毛布や布団を丸洗いできる洗濯機は何キロ?大物コースは何が違うの?

布団や毛布は毎日使うものだから、
こまめに洗っていつも清潔に
保っておきたいですよね?

実は、布団や毛布は洗濯機で
丸洗いすることができるのですが、
正しい方法を知らないと、
毛布や布団を洗濯機で洗うなんて
ちょっと手を出しにくかったりします(^_^;)

そこで、今回は洗濯機で毛布や布団を
洗うために必要な洗濯機のサイズは
何キロ(kg)なのか?ということや、

毛布や布団を洗うための大物コースは
標準コースと比べてどんな違いがあるのか?
ということなどについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



布団や毛布を丸洗いできる洗濯機の容量は何キロ(kg)?

さて、布団や毛布を洗濯機で洗う時に
大事なポイントなのが、
洗濯機の容量が何キロ(kg)なのか?
ということになります。

洗濯機の容量が小さい場合は、
毛布や布団が容量オーバーになってしまい、
洗うことが出来ない可能性があるんです。

なので、
「布団や毛布を洗濯機で洗いたい!」
と思ったら今使っている洗濯機が
何キロなのかを確認してみましょう。

また、洗濯機のキロ数ごとに
洗う事ができる毛布や布団のサイズの
目安は以下の通りです!

  • 6キロ(kg) … シングル1枚仕立て ×1
  • 7キロ(kg) … シングル2枚仕立て ×1
           ダブル1枚仕立て ×1
  • 8キロ(kg) … シングル1枚仕立て ×2
           ダブル2枚仕立て ×1

なので、イメージとしては
薄物の布団や毛布であれば
6キロや7キロの洗濯機で十分ですが、
ダブル以上の厚い布団や毛布を洗う場合は
8キロ以上ないと厳しい
ということになります。

また、毛布や布団を洗う場合は、
そもそも水洗いしても大丈夫かどうか
タグを確認しておきましょう。

水洗い不可の洗濯表示があった場合は、
洗濯機で洗う事ができないので
気をつけてください。

大物(布団・毛布)コースと標準コースの違いって何?

ここまでは、
毛布や布団は何キロ(kg)の
洗濯機で洗う事ができるのか?
ということについてご紹介しましたが、

ここからは、
毛布や布団を洗う場合に使用する、
大物(布団・毛布)コースは、
標準コースとどんな違いがあるのか?
ということについて、
ご紹介していきたいと思います。

洗濯機は洗濯槽の下にある
パルセーターという羽を回転させることで、
洗濯物を洗っていくのですが、

布団や毛布などの大物を洗う場合に、
パルセーターを標準コースのように
高速回転させてしまうと遠心力が高くなり過ぎて
振動が大きくなったり布団や毛布が
洗濯機の外に飛び出してしまう可能性があるので、

大物コースでは、
パルセーターの回転数が抑えられ、
洗濯槽自体を回転させたり振動させる事で、
洗剤を布団や毛布やに浸透させ、
すすぎは注水すすぎで仕上げる
というふうになっている場合が多いです。

・溜めすすぎと注水すすぎの違いとは?

なので、
布団や毛布などの大物を洗濯機で洗う場合は、
コースを忘れずに大物コースに設定して
洗うようにしてくださいね。

まとめ

今回は、毛布や布団を丸洗いできる
洗濯機は何キロ(kg)なのか?や、
標準コースと大物コースにはどんな違いがあるのか?
などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

洗いたい布団や毛布の厚さやサイズで
必要な洗濯機のキロ数が違いますが、
もし8キロ以上の洗濯機を使っているのであれば、
大抵の布団や毛布は洗うことができるでしょう。

ただ、もし洗濯機の容量が足りない場合は、
コインランドリーに持っていって洗ったり、
クリーニングに出して清潔さを保つようにしましょう。

・【宅配布団クリーニング】ふとんリネット

ということで、
この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする