洗濯機の防水パン(受け皿)の必要性はある?掃除が大変になるだけ?

洗濯機に防水パン(水の受け皿)をつけるか
それともつけないかは結構迷いました。

洗濯機周りはいろいろとごちゃごちゃしやすいので
余計なものは置かないという人もいますし、
防水パンを置いて水漏れ対策をした方が良い
という人もいるので防水パンは取り付けた方が良いのか
それともいらないのかということが
イマイチよく分からなかったんですよね(;・∀・)

なので、防水パンをつけるかどうかで家族と議論になったんですが、
私と同じように防水パンをつけるかつけないかで
迷っている人もいるかもしれませんので、
今回は防水パンはつけた方が良いのかどうか
ということについていろいろと検証した結果
まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


洗濯機の防水パンの役割とは?

最近では洗濯機の防水パン(受け皿)を
設置することなく床に直接洗濯機を
設置しているご家庭も少なくないそうなんですが、
そもそも防水パンはどんな役割を持ったものなんでしょうか?

防水パンの大きな役割には
洗濯機から水が溢れてしまった時に
階下への水漏れを防いでくれる
という役割があります。

集合住宅などの場合洗濯機から水が溢れ出してしまったら、
階下の方にご迷惑をかけてしまいかねないので、
確かに、防水パンを設置していた方が安心ですね。

ですが、現在の洗濯機には
水位センサーというものが搭載されるようになったので
水が溢れだしてしまう心配はほとんどないのだそうです。

ということは、防水パンは設置しても
それほど大きな意味はなさそうですが、
もう少し深く防水パンについて考えてみたいと思います。

洗濯機の防水パンの必要性は本当にあるのか?

さて、水漏れがが起こる事を防ぐために
設置する洗濯機の防水パンでしたが、
現在では洗濯機から水が溢れてしまう可能性は
極めて低いため設置する必要性はあまりない
というふうにいわれることが多いようです。

実際、防水パンは洗濯機の動作に
何かしらの影響を及ぼす類のものではないので
有っても無くても水漏れしないのであれば
どちらでも変わらないという意見もありますし、
一方で、確かに洗濯機から水が溢れだしてしまう
という危険性は低くなったものの、
洗濯機の「結露水対策」として設置する
意味はあるという考えもあります。

では、洗濯機の結露水とは何なのでしょうか?

洗濯機の底部は金属でできているんですが、
この部分は非常に結露しやすく、
防水パンがない場合結露水が床に落ちて
床を腐らせてしまったりすることがあるのです。

なので、防水パンを設置せずに床の上に
直接洗濯機を置いてしまうのはNGである
というふうにも考えられますね。

洗濯機は一度設置してしまうとなかなか
動かすことがないですし、
下の部分を拭き掃除したりということが
難しい面があるので、
防水パンを設置していた方が
床へのダメージを心配する必要がなくなり
安心して洗濯機を使いやすくなりそうです。

防水パンの掃除は大変?

さてさて、水漏れしなくても洗濯機の
結露水の問題から一気に防水パンの
必要性が出てきたような感じがありますが、
もう1つ防水パンには議論の点があります。

それは、「防水パンを設置すると掃除が大変になる」ということです。

先ほど「結露水対策」のために防水パンを
設置する必要があるという意見がありましたが、
床に結露水が落ちなくなるかわりに、
防水パンに結露水が付着してしまうので
そこかカビだらけになってしまったり、
フチ付きの防水パンだと裏にホコリがたまってしまうと
ホコリが見えているのに手が入らなくなったりして
掃除しづらいから大変になってしまうのです。

確かに洗濯機の下は汚れがたまりやすい上に
掃除がしづらいので
洗濯機を設置する時は掃除のしやすさについても
十分考慮しておきたいところ。

で、もし掃除のしやすさを高めたいのであれば
防水パンを設置するしないに関わらず
洗濯機の高さをかさ上げして
床との隙間を大きくしておけば
掃除がかなりやりやすくなりますよ。

また、湿気対策にもなりますし、
また、防振性があるものを使えば
防振防音対策にもなりますからね^^

洗濯機台かさ上げ用イージースタンド

まとめ

今回は洗濯機の防水パンの必要性があるかないか
についての様々な意見を取り上げつつ
本当に設置する必要があるかについて検証してみました。

最終的に設置するかどうかは自由なのですが、
設置した時のメリットは大きいと思います。
というのも洗濯機は一度設置してしまったら
買い換えるまではほとんど動かすことはないですよね。

そう考えると、床と洗濯機の間の掃除のしやすさを考えた上で
防水パンやスタンドを設置すれば、
設置しないという金銭的に安くなるメリットよりも
床が傷まない、掃除がしやすい、音を小さくできるなど
いろいろなメリットが得られると思います。

特に、湿気がたまりやすいような風通しが悪い
場所に洗濯機を設置するスペースがあるばあいには
間違いなく防水パンを設置した方が良いと思いますが
設置するかどうかは自分次第でもあるので、
今回ご紹介した内容を判断材料にして
防水パンの設置について考えてみてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする