバーターがどのような
役割を果たしているのかご存知でしょうか?

そこで、今回は洗濯機にインバーターが
必要かどうかについてや、
ノンインバーターとの違いについて
解説していきたいとおもいます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



洗濯機のインバーターって何?ノンインバーターとの違いとは?

さて、洗濯機にはインバーター式と
ノンインバーター式がありますが、
この「インバーター」とは一体何の事なのでしょうか?

インバーターとは、電気が流れる量を
調整するための部品になります。

洗濯機はモーターを回転させることで
洗濯槽を動かし洗濯物を洗っていますが、
インバーターがあることによって、
モーターの回転数を最適な速度に調整しながら
洗濯物を洗うことができるようになります。

具体的には、洗いの時は少しスピードをゆるめて
脱水時にはスピードを速めるという感じです。

一方でインバーターが付いていない
「ノンインバーター式」の洗濯機でも
モーターの回転スピードが調整されていないわけではありません。
ありませんが、インバーターが付いていないため
電気を流したり止めたり(ON・OFF)を繰り返して
洗濯槽が回転するスピードを調整しているのです。

つまり、インバータ式はモーターの回転速度が
なめらかにコントロールされますが、
ノンインバーター式ではON・OFFが繰り返されるため
動作がギクシャクしてしまうという違いがあります。

洗濯機にインバーターは必要?

さて、ではここからが本題となるのですが、
洗濯機にインバーターは必要なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
インバーターが付いている洗濯機の方が良いでしょう。

というのもノンインバーター式と比較して
様々なメリットがあるからです。

そのメリットについてご紹介すると

  • 動作音が静か
  • 電力消費量が減る
  • 節水できる
  • 洗浄力が高い

このようなメリットが上げられます。

つまり、インバータ式洗濯機の方が
性能的にノンインバーター式よりも
高性能といえるのです。

もちろん、その分インバーター式洗濯機の方が
ノンインバーター式の洗濯機に比べると
お値段が高くなりますが、
何年、何十年と使うことを想定しているならば
その値段差分は電気代や水道代でペイ
されてしまうでしょう。

また動作音も静かなのでストレスになりませんし、
周囲への騒音対策としても有効なので、
隣近所が近い場合にはインバーター式洗濯機の
一択と考えてよいのではないでしょうか?

まとめ

今回は洗濯機についているインバーター
についてご紹介しました。

インバーターが付いているだけで
様々なメリットがありますので、
そのメリットが値段差以上分あると思えれば
間違いなくインバーター式洗濯機を
チョイスした方が良いでしょう。

また、洗濯機は家族構成や使用頻度などによって
最適な機種が変わってくるので、
地元の電気店などに行って相談して
購入を決定するのが良いとおもいます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする