洗濯機のアース線をつける意味とは?つけないとどうなる?

どうも、役立ちさんです。

洗濯機についている緑の線ってありますよね。

「アース線」といわれるものですが、
アース線をつけずにそのままにしていたり、
そもそもアース線がない洗濯機を
見かけることさえあります。

この洗濯機のアース線はどんな意味があるのでしょうか?
また、つけないと問題が起こるのでしょうか?

今回は、このような疑問について
ご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


洗濯機のアース線の意味とは?

洗濯機などの家電製品についている緑色の線。
先の方には鉄の金具らしきものがついていますが、
これはアース線と呼ばれるものです。

このアース線はどのような役割があるのでしょうか?

それは、余分な電気を地面(アース)に
逃がすためのものになります。

例えば、電気製品が故障して漏電を起こしていたとすると、
漏れ出している電気が人間の体に感電してしまう
ということが考えられます。

しかし、そういった場合にアース線をつなげていれば
地面の方に電気が流れていくので
人間への感電を防ぐ事ができるのです。

洗濯機のアース線をつけないとどうなる?

さて、ここからが本題となるのですが、
洗濯機のアース線をつけないとどうなってしまうのでしょうか?

動作的にはアース線をつなげなくても
洗濯機は問題なく機能してくれますが、
心配なのは漏電が起こってしまった場合ですよね。

確かに漏電が起こってしまった場合を
考えるとアース線をつなげておいた方が
良い事は間違いありません。

間違いありませんが、現在は漏電ブレーカー
というものが設置されているので
たとえ、漏電をしていたとしても
人体に影響が出るほどの感電は起こりませんし、
家電製品自体もしっかりと絶縁対策が
施されているのでアース線をつけなくても
感電してしまうという心配はほとんどありません。

一昔前だとこの漏電ブレーカーがなかったので
アース線は絶対に設置しなければ危険だったのですが、
現在では漏電ブレーカーがついていれば
そうした心配はなくなったというわけなんですね。

ただし、アース線をつけるかつけないかは
あくまでも自己判断となりますし、
つけておくにこしたことはありません。

ちなみに、アース線がついていない
洗濯機もたまにありますが、
これはコンセント型の漏電遮断機を
取り付けることで漏電時の対策をすることができます。

まとめ

洗濯機や電子レンジなどの家電に付いている
アース線の意味についてご紹介しました。

安全に家電製品をつかうために付いているものなので
つけておくことにこしたことはありませんが、
現在では、漏電ブレーカーや家電製品自体の絶縁対策が
しっかりとしていることもあるので、
つけなくても実は問題なく使えるようです。

しかし、水があったりする場合には
感電を起こしてしまう危険性もあるので、
やはりアース線はつなげておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする