洗濯機で服が破れた時考えられる原因と生地が傷まない対策方法!

洗濯をするのが結構好きという方も多いのですが、
中には「洗濯すると服が破れてしまうことがあるからちょっと…」
という風にハラハラしながら洗濯をしているという方もいるみたいです。

ですが、どうして洗濯機で服が破れてしまうのでしょうか?
その原因について気になりますよね?

ということで、今回は洗濯機で服が破れた時に
考えられる原因や生地が傷まないようにするための
対策方法などについてご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



洗濯機で服が破れた時に考えられる原因とは?

洗濯機で服が破れてしまうと、
とてもブルーな気持ちになってしまいますが、
どうして洗濯機で服が破れてしまうことがあるのでしょうか?
これについて気になっている方も多いようなので、
考えられる原因をご紹介していきます。

1,洗濯物同士が絡まってしまった

まず、1つ目に考えられる原因として、
洗濯物同士が絡まってしまい引っ張られたり
することで服が破れてしまうという可能性があります。

例えば、ボタンやフックなどの装飾品は
引っかかりやすいため絡まってしまうことがあり
これが原因で洗濯中に服が破れてしまうのですね。

2,洗濯表示と違った洗い方をしてしまった

洗濯機には様々なコースが用意されていますが、
これは服の洗濯表示に合わせた洗い方をするためです。

なので、服を洗濯する場合にはタグについている
洗濯表示を確認して洗濯機のどのコースで
洗うのが最適なのかを確認しておく必要があります。

例えば、洗濯表示がドライなのに標準コースで
あらってしまったら生地を傷めてしまう原因になったりしますので
洗濯表示を見ておいたり洗濯機のコースの違いを
知っておくようにすることも大切です。

・洗濯機のソフトコースとドライコースの違いとは?

3,漂白剤と金属の化学反応で生地が薄くなっていた

漂白剤と金属は化学反応を起こしてしまうのですが、
この化学反応によって服の生地が傷んだり
薄くなってしまい破れてしまうことがあります。

例えば、漂白剤を使って洗濯した服を着た時に
腕時計やアクセサリーなどの金属をつけていると
服の生地と金属がふれたところで化学反応が起こり
生地が傷んでしまう場合があるというわけなのです。

洗濯機で生地が傷まないようにする対策方法

さて、ここまで洗濯機で服が破れてしまう
場合に考えられる原因についていろいろと
ご紹介してきましたが、
では、どのようにすれば洗濯機で生地を傷まないように
することができるのでしょうか?

ということで、それらの対策方法について
ご紹介していきたいと思うのですが、
最もベターな対策は装飾がある服やジャケットなどの
ひらひらするような服はネットに入れて洗濯するということです。

装飾がない安定した服(例えばTシャツ)などは
そのまま洗濯しても問題が起こる可能性は小さいですが、
そうでないものはネットに入れれば
絡まってしまったりする事故を予防することができます。

また、洗濯表示を確認してそれに合わせた
洗濯機のコースで洗うということも徹底すると良いと思います。

まとめ

今回は洗濯機で服が破れてしまう原因や
洗濯で生地が傷まないようにするための対策方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

「まさか、洗濯機で服が破れるなんて…」
と思いたいところですが、
洗濯で服が破れてしまうということが
起こってしまう可能性がゼロではありません。

つまり、万が一ということを考えておいた方が
後々後悔することがないということになりますので、
事前にしっかりと対策をしておきたいですよね。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする