扇風機を首振りさせると変な音がする原因とは?自分で修理できる?

扇風機の首振り機能って
意外とないと困る機能ですよね^^

首振り機能を使えば広い範囲に
風を送ることができるようになるので、
人が集まっているときなんかには
かなり活躍する機能だと思うんですが、

我が家の扇風機は首振りさせると
カチカチと変な音がするようになってしまいました。

首振りをさせないようにすれば、
カチカチと音はしないので
普通に使うことができるんですが、

首振り機能を使う機械は多いので、
なんとかして首振りさせた時に発生する
カチカチ音を修理することはできないのか
ということでいろいろと調べてみたんですが、

私と同じように扇風機を首振りさせると
変な音がすることで悩んでいる方も
少なくないようだったので、

今回は扇風機を首振りさせた時に
変な音がするようになる原因や
自分で修理することができるのか
ということについてご紹介していきたいと思います^^

扇風機を首振りさせると変な音が鳴る原因とは?

 

扇風機の首振り機能を使うと
変な音が鳴る時に考えられる原因は
一体何なのでしょうか?

 

1,首の向きが無理な状態になっている

 

扇風機の首振り機能を使うと
変な音がする場合に考えられる
1つ目の原因は…

扇風機の首の向きが無理な状態に
なってしまっているということです。

例えば、
扇風機の首の向きが極端に上を
向いていたり下を向いていたりすると、

扇風機の首振り機構がうまく
動作することができなくなってしまい
変な音がするようになる可能性があります。

なので、首振りさせると音がする場合は
1度扇風機の首の向きを正面に変えてから
首振りさせてみて異音がなるかどうか
確かめてみると良いでしょう。

 

2,首振り機構が破損している

 

扇風機の首の向きが無理な状態に
なっていないにも関わらず
首振り機能を使うと変な音がする場合は、

扇風機の首振り機構が破損している可能性が考えられます。

首振り機構は歯車やモーターなどの
部品から出来ていますが、
例えば歯車の山がかけてしまっていたり、
モーターが劣化してしまっていたりすると、
それが原因となって異音が発生してしまいます。

 

 

扇風機を首振りさせると鳴る変な音は自分で修理できる?

 

ということで、

ここまでは扇風機の首振り機能を使うと
変な音がする場合に考えられる原因
についてご紹介したんですが、

もし、扇風機の首振り機構が破損してしまっていることが原因で
異音が発生してしまっている場合は
自分で修理することはできるのでしょうか?

これについてはいろいろな意見があるようですが、
最も多い意見だったのは、

「扇風機は今は安く手に入れることができるから
無理に修理して使うのではなく
壊れたら新しいものに買い替えた方が良い」

というものでした^^

扇風機を修理するとなると時間も費用も
かなりかかってしまいますので、
それであれば安い費用で新しいものに
買い替えてしまった方が得策ということなんですね~

 

まとめ

 

今回は扇風機の首振り機能から
異音がする原因や
自分で修理することができるのかどうか
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

扇風機を快適に使えるかどうかは
動作音の静かさによってかなり違ってくるので
扇風機から変な音がした場合は
できるだけすぐに適切な対処を
していった方が良いかと思います^^

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください