洗濯1回に必要なコスト(水道代・電気代)はいくら?節約するコツ2つ

みなさんは、
洗濯機で1回普通に洗濯をすると、
いくらくらいのランニングコストが
かかってくるのかご存知でしょうか?

洗濯をする回数が多い場合は、
一回あたりのランニングコストが
いくらくらいかかっているのか
とても気になってしまいますよね?

「洗濯機はかなり水をたくさん使っているし、
洗濯槽を高速回転させているから、
かなりランニングコストがかかってそう…」

と思われている方も
少なくないと思いますので、

今回は洗濯機を1回使用すると
いくらくらいのコストがかかっているのか?
ということや、

洗濯機のランニングコストを
節約する方法などについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



洗濯1回あたりのコスト(水道代・電気代)はいくらくらい?

さて、毎日洗濯を頑張っているあなたが
きっと気になるのが洗濯1回あたりの
コスト(電気代や水道代)だと思います。

私も洗濯機のコストについて
気になっていたので調べてみたのですが…

洗濯機で1回洗濯をすると、
1回あたりのコストは、
電気代と水道代合わせて20~30円くらい
となる場合が多いようです。

ちなみに、
洗濯機1回に必要な電力は
「60~70Kwh」となるので、
電気代は約2円くらい、

水道代は使用する水量によって変わってきますが、
20~30円ほどにおさまるので…

洗濯機1回あたりのコストは
20~30円くらいと見ておけば
間違いないということになりますね。

また、仮に洗濯を毎日したとして、
1回あたり25円のコストがかかるとすると、
「25円×30日=750円」となるので、
1ヶ月あたり750円のコストがかかる
ということになりますし、

年間にすると、
「750円×12ヶ月=9,000円」となります。

ただ、この金額には洗剤のコストや、
乾燥機能を使用するコストは
含まれていないので、
2割くらいプラスして考えると、
実際のコストに近づくと思います。

なので、先程の場合ですと、
1ヶ月750円と見積もったわけなので、
「750円×1.2=900円」ということで、
1ヶ月あたり900円くらい
洗濯機のランニングコストが
かかっているというふうに考えられます。

洗濯機のランニングコストの節約方法!

ここまでは、
洗濯機で1回洗濯をすると
いくらくらいのコストがかかるのか?
ということについてご紹介しました。

先程の金額を見て高いと感じた方、
思ったよりも安かったと思った方が
いらっしゃるかと思いますが、

どちらにせよ、
洗濯機のランニングは低いにこした事はありませんよね(笑)

というわけで、
ここからは、洗濯機のランニングコストを
節約する方法についてご紹介していきたいと思います。

1つ目の方法は、
バスタオルを頻繁に使用する場合は、
フェイスタオルに切り替える
という方法になるんですが、

バスタオルは大きいので
洗濯機に入れるとかさばってしまい
必要な水量が増やえてしまう
原因になりやすいです。

ですから、かさばりにくい
フェイスタオルを使用することで、
1回あたりに必要な水量を減らすことで、
水道代を節約ができるということですね。

2つ目の方法は、
お風呂の残り湯を使って洗濯をする
という方法になりますが、

洗濯機のランニングコストの
大部分は水道代になるので、
お風呂の残り湯を使って洗濯をするようにすれば
しっかり水道代を節約する事ができるでしょう。

・洗濯機にお風呂の残り湯を使う方法と注意点

まとめ

今回は、洗濯機で1回洗濯をすると、
いくらくらいコストがかかるのかや、
ランニングコストを節約する方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗濯機のランニングコストの大部分は
水道代になるので、
洗濯に必要な水量を減らすことを
意識して継続するようにすれば、
節約効果は期待できそうですね。

また、使用する洗剤を安い時にまとめ買いしたり、
もともとの値段が安い業務用洗剤などを
使用するというようにすると、
よりランニングコストを抑えることができるでしょう。

ということで、
この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする