布団や毛布を丸洗いできる洗濯機の容量は何キロ?大物コースは何が違う?

洗濯機は衣類を洗うのはもちろんですが、
布団や毛布を洗ったりすることもできます。

しかし、洗濯機の容量が小さいと毛布や布団などの
大物洗いをすることができないため、
何キロ以上の洗濯機であれば布団や毛布を
丸洗いすることができるのか気になっている方も少なくありません。

また、洗濯機の布団コースは標準コースと
何が違っているのでしょうか?

ということで、今回はこういった点について
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


布団や毛布を洗える洗濯機の容量は何キロ?

洗濯機を選ぶ際には何キロの容量のものにするか
迷われる方も多いと思いますが、
容量が小さいと布団や毛布を丸洗いすることができないので、
できるだけ大きめのサイズにするのがベターとなっています。

では、毛布や布団を丸洗いすることができる
洗濯機の容量は何キロからなのでしょうか?

これについて調べてみると、
布団や毛布を丸洗いすることができるのは
7キロ以上の洗濯機となっているようです。

なので、布団や毛布を丸洗いする予定がある場合には
7キロ以上の容量の洗濯機を購入する必要があります。

ですが、小さい布団や薄い布団であれば
5キロ程度の洗濯機でも洗うことができるのですが、
流通量が最も多い7キロはコスパに優れていて
本体価格が5キロそこまで変わらないこともあり
どうせ買うのであれば7キロという人が多いです。

また洗濯機はランニングコストがほとんど
変わらないということも7キロを押す理由として挙げられます。

・洗濯1回のランニングコストはいくら?節約するには?

ですが、7キロの洗濯機ですべての布団や毛布を
洗うことができるわけではありませんので注意してください。
ダブル等の大きい布団や毛布などは水を吸うことで
重量オーバーになって洗濯機が故障してしまう
原因にもなりかねませんので、
洗濯機で布団や毛布の丸洗いを行う場合には
重量オーバーにならないように気をつけましょう。

大物(布団・毛布)コースと標準コースの違いとは?

さて、毛布や布団を洗うためには標準コースではなく
専用の大物コースなどのコースを使って
洗うことになりますが、
標準コースと大物(布団・毛布)コースでは
どのような違いがあるのでしょうか?

大物コースでは水流を起こすため洗濯槽の下にある
羽(パルセータ)の回転数を抑えて、
洗濯槽自体を回転させたり、振動させたりして
洗剤を布団や毛布に浸透させ注水すすぎで
仕上げていく場合が多いようです。
(※メーカーや機種によって若干異なる可能性があるます。)

・溜めすすぎと注水すすぎの違いとは?

ちなみに、布団や毛布を標準コースで洗ってしまうと、
羽(パルセータ)の回転によって
洗濯機の外に飛び出して洗濯機を破壊してしまう
という可能性もあるので布団や毛布を洗う場合には
大物コースを使用するようにしましょう。

まとめ

今回は布団や毛布を洗うことができる洗濯機の
容量は何キロからなのかや、
大物コースは標準コースと何が違うのか
ということについてご紹介しました。

洗濯機で布団や毛布を洗うにはそれなりに
大きな容量の洗濯機を使う必要があり、
また大物コースを利用する必要があるようです。

自宅で布団や毛布を洗えるといつも
ふかふかでキレイな状態で使用できるので
洗濯機は布団を毛布を丸洗いすることができる
サイズのものを買うと良いかもしれません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする