浴槽つけおき洗いのやり方!大物&大量の洗濯物をまとめてスッキリ!

ジメジメする時期になってくると、
洗濯物の臭いが気になって仕方がない…

なんて事もあったりしますが、

そんな洗濯物の臭いを撃退するには、
酸素系漂白剤とお湯で洗濯物を
つけおきすると臭いの元の雑菌を
撃退することができる…

ということは、
以前ご紹介した事があったんですが、

・臭いが取れない洗濯物はお湯と酸素系漂白剤でつけおきが効果的!

一度につけおきしたい洗濯物の量が多かったり、
大物をつけおきしなければならない…という場合は、
洗面器やバケツなどの小さい容器でつけおきするとなると、
何回にも分けてつけおきしなければなりません。

なので、

小さい容器ではおさまりきらないような
大きさや量の洗濯物を一度にまとめて
つけおきできる方法はないかと
疑問に思われている方も多いのですが、

そんな時は、浴槽を使うとまとめて
洗濯物をつけおき洗いすることができるので、

今回は、浴槽を使った洗濯物の
つけおき洗いのやり方について
ご紹介していきたいと思います^^

浴槽つけおき洗いのやり方!
大物&大量の洗濯物をまとめてスッキリ!

 

では、早速浴槽つけおき洗いの
やり方について見ていきましょう。

 

●浴槽つけおき洗いのやり方

 

  • STEP.1
    浴槽を掃除する

     

    まずは、浴槽の残り湯を落とし、
    お風呂用洗剤を使って、
    浴槽をきれいに掃除します。

  • STEP.2
    つけおきしたい洗濯物を普通に洗濯する

     

    浴槽でつけおきしたい洗濯物を
    まずは一度普通に洗濯機で洗っておきます。

  • STEP.3
    浴槽にお湯を溜める

     

    浴槽をきれいに掃除したら、
    浴槽に40~50℃のお湯を沸かします。

    蛇口からお湯を出して浴槽に
    お湯を溜めていってもいいですし、
    水を溜めて追い焚きして
    お湯を沸かしても大丈夫です。

  • STEP.4
    酸素系漂白剤を溶かす

     

    浴槽にお湯を溜める事ができたら、
    お湯10リットルに対し酸素系漂白剤を
    10グラム入れよく溶かしていきます。

    お風呂は平均的なサイズで、
    200リットルまで入るので、
    お風呂の半分くらいまで
    お湯をためたのであれば、
    約100リットルになるので、
    酸素系漂白剤は100グラム溶かします。

  • STEP.5
    洗濯物をつけおきする

     

    はじめに洗濯しておいた洗濯物を
    浴槽に入れ蓋をし約2時間つけおきします。

  • STEP.6
    洗剤を使わずすすぎと脱水をする

     

    洗濯物のつけおきたできたら、
    浴槽から取り出して洗濯機に入れ、
    洗剤を使わずにすすぎと脱水を行います。

  • STEP.7
    洗濯物を干して乾燥させる

     

    最後に洗濯物をいつもどおり干して完了です。

このように浴槽を使うと、
大量の洗濯物やシーツなどの大物を、
つけおき洗いすることができます。

また、浴槽にお湯をはる場合、
追い焚き機能がある場合は、
浴槽に水を溜めて追い焚きをして
お湯を溜めると楽ですが、

追い焚き機能がない浴槽の場合は、
お湯をそのまま入れて、
水を加えて湯温を調節してください。

ちなみに、
酸素系漂白剤には粉末タイプと
液体タイプがありますが…

使用するのは粉末タイプのハイターになるので、
液体タイプと間違わないよう注意してください。

(※左が液体ハイター、右が粉末ハイター)

まとめ

 

今回は、大量&大物の洗濯物を
一気につけおき洗いできる、
浴槽つけおき洗いのやり方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

数枚のタオルやTシャツだけつけおきしたい…
というのであれば洗面器でつけおき洗いできますが、

つけおき洗いしたい洗濯物の量が大量だったり、
シーツなどの大物がある場合は、
浴槽を使うようにするとまとめて一気に
つけおき洗いすることができるので
もしよかったら参考にしてみてください^^

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください