毛布や布団が洗える洗濯機のサイズは何キロ?大物コースは何が違う?

毎日使うお布団や毛布って
こまめに洗っていつも清潔な
状態で使いたいですよね?

でも、こまめに布団や毛布を洗いたいと思っても、
「大きいからなかなか自宅の洗濯機じゃ洗えないし…」
とクリーニングに出す方も多いかもしれませんが、

実は、布団や毛布は自宅の
洗濯機のサイズによっては洗う事ができるので、
洗濯機で洗うようにすれば、
かなりこまめに布団や毛布を
洗う事ができるようになります。

これまで、
我が家ではこの事を知らなかったので、
大体布団や毛布はクリーニングに出すか、
コインランドリーに持っていって洗っていたのですが、
自宅の洗濯機で洗うようにしてからは、
かなり楽になりましたよ♪

で、もしかしたら、
布団や毛布を自宅の洗濯機で洗いたい…
けど、どうしたら良いか分からない
と、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれないので、

今回は、
布団や毛布が洗える洗濯機は何キロからなのかや、
大物コースは標準コースと何が違うのか、
また、布団や毛布を洗濯機で洗う手順について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



毛布や布団が洗える洗濯機のサイズは何キロ?

さて、自宅の洗濯機で布団や毛布を
洗いたいと思った時に重要なポイントが
何キロ(kg)の洗濯機なのか?
ということになります。

一人暮らし用や少人数タイプの
容量が小さい洗濯機だと、
そもそも布団や毛布が容量オーバーで
洗う事ができない場合があるのです。

ということで、
布団や毛布を洗う事ができる洗濯機は
何キロ以上なのかということについて
まずはご紹介していきたいのですが、

結論から言ってしまうと、
6キロ以上の洗濯機であれば、
布団や毛布を洗う事ができる
ということになります。

また、洗濯機のキロ数ごとに
洗う事ができる毛布や布団のサイズの
目安は以下の通りです!

  • 6キロ(kg) … シングル1枚仕立て ×1
  • 7キロ(kg) … シングル2枚仕立て ×1
           ダブル1枚仕立て ×1
  • 8キロ(kg) … シングル1枚仕立て ×2
           ダブル2枚仕立て ×1

なので、イメージとしては
1枚仕立ての薄物の布団や毛布であれば
6キロや7キロの洗濯機で十分洗う事ができますが、
大きさがダブル以上で2枚仕立ての
厚い布団や毛布を洗う場合は
洗濯機が
8キロ以上でないと洗えない
ということになります。

ですから、6キロ以上あれば
布団や毛布を洗えるといっても、
6キロの洗濯機ですと、
洗える布団や毛布はかなり
限定されてしまいますね。

大物(布団・毛布)コースと標準コースの違いって何?

ここまでは、
布団や毛布を洗う事ができる
洗濯機は何キロ以上なのか?
ということについてご紹介しましたが、

ここからは、
布団や毛布を洗うために使用する
大物(布団・毛布)コースは、
普段よく使う標準コースと
どんな点が違っているのか?
ということについて書いていきたいと思います。

大物コースと標準コースの違いについて
気になっている方も多いようですが、
最も大きな違いは洗濯槽の底にある
パルセーターの回転速度が違うという事です。

布団や毛布のような大物を洗う場合、
パルセーターを高速回転させてしまうと、
遠心力が高くなり過ぎ洗濯機の振動が大きくなったり、
洗濯機が転倒してしまう可能性があるため、

大物(布団・毛布)コースでは、
パルセーターの回転数が抑えられ、
洗濯槽自体をゆっくり回転させたり
振動させることによって洗剤を浸透させ汚れを浮かせ、
すすぎはしっかりすすげる注水すすぎで仕上げる
というふうなっている場合が多いです。

・溜めすすぎと注水すすぎの違いとは?

また、洗濯機によっては
大物(布団・毛布)コースがない場合がありますが、
その場合はドライコースを使用すると良いでしょう。

洗濯機で布団や毛布を洗う手順方法

では、ここからは、
洗濯機で布団や毛布を洗う場合の
手順方法についてご紹介していきます。

手順1・素材と洗濯表示を確認する

洗濯機で布団や毛布を洗いたいと思ったら、
まずは、布団や毛布に使われている素材と、
洗濯表示を確認するようにしましょう。

素材が、

  • アクリル
  • マイヤー
  • ポリエステル
  • マイクロファイバー

であれば、洗濯機での水洗いが可能です。

一方、

  • ウール
  • カシミヤ
  • キャメル
  • シルク

などの素材は洗濯機で洗ってしまうと、
縮みが発生してしまう原因となるので、
洗濯機で洗う事ができないため、
クリーニングに出すようにし、
またクリーニングに出す際も、
「素材は●●です」と店員さんに
伝えて洗ってもらうようにすると良いでしょう。

布団や毛布をクリーニングに出す時期は
どうしても他の人ともかぶりやすく、
クリーニング店も大忙しで素材を確認し忘れてしまう…
という事もあるかもしれないですからね。

また、洗濯表示を確認してみて、
このように水洗い禁止の洗濯表示がある場合は、
残念ですが洗濯機で洗う事ができないので、
クリーニングに出して洗うようにしましょう。

このように、
水洗いできる洗濯表示の布団や毛布は
自宅の洗濯機で洗う事ができますので、
次の手順に進んでいきましょう^^

手順2・洗濯機に入るか確認する

布団や毛布の素材が水洗いでき、
洗濯機で洗える事が分かったら、
次に洗濯機に入るかどうか?を
確認していきましょう。

布団や毛布を長辺に沿って2回半分に折り、
端からくるくると巻いていき、
合わせ目が下に来るよう洗濯機に入れて
すっぽり納まるようであれば洗う事ができます。

また、洗濯機によって、
何キロまで毛布や布団を洗えるかは決まっていますので、
一度取扱説明書で確認しておくと良いでしょう。

ちなみに、
毛布や布団の重さを確認したい場合は、
まず自分の体重を体重計で計り、
その後、洗濯機で洗いたい布団や毛布を持って
体重計に乗り重たくなった分の重さを計算すれば
布団や毛布の重さを割り出す事ができますよ。

手順3・えり口の汚れがヒドイ場合は落としておく

布団や毛布が水洗いできる事、
そして洗濯機で洗えるサイズと
重さである事が確認できたら、
いよいよ、洗濯機で洗っていくのですが、

その前に…

布団や毛布のえり口の汚れがヒドイ場合は、
予め液体洗剤や部分洗い用洗剤で、
えり口の汚れを落としておきましょう。

手順4・大物(布団・毛布)コースで洗う

では、いよいよ洗濯機で
布団や毛布を洗っていきましょう。

布団や毛布を洗濯機にセットしたら、
洗剤を投入し、大物コースで洗っていきます。
また、布団や毛布を洗う際に、
洗濯キャップが必要になる場合がありますので、
予め用意しておくと良いでしょう。

ちなみに、布団や毛布を洗う際に使用する洗剤は
おしゃれ着用洗剤を使用すると、
洗い上がりがふんわりしやすいのでおすすめです。
また、粉末洗剤は溶け残りが発生しやすいので、
毛布や布団洗いには使用しない方が無難。

それと、布団や毛布を洗濯ネットに入れた方が良いのかどうか?
ということについて気になっている方も多いと思うのですが、
洗濯表示に洗濯ネット使用と記載されていないのであれば、
使用しなくても問題ないということになります。

もちろん、
洗濯ネットに入れて洗うようにした方が、
布団や毛布の傷みが少なくなりますが、
大物コースの場合はそこまで激しく回転しないので、
洗濯表示にネット使用と記載されていない場合は、
そこまで気にしなくてもOKです。

手順4・脱水のみ追加で3~5分行う

布団や毛布を大物コースで洗い終わったら、
そのまま脱水のみ追加で数分間行っていきましょう。

布団や毛布は乾燥まで時間がかかりやすいので、
少し脱水を多めにしておくと、
乾くまでの時間を短縮することができます。

手順5・風通しの良い場所にM字もしくは逆U字に干す

布団や毛布を干す際には風通しの良い場所に、
物干し竿を2本使用してM字、もしくは逆U字に
なるように干すと乾きやすくなります。

また、布団干しがある場合は、
布団干しを使用して干しましょう。

・【アイリスオーヤマ】布団干し

もし、物干し竿が1本しかない場合は、
えり口をずらして重ならないようにして干すと
乾きやすくなりますので参考にしてみてください。

まとめ

今回は、毛布や布団を丸洗いできる
洗濯機は何キロ(kg)なのか?や、
標準コースと大物コースにはどんな違いがあるのか?
などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

洗いたい布団や毛布の厚さやサイズで
必要な洗濯機のキロ数が違いますが、
もし8キロ以上の洗濯機を使っているのであれば、
大抵の布団や毛布は洗うことができるでしょう。

ただ、もし洗濯機の容量が足りない場合は、
コインランドリーに持っていって洗ったり、
クリーニングに出して清潔さを保つようにしましょう。

・【宅配布団クリーニング】ふとんリネット

ということで、
この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする