洗濯機の排水ホースの水漏れをペットボトルで修理する方法!【裏技】

洗濯機の平均寿命は7年といわれていますが、
それよりもずっと長く使われているという方も
結構多いのではないでしょうか?

当然長く使えるにこしたことはありませんが、
洗濯機が古くなればなるほど故障のリスクが高まってきて
修理が必要になるという可能性も高くなりますが、
結構多いのが排水ホースの水漏れです。

排水ホースの蛇腹になっている部分が劣化して
水漏れが発生してしまった場合、
業者に修理を依頼するとなると
1万円前後の費用がかかるために
自分でなんとかしたいと思われる方がほとんど。

そこで、今回は洗濯機の排水ホースの水漏れを
ペットボトルで修理する裏技的な方法について
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


洗濯機の排水ホースが水漏れした体験談

ある日洗濯機の周りに水が漏れ出している
ことに気がつきました。

すぐに原因となっている箇所を特定するために
水漏れを起こしていそうな場所を点検してみると
排水ホースが破けてそこから水漏れが起こっていました。

排水ホースって普段はあまり目にする機会がないので
「ここまで劣化しているとは…」と一瞬ビックリしましたが、
とりあえず破けている部分を修理しなければならないと
思ったのでサポートセンターに電話して
修理した場合の費用がいくらくらいになるのか問い合わせてみました。

すると、約1万円くらいかかるといわれたので
「ちょっと想像よりも高いかも。」と思い
自分で直せる方法がないか調べてみました。

すると、誰でも簡単に排水ホースの水漏れを
修理することができる裏技級の方法があったんです^^

洗濯機の排水ホースの水漏れをペットボトルで修理する方法

洗濯機の排水ホースの修理を業者に依頼すると
結構な費用がかかってしまいますが、
なんと洗濯機の排水ホースの水漏れは
500mlのペットボトルとドライヤーがあれば
誰でも簡単に修理することができるんです!

では、どのようにすれば良いのかということなのですが…

まず、500mlのペットボトルについているラベルを
破かないように取り外してください。
(円形につながったままということです。)

そして、ラベルを取り外すことができたら、
排水ホースに通し破けている箇所まで持って行きます。

しっかりと破けている部分が覆われていることが確認できたら、
ドライヤーでラベル全体をしっかりと温めます。
(この時ドライヤーが近すぎるとラベルが溶けてしまうので
溶けないギリギリの位置から温風を当てましょう)

ラベルが暖まってくると排水ホースの形に合わせて
変形していき最終的にピッタリと密着しますので
密着させることができれば修理完了です。

ちなみに、ラベルをドライヤーで温めている最中
ラベルはとても高温になっていますので
ヤケドには充分注意されてくださいね。

まとめ

今回は洗濯機の排水ホースの水漏れを
ペットボトルで修理する方法についてご紹介しました。

ペットボトルのラベルで排水ホースを
修理できるなんて驚きですよね。
これなら誰でも簡単に排水ホースの
水漏れを直すことが出来るとおもいます。

ただ、どうしても上手くいかないという場合には
ビニールテープを巻いて対処したり、
新しいホースに交換した方が良いかもしれませんね。
そういったものはホームセンターなどで
いろいろな種類が手に入ると思いますよ^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする