セーター・ニット・カーディガンが伸びない洗い方と干し方!

だんだん肌寒くなってきたので、
セーターやニット、カーディガンなどの冬物を
押入れから出してみたんですが…

ずっと押入れにしまっていたせいか、
ちょっと押入れ臭くなって
しまっていたんですよねΣ(´∀`;)

そこで、
「一度洗わないと!」と思ったんですが、

昨年冬物を出してきて
セーターやニット、カーディガンを
洗濯して干したら伸びて
使えなくしてしまった…
という苦い経験があったので、

セーターやニット、カーディガンの
洗い方や干し方を調べてみたところ…

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は、セーター、ニット、カーディガンが
伸びない洗い方や干し方について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

セーター・ニット・カーディガンが伸びない洗い方

 

では、まずは伸びやすい、
セーターやニット、カーディガンの
洗い方についてご紹介していきたいと思いますが、
洗濯機で洗う方法と手洗いする方法、
2パターンご紹介するので、
自分に合った方を選んでくださいね。

洗濯機でセーター・ニット・カーディガンを洗う方法

  • STEP.1
    裏返して洗濯ネットに入れる

     

    セーターやニット、カーディガンを
    洗濯機で洗うと毛玉ができやすいので、
    毛玉対策として裏返しにして
    洗濯ネットに入れ洗濯機に入れます。

  • STEP.2
    洗濯機のコースを選ぶ

     

    セーターやニット、カーディガンを
    洗濯機で洗っていく場合は標準コースではなく、
    手洗いコースやドライコースを選択し、

    洗濯機のすすぎ設定に、
    「ためすすぎ」と「注水すすぎ」がある場合は、
    「ためすすぎ」を洗濯します。

    ちなみに、
    セーターやニット、カーディガンの素材に
    ウール等の動物系繊維が使われている場合は、
    お湯洗いしてしまうと縮みの原因になるので
    水を使って洗濯するようにしましょう。

  • STEP.3
    おしゃれ着用洗剤を投入しスタートボタンを押す

     

    洗濯機のコースが設定できたら、
    おしゃれ着用洗剤を投入し、
    スタートボタンを押して洗濯を開始します。

  • STEP.4
    洗濯機から取り出す

     

    洗濯が終わったら洗濯機から取り出し
    伸びないように干していきます。
    詳しい干し方は後半でお伝えします。

手洗いでセーター・ニット・カーディガンを洗う方法

  • STEP.1
    汚れている部分におしゃれ着用洗剤をつけ軽くたたく

     

    セーターやニット、カーディガンを
    手洗いしていく前に、
    ざっと見て汚れが気になる部分がある場合は、
    おしゃれ着用洗剤をつけて軽くたたいておきましょう。

  • STEP.2
    洗面器に水を入れ洗剤を溶かす

     

    洗面器に水を入れおしゃれ着用洗剤を溶かし溶液を作ります。

  • STEP.3
    洗濯物を溶液につけ押し洗いする

     

    セーターやニット、カーディガンを
    洗面器に入るくらいの大きさにたたんだら、
    洗濯物を溶液につけ両手の手のひらを使って、
    洗濯機の底に押し付けて戻して…
    という動作を30~40回ほど繰り返します。

    また、襟や袖口の汚れは手で優しく
    握って離してという動作を繰り返して洗います。

  • STEP.4
    洗濯物を丸めて軽くしぼる

     

    洗いが終わったら、
    洗濯物を手前からくるくると丸めていき、
    溶液から出し、軽く押すようにしてしぼります。

  • STEP.5
    洗濯物をすすぐ

     

    洗面器に入っていた溶液を捨て、
    水に取り替えたら、洗濯物を水につけて
    両手の手のひらで押したり戻したりながら
    洗濯物の洗剤をすすいでいきます。

    水に洗剤の泡が目立つようになってきたら、
    水を入れ直し再度すすぎます。

  • STEP.5
    洗濯機で軽く脱水する

     

    すすぎが終わったら、
    洗濯ネットに入れて洗濯機で
    30秒~1分ほど脱水します。

  • STEP.6
    平らな場所に広げ網目を整える

     

    洗濯機で軽く脱水が終わったら、
    干す前に平らな場所に広げ、
    崩れている網目を整えておきましょう。

セーター・ニット・カーディガンが伸びない干し方

 

ここからは、
セーターやニット、カーディガンが
伸びない干し方について、
ご紹介していきたいと思います。

伸びやすいセーターやニット、カーディガンを
普通にハンガーにかけて干してしまうと、
肩の部分が伸びてハンガーの跡が出来たり、
重さに引っ張られ襟が伸びてしまう…
ということになってしまいがちなので、

こういった伸びたり型崩れしやすい洗濯物を干す場合は、
「平干し」すると伸びたり型崩れする心配がありません^^

 

平干しが楽にできる洗濯アイテム

 

●平干し3段ネット(折りたたみ式)

平干しするとなると、
結構場所を取ってしまって、
他の洗濯物が干せなくなってしまう…
なんてことがあったりしますが、

そんな悩みを解消してくれるのが、
平干し3段ネットです^^

平干しできるスペースが3段もあるので、
セーター、ニット、カーディガン
それぞれ洗濯したとしても
余裕で全部平干しできます。

平干しネット 物干しネット 宅配便 洗濯物干し セーター 3段 折りたたみ式

 

また、使わない時は折りたたんで
コンパクトにしておけるので
収納にも困りません。

 

●平干しできる洗濯ネット

セーターやニット、カーディガンは
洗濯ネットに入れて洗いますが、
その洗濯ネットと平干しネット
両方としての機能を備えた、
1つ2役の便利な洗濯ネットもあります。

洗濯ネットとして使ったら、
そのまま平干しネットになるので、
手間がかかりません。

洗濯 平干し 平干しネット&フック ( 洗濯ネット セーター ニット 平 干し ネット 洗濯物干し 物干し 洗濯用品 ) 【4500円以上送料無料】

 

まとめ

 

今回は、セーターやニット、カーディガンが
伸びない洗い方と干し方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

寒い季節セーター、ニット、カーディガンは
欠かせないマストアイテムですが、
洗う時注意して洗わないと伸びたり
縮んだりしてしまいやすいので、
洗う場合は今回ご紹介した洗い方と干し方を
参考にして洗濯されてみてくださいね♪

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください