洗濯機のアース線をつける意味とは?つけないとどうなるの?

洗濯機のコンセントには、
「アース線」がついていますが、

もし、アース線をつけないで、
洗濯機を使ってしまったら、
一体どうなってしまうのでしょうか?

つい先日、洗濯機を買い替えた時、
こんな疑問を抱いたんですよね(笑)

そこで、洗濯機のアース線には
どんな意味があるのかということや、
アース線をつけないどどんな問題があるのか?
ということについて調べてみたんですが、

すると、私と同じように
疑問に思っている方も
少なくないようだったので、

今回は、洗濯機のアース線の意味について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



アース線をつける意味とは?

洗濯機などの家電製品を見てみると、
時々コンセントに緑色の線が
ついているものがありますよね?

この緑色の線はアース線というものなんですが、
アース線にはどんな役割があるのか
ご存知でしたでしょうか?

「何のためにアース線をつなぐのか
イマイチよくわからない…」

という方もいらっしゃるかも
しれないのでご説明すると…

アース線は余分な電気を地面(アース)に逃がす
ためにつなぐものになります。

例えば、
電気製品が故障してしまい
漏電が起ってしまった場合、
感電してしまうという危険がありますが、

もし、このような場合に
アース線がつながれていれば、
電気が地面の方に流れていくので
感電による事故を防ぐ事ができるんです。

洗濯機のアース線をつけないとどうなるの?

ここまでは、
アース線をつなぐ意味について
ご紹介したんですが、

ここからは、
洗濯機のアース線をつけないで
使ってしまうとどんな問題があるのか?
ということについて書いていきたいと思います。

まず、アース線はつながなかったとしても
普通に洗濯機を使用することができます。

できますが、アース線をつながず
使用してしまった時に問題なのが、
漏電が起こってしまった場合です。

動作的にはアース線をつなげなくても
洗濯機は動いてくれるのですが、
漏電が起こってしまった場合の安全面を考えると
アース線をつなぐ事は自分の身を守ることにつながります。

とはいえ、現在は大抵の場合
漏電ブレーカーが設置されているので、
漏電が起こったとしても
人体に影響が出るほどの感電は
ほとんどないそうです。

また、家電製品自体の絶縁対策も
しっかり施されるようになっているので
アース線をつけなくても特に問題なかった
というケースもあるようですね。

一昔前は漏電ブレーカーがなかったので、

アース線をつないでいないと、
感電するので危険だったのですが、
現在ではそうした心配が
技術の進歩にともなって
少なくなったというわけなんですね。

しかし、だからといって
アース線をつけないで使用するというのは
おすすめすることができません。

アース線がある家電はアース線をつないで使用する
というのが基本となりますので、
しっかりつないで安全に家電を
使用していくようにしたいですね^^

まとめ

今回は、洗濯機のアース線をつなぐ意味や
つながないとどんな問題があるのか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

アース線は安全に家電を使えるようにする
という意味があって付いているものなので、
しっかりつないで使用するようにしましょう。

ただ、現在は昔と違って、
漏電ブレーカーが普及していたり
家電自体の絶縁対策がしっかりされているので、
アース線をつけなくても問題なく使える
といえば使えるようです(^o^;)

とはいえ、アース線は安全のために
ついているものになりますので、
やはりつないで使用するというのが
間違いない選択になりますね!

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする