洗濯機の後ろの5センチくらいの隙間を埋める方法2つ!【落下防止】

この間洗濯機の後ろの隙間に、
スマホを落としてしまい、
スマホを救出するまでに
小一時間かかってしまった…
ということがあったので、

「洗濯機の後ろに何か落として
時間を取られるなんてこりごりだから
洗濯機の後ろの隙間を埋めて
落下防止をしておかないと!」と、思い…

いろいろと、洗濯機の後ろにあった
5センチくらいの隙間を埋める方法について
考えてみたんですが、

思いついたのが、

「100均で木の板を買ってきて
ラップかアルミを巻いて
後ろの隙間に挟み込む」

というちょっと良い方法といえるかどうか
微妙な感じの方法だったので…

他に何か良いアイデアはないかと思い
洗濯機の後ろの隙間を埋める方法について
いろいろと調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、
洗濯機の後ろの隙間を埋める方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

洗濯機の後ろの5センチくらいの隙間を埋める方法2つ!【落下防止】

 

では、早速洗濯機の後ろの
5センチくらいの隙間を埋める方法について
いろいろとご紹介していきたいと思います^^

 

1・ダンボールにアルミやラップを巻いて隙間を埋める

 

洗濯機の後ろの隙間を埋める
1つ目の方法は…

ダンボールにアルミやラップなど
防水性能あるものを巻き付け隙間に挟み込んで、
隙間を埋めるという方法になります。

この方法であれば、
費用をかけることなく、
洗濯機の後ろの隙間を埋める
ことができるので、
実践している方も多いようです。

 

ダンボールで洗濯機の後ろの隙間を埋める手順

 

  1. ダンボールを埋めたい隙間の大きさに合わせカットする
  2. ダンボールにアルミかラップを巻きつける
  3. 洗濯機の隙間に挟み込んで完了

ちなみに、
ダンボールは隙間の幅より
少し大きめにカットしないと、
隙間にしっかりはまらずに落ちてしまう事があるので、
ダンボールをカットする場合は、
少し大きめにカットすると良いですね^^

 

2・木の板を加工して隙間を埋める

 

洗濯機の後ろの隙間を埋める
2つ目の方法は…

木の板を加工して隙間を埋める
という方法になります。

 

●木板で洗濯機の後ろの隙間を埋める手順

 

  1. 木板を埋めたい隙間の大きさに合わせカットする
  2. 洗濯機と同じ高さになる木の棒を2本用意する
  3. カットした板の両サイドに棒を釘で固定する
  4. 木目調のリメイクシートを木板の表面に貼る
  5. 洗濯機の後ろの隙間に入れて完了

このように木の板を加工して
洗濯機の後ろの隙間を埋めると、
ダンボールで埋めるよりも
しっかりした感じになりますし、

木目調のリメイクシートを板の表面に貼ると
見た目もおしゃれな感じになりますので、
少し手間はかかってしまいますが、
「ちゃんと隙間を埋めたい!」という方は、
この方法がおすすめかもしれません。

 

狭い隙間はスキマパッキンで埋めると簡単♪

 

さて、ここまでは洗濯機の後ろの
5センチくらいの隙間を埋める方法
についてご紹介しましたが、

ここからは、

  • 防水パンと壁の間の狭い隙間
  • 洗濯機本体と壁の狭い隙間

などの細かい隙間を簡単に埋められる
アイテムがありましたので、
参考までにシェアしていきたいと思います^^

そのアイテムの名前は、
「スキマパッキン」というのですが、
(そのまんまですね(笑))
隙間に差し込むだけできれいに隙間が塞がって
ホコリなどが入り込むのを防いでくれます!

・【ミヤコ】洗濯機パン用スキマパッキン

洗濯機まわりの狭い隙間は
なかなか掃除しずらいので、
スキマパッキンなどで
ホコリが入り込まないようにしておくと
洗濯機まわりの清潔感がグッと
アップしそうですよね(*^^*)ノ

 

まとめ

 

今回は、
洗濯機の後ろの5センチくらいの
隙間を埋める方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗濯機の後ろの隙間に
物を落としてしまうと
腕がちょうど入らない狭さで、
落とした物を救出するのが
かなり大変になってしまうので、

今回ご紹介したような落下防止対策を
しておく事と安心だと思います♪

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください