【洗濯物】天日干しと部屋干しのメリットとデメリットまとめ

みなさんは、
洗濯物を外に干す天日干し派ですか?
それとも部屋干し派ですか?

私はこれまで、
洗濯物は天気が悪くない限りは、
できるだけ天日干ししないと…
と思っている天日干し派だったんですが、

天日干しと部屋干しそれぞれに
メリットとデメリットがある事を知り、
天日干しと部屋干しそれぞれを
うまく使い分けた方が良いのかも?
と思いました。

そこで、今回は天日干しと部屋干し
それぞれのメリットとデメリットを見ながら、
どのように使い分けると賢いのか?
ということについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

【洗濯物】天日干しと部屋干しのメリットデメリット

 

では、まず洗濯物を天日干しする
メリットとデメリットについて見ていきましょう。

天日干しのメリット

 

洗濯物を天日干しするメリットは

  1. 乾くまでの時間が早い
  2. 太陽の紫外線の殺菌効果による消臭効果がある

になります。

 

洗濯物を天日干しすると、
直射日光によって洗濯物が温められ
広い空間に水分が蒸発し、
蒸発した水分も風に運ばれていくため、
部屋干しした時よりも乾くまでの時間が
圧倒的に速くなりますし、

紫外線には殺菌効果があるため、
洗濯物から嫌な臭いが出るのも抑制してくれます。

天日干しのデメリット

 

洗濯物を天日干しする時のデメリットは…
長い時間洗濯物を紫外線にさらしてしまうと、
繊維がダメージを受けてしまうということです。

 

洗濯物を天日干ししていたら、

  • 生地が硬くなってしまった
  • 生地が変色してしまった
  • 生地が破れやすくなってしまった

というような経験をされた事がある方も
多いかもしれませんが、
これは、洗濯物が紫外線によるダメージを
受けてしまったために起こる現象になります。

 

太陽の紫外線には殺菌効果がある反面、
長時間洗濯物が紫外線を浴びてしまうと、
繊維がダメージを受けてしまうことにもなるので、

洗濯物を天日干しする際は、
洗濯物が乾いたらすぐ取り込めるように
しておくと紫外線からのダメージを
抑えることができます。

 

続いて、洗濯物を部屋干しする
デメリットを見ていきましょう。

部屋干しのメリット

 

洗濯物を部屋干しするメリットは、

  1. 突然の雨に濡れる心配がない
  2. 時間天候を気にせず干すことができる
  3. 花粉、砂埃、黄砂、ホコリ、煙の影響がない
  4. 紫外線によるダメージの心配がない
  5. 洗濯物の盗難の恐れがない
  6. 加湿効果が得られる

上記のようなことが上げられます。

 

天気が悪い日は部屋干しするしかありませんが、
天気が良かったとしても、
花粉が飛んでいたりするような場合は、
部屋干しした方が良い場合もありますし、

また、時間を気にせず干しておくことができるので、
自分のライフスタイルに合わせやすいです。

部屋干しのデメリット

 

洗濯物を部屋干しするデメリットは、

  1. 乾くまでに時間がかかる
  2. 洗濯物から臭いが出やすい
  3. サーキュレーターや除湿機、エアコンの電気代が必要
  4. 部屋が狭くなってしまう

のようなことが上げられます。

 

部屋干しだと洗濯物が
乾くまでに時間がかかってしまうので、
洗濯物が湿っている時間が長くなりがちです。

洗濯物の臭いの原因となる菌は、
洗濯物が湿っている時繁殖するので、
部屋干しすると洗濯物が臭く
なってしまうことが少なくなく、

部屋干し臭が出ないようにするために、
サーキュレーターや除湿機、エアコンなどを
動かしながら部屋干しすると、
その分の電気代が必要になってしまいます。

 

また、洗濯物を部屋干しすると
室内が狭く感じてしまうのも
デメリットになりますね。

天日干しと部屋干しの使い分け方

 

ここまでは、天日干しと部屋干し
それぞれのメリットデメリットについて
ご紹介してきましたが、

最後に、天日干しと部屋干しのおすすめの
使い分け方についてご紹介したいと思うのですが、

天日干しと部屋干しの使い分け方は
いたってシンプルで、
天気がよく洗濯物日和なのであれば、
基本的に洗濯物は天日干し、
それ以外は部屋干しというふうにします。

気温が低い日洗濯物は外干しで乾く?洗濯物が凍る温度は何度?

また、天日干しをする場合は、
洗濯物への紫外線ダメージが気になるので、
乾くまでの時間をあらかじめ予想しておいて、
洗濯物が乾いた時間にさっと
取り込めるようにしておくと良いですね。

天気が良い日に天日干しした場合夏場は2~3時間、
それ以外の季節は5~6時間もあれば洗濯物が乾きます。

臭いが取れない洗濯物はお湯とアレでつけおきして解決!詳しいやり方

まとめ

今回は、天日干しと部屋干し
それぞれのメリットデメリットや、
どういうふうに天日干しと部屋干しを
使い分けたら良いのか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「洗濯物は絶対天日干しが良い!」
と思い込んでいた私だったんですが、
洗濯物を天日干しする場合は、
紫外線ダメージのことを考えて
干すようにしないと乾くけど、
洗濯物が傷んでしまう…
ということになりかねなかったんですね(^_^;)

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください