【洗濯機】アース線をつけなくて大丈夫?アースがない時の対処法

洗濯機のコンセントには、
アース線がついていますが…

洗濯機を設置する際に、
アース線のつけ方が分からなかったり、
コンセントにアースがなく
アース線をつけられない状態に
なってしまうということもあると思います。

私も、洗濯機を買い替えた時、
アース線のつけ方が分からず
アース線をつけないで洗濯機を
使っても大丈夫なのかしら?と
疑問に思った事がありました。

そこで、洗濯機のアース線は
つけなくても大丈夫なのかどうか?
ということについて調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、洗濯機のアース線をつけり意味や、
つけなくても大丈夫なのかどうか、
また、コンセントにアースがない時の対処法などについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

アース線をつける意味とは?

 

さて、洗濯機などの家電のコンセントに
一緒についている緑色のコードの事を
アース線といいますが、
このアース線はどんな意味を持っているか
みなさんはご存知でしょうか?

もしかしたら、
「アース線はなんのためにあるのか良くわからない」
という方もいらっしゃるかもしれないので、
まずはアース線をつなぐ意味について
簡単にご説明していきたいと思います。

アース線の意味

 

アース線は、洗濯機が漏電を起こしたときに、
余分な電気を地面(アース)に逃がす役割を持っています。

もし、洗濯機が漏電した時に
アース線がつながれていないと、
余分な電気が逃げる場所がなく
感電する危険性が高くなり危険なため、
アース線をつないでおくことで
感電事故がおこるのを防ぐ事ができます。

【洗濯機】アース線をつけないで使っても大丈夫?
コンセントにアースがない時の対処法

 

アース線をつなぐ意味が分かったところですが、

  • アース線のつなぎ方が分からない
  • コンセントにアースがない

というような理由から、
アース線をつけないで洗濯機を
使っても大丈夫なの?
と、疑問に思われる方も
少なくないようだったので、

ここからは、
アース線をつけないで洗濯機を使っても
大丈夫なのかということや、
コンセントにアースがない時の対処法について
ご紹介していきたいと思います。

 

アース線をつけないで洗濯機を使っても大丈夫?

アース線はつながなかったとしても
洗濯機は問題なく使用することは可能ですが、
アース線がつながれていないと、
万が一漏電が起こってしまった場合に
感電する危険性があるので、
アース線をつけないで洗濯機を使用する場合は
自己責任でということになりますし、
安全のためアース線はつないでおく方が良いです。
ただ、最近の洗濯機は、
絶縁対策がかなりしっかりされているので、
洗濯機が漏電したとしても、
洗濯機の操作部を触るくらいだと
感電することはないようになっているようです。

コンセントにアースがない時の対処法はありますか?

洗濯機を設置する場所のコンセントに
アースがない場合は、
アース線をつなぎたくてもつなぐ事ができないですよね。
そんな時は、電気工事を行っている業者に依頼して、
コンセントをアース付きのものにしてもらうか、
コンセントに挿すタイプの漏電遮断器をつけて
漏電対策を行うようにすると良いでしょう。

【あす楽対象】【9月おすすめ】ビリビリガード GR-XB(GRXB1515) 漏電遮断器 テンパール 水漏れによる感電防止[漏電遮断機 ビリビリガード]

 

アース線をつなぐ手順方法

 

  • STEP.1
    コンセントの電源プラグを外す

     

    アース線を設置したいコンセントに
    ささっている電源プラグを
    一度すべて取り外します。

  • STEP.2
    アース部分のカバーを外す

     

    アース線をつなぐ部分のカバーに
    マイナスドライバーなどを差し込み
    カバーを外します。

  • STEP.3
    中にある金属のネジをゆるめる

     

    アース線をつなぐ部分のカバーを外すと、
    中にネジがあるので、
    ネジをプラスドライバーを使って
    反時計回りに回しゆるめていきます。

  • STEP.4
    アース線を接続する

     

    ネジをゆるめたら、
    アース線を接続していくのですが、
    アース線を接続する際は、
    緑色のカバーがかかっていない部分を
    ゆるんだネジの部分にしっかり
    触れるようにしてネジを締め
    アース線を固定するようにします。

    固定されているかを確認する際は
    アース線を軽く引っ張ってみて
    外れないかどうか確認すると良いですね。

    もし、アース線が緑色の皮膜で
    覆われてしまっている場合は、
    接続に必要な分くらい皮膜を剥いて
    中にある銅線を出すようにしてください。

  • STEP.5
    カバーを閉める

     

    アース線を接続することができたら、
    最後に外していたカバーをもとに戻し完了です。

まとめ

 

今回は、洗濯機のアース線をつなぐ意味や、
アース線をつけないで使用しても大丈夫かどうか?
また、コンセントにアースがない時の対処法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

アース線は万が一漏電した際に、
電気を大地(アース)に逃がし、
感電しないようにするという意味があるので、
洗濯機のアース線はしっかりつないで
使うようにしたほうが良いですよ。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください