洗濯機の風呂水ポンプが吸わない!故障?修理方法や交換費用について

洗濯機に使用する水を節水するために
効果的なのがお風呂の残り湯を使うという方法ですが、
お風呂の残り湯を洗濯機に移動するための
マストアイテムといえば「風呂水ポンプ」ではないでしょうか^^

風呂水ポンプがなければお風呂の残り湯を
使って洗濯をするのがかなりしんどくなってしまうわけですが、
我が家の風呂水ポンプは
ある日突然吸わなくなってしまったんです(^_^;)

「え?困るんですけど~」
って感じだったんですが、
風呂水ポンプが吸わなくなってしまったら
どうしたら良いか分からない方も
いるかもしれませんので、
今回は風呂水ポンプが吸わなくなった
時に考えられる故障原因や修理方法、
また交換にかかる費用などを
みなさんにシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



洗濯機の風呂水ポンプが吸わないのは故障?

我が家では洗濯機の風呂水ポンプを使って
お風呂の残り湯を移動させて
洗濯に再利用していたのですが、
ある日いつものように洗濯をしようと思ったら、
風呂水ポンプがお風呂の残り湯を
吸い上げてくれなかったんです。

購入してから10年近く経っていたので
「そろそろ寿命かな?」とも思ったのですが
一応購入した家電量販店に修理できないか
聞いてみたところ修理するとなると
15,000円くらいかかるといわれて驚きました!

だって15,000円の修理代って
風呂水ポンプを購入した時の値段よりも
相当高い金額でしたので(^_^;)

そこで、風呂水ポンプを自分で修理できないか
調べてみることにしたんですが、
自分で修理できる場合もあるようです。

洗濯機の風呂水ポンプの修理方法

風呂水ポンプが水を吸わなくなってしまった場合は
いろいろな原因が考えられるのですが
はじめにざっくり考えられる原因をまとめると

  1. フィルターのつまり
  2. ホースの亀裂
  3. ポンプの故障

などによって風呂水ポンプが
お風呂の残り湯を吸わなくなってしまうケースが多いようです。

実際、ホースの亀裂していた風呂水ポンプの
亀裂部分を絶縁テープで補修したら
問題なく吸い上げてくれるようになった
なんて事もあるようなので
以外とあっさり直せる可能性もあるようなんですが、
わたしの場合にはこれらの事を確認してみても
何が原因で動かなくなってしまったのが分からなかったので
最終手段の風呂水ポンプの交換をするという結論に至りました。

ただ、上記のような項目をチェックして
不具合が生じていないかを確認し
適切に補修して復活させることができる可能性があるので
一度確認してみると良いのではないでしょうか?

風呂水ポンプの交換にかかる費用とは?

さて、自分で修理するのを諦め
新たな風呂水ポンプへの交換を決心した私でしたが、
一体風呂水ポンプの交換にいくらくらいの
費用がかかるのか予想もつきませんでした。

だって、使っていた風呂水ポンプは大昔のものでしたからね。

ですが、風呂水ポンプは思ったよりも安く
手に入るということが分かりほっと一安心^^
風呂水ポンプは大体2,000円くらいで手に入れることができるようでした。

【残り湯くみ上げ】バスポンプ

正直これくらいの値段で買い換えがきくなら
風呂水ポンプが故障してしまった場合は
すぐに交換してしまった方が早いかなとさえ思いました。

わざわざ修理に時間をかけるとなると非効率的ですし、
そもそも風呂水ポンプには寿命がありますので
何年も使っていて故障してしまうのは仕方がないことかもしれません。
なので、風呂水ポンプが故障した場合には
サクッと新しいものを調達してしまった方が良いのかもしれませんね。

まとめ

今回は洗濯機の風呂水ポンプが吸わない場合に
考えられる故障原因や修理方法、
そして交換にかかる費用などについてご紹介しました。

お風呂の残り湯を使って洗濯をすることで
年間約5,500円もの節約効果が期待できる
という試算について以前別の記事でご紹介しましたが、
風呂水ポンプが2,000円くらいで手に入ることを
考えるとばっちり元が取れている計算になりますよね。

・お風呂の残り湯で洗濯をするとどらくらい節約できる?

というわけで、風呂水ポンプが吸わなくなってしまった場合に
今回の記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする