臭いが取れない洗濯物はお湯とアレでつけおきして解決!詳しいやり方

ジメジメする季節になると、
気になってくるのが
洗濯物の臭いではないでしょうか?

「なんで、こんなにしっかり洗濯してるのに
臭いが取れないの~(^o^;)?」

と、私もちょっと前まで
悩まされていたんですが…

実は、洗濯物の臭いが取れない原因や
取る方法について詳しく知る事ができたので、
今では洗濯物の臭いから開放されて、
とてもスッキリした気分なんです(*^^*)

で、もしかしたら、
私と同じように洗濯物の臭いが取れず
ブルーな気分になっている方も
いらっしゃるかもしれないので、

今回は、洗濯物の臭いが取れない原因や、
取れない臭いを撃退するつけおきのやり方について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

洗濯物の臭いが取れない原因は…

洗濯物がいつまで経っても臭い…
なんとかしたい

と思う事がありますが、

あの洗濯物の取れない臭いの原因は
ズバリ雑菌臭になります。

で、洗濯物の雑菌臭を引き起こす菌の名前は、
「モラクセラ菌」というそうですが、

モラクセラ菌は人の皮膚にも生息している菌で、
洗濯物に付着している皮脂や汗などを食べて糞をします。

で、このモラクセラ菌の糞が
洗濯物の雑菌臭いの原因なんですね(^_^;)

「まさか、あの臭いの正体が雑菌の糞だったなんて…」

と衝撃的過ぎる事実ですが、

雑菌臭は、乾燥している時はさほど気にならないけど、
濡れるとかなり臭くなるという特徴があるので、

雨の日や汗をかいた後、
洗濯物の臭いがキツくなってしまった…

という場合は、

モラクセラ菌が繁殖してしまっている証拠なので
すぐにモラクセラ菌を撃退していきましょう!


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



臭いが取れない洗濯物はお湯と酸素系漂白剤でつけおきして解決!

ということで、
洗濯物の取れない臭いの原因は
モラクセラ菌という雑菌が原因
というわけだったんですが…

この雑菌臭を取り除くためには
洗濯物をお湯と酸素系漂白剤で
つけおきするのが効果的なんです♪

ということで、
ここからは洗濯物の雑菌臭を撃退する
つけおき方についてご紹介していきます^^

●洗濯物の雑菌臭を撃退するつけおきのやり方

  1. 50℃くらいのお湯を洗面器やバケツに用意する
  2. お湯1Lに対し酸素系漂白剤(粉末)5g入れ溶かす
  3. 雑菌臭が出ている洗濯物を入れ1時間ほどつけおきする
  4. 洗浄液ごと洗濯機に入れて普通に洗濯する
  5. 風通しの良い場所に干して乾かす

以上が、洗濯物の雑菌臭を撃退する
つけおきのやり方になるんですが…

少し補足説明をしていきますね。

■補足1・酸素系漂白剤って何?

まず、「酸素系漂白剤って何?」
と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

酸素系漂白剤というのは、

  • ワイドハイター
  • カラーブライト
  • パックス
  • シャボン玉石けん

などの名前で販売されているものになります。

スーパーやドラッグストアでは、
洗濯洗剤の近くに必ず置かれてありますので、
もし分からない時は探してみてくださいね。

また、酸素系漂白剤には、
「液体」と「粉末」がありますが、
雑菌臭を撃退に効果を発揮するのは
「粉末の酸素系漂白剤」になるので、
粉末タイプのものを選びましょう。

■補足2・つけおきする時の注意点

洗濯物をお湯と酸素系漂白剤で
つけおきする時は、

  1. 色物や柄物は分けてつけおきする
  2. お湯は熱湯を使用しない
  3. 長くてもつけおき時間は2時間までにする

ということに注意してください。

まず、色物や柄物の洗濯物と
白い洗濯物を一緒につけおきしてしまうと、
色移りしてしまう原因になるので、
色物や柄物は分けてつけおきしなければなりません。

また、熱湯を使って洗濯物の
雑菌を撃退するという方法もありますが、
この方法だと繊維を傷めてしまう場合があるので、
お湯の温度は50℃くらいが適切です。

また、つけおき時間も長くし過ぎると、
繊維を傷めてしまう原因になりますので、
長くても2時間までにしておきましょう。

まとめ

今回は、
臭いが取れない洗濯物の臭いが取れる
お湯と粉末酸素系漂白剤のつけおき法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

まさか、洗濯物の取れない臭いの原因は
雑菌の糞だったなんて…
と驚いてしまいますが、

そんな雑菌臭はお湯と粉末酸素系漂白剤で
つけおきすると撃退することができるので、
ぜひ今回ご紹介した方法を参考にして
雑菌臭をスッキリさせてみてください♪

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする