【洗濯機】穴なし槽のデメリットとは?洗濯槽の裏にカビが生えない?

洗濯機ってメーカーによって
いろいろと売りが違いますが、
洗濯槽に穴がない「穴なし槽」を
売りにしているところもありますよね?

洗濯槽に穴があると、
脱水槽との間にカビが
発生してしまいますが、

穴なし槽なら洗濯槽にカビが
発生する心配がないので、
お手入れなんかも楽ですし、
なにより衛生的で嬉しいですよね^^

ただ、穴なし槽といっても、
メリットばかりでなく、
何かデメリットもあるのでは?
と思ったので、

穴なし槽のデメリットについて
調べてみることにしたのですが…

すると、私と同じ疑問を持っている方も
多くいらっしゃるみたいだったので、

今回は、穴なし槽のメリットと
デメリットについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

【洗濯機】穴なし槽のメリットとデメリット!

 

ということで、
穴なし槽のメリットとデメリットについて
まとめていきたいと思います!

 

穴なし槽のメリット

 

穴なし槽の洗濯機には
どんなメリットがあるのでしょうか?

 

メリット1・黒カビが洗濯槽に入る心配がない

 

穴なし槽のメリット1つ目は…

穴あり槽のように洗濯槽の裏側に
黒カビが発生してしまう心配がないので、
黒カビが洗濯槽に入り込んで、
洗濯物にカビが付着したりする心配がない
ということになります。

 

メリット2・節水できる

 

穴なし槽のメリット2つ目は…

穴あり槽の洗濯機よりも節水できる
ということになります。

穴あり槽だと洗濯槽の穴が空いていて、
その外にさらに脱水槽があるので、
その分水をたくさんいれないと
洗濯槽の水位が上がりません。

しかし、穴なし槽は洗濯物を入れる
洗濯槽しかないので水が外に逃げないため、
穴あり槽よりも節水できるのです。

 

メリット3・穴がない分強い巻き上げ水流を起こして洗える

 

穴なし槽のメリット3つ目は…

洗濯槽に穴がない分、
強い巻き上げ水流を起こして洗えるので
洗浄力が高いということになります。

穴なし槽は洗濯槽が回転する力を
すべて洗濯槽内の水に伝えられるので、
エネルギーロスが少なく、
強い巻き上げ水流を起こす事ができるので、
高い洗浄力を発揮することができます^^

 

メリット4・洗濯物の繊維を傷めにくい

 

穴なし槽のメリット4つ目は…

洗濯物の繊維を傷めにくいということになります。

洗濯槽に穴があると、
洗濯物がその穴に引っかかってしまい、
結果的に繊維が傷みやすくなってしまいますが、

穴なし槽はそもそも穴がないので、
洗濯物が引っかかる場所がなく、
繊維を傷めにくいです。

 

穴なし槽のデメリット

 

ここまでは、
穴なし槽のメリットについてご紹介しましたが、
ここからはデメリットを見ていきたいと思います。

 

デメリット1・脱水方法が特殊なため脱水が弱くなる可能性がある

 

穴なし槽のデメリットの1つ目は…

脱水方法が特殊なため、
脱水が弱くなる可能性がある
ということになります。

穴あり槽の場合、
洗濯槽に無数に穴があるので、
洗濯槽を回転させてしまえば、
その穴から水を脱水できるのですが…

穴なし槽の場合洗濯槽に穴がないので、
洗濯槽上部にある排水口を
穴の代わりにして脱水しなければならないので、
穴あり槽と比べると脱水効率が悪いといえます。

また、排水口が水通しの悪い衣類で
塞がれてしまったりすると、
脱水することが難しくなってしまう
可能性もあるので注意が必要です。

なので、穴なし槽を使っていく場合は
脱水を弱めることがないように
注意して使うということが
使いこなすポイントになるのですが、

脱水を弱めないためには、
洗濯物を多く入れ過ぎないこと、
そして、水通しの悪いものは
極力入れないようにする
脱水力を弱めにくくなります^^

ちなみに、
穴なし槽は脱水時の回転スピードが
穴あり槽よりも速いので、
運転音が気になりやすかったり、
穴あり槽より高速回転させる分、
耐久性への不安も考えられます。

 

デメリット2・洗濯槽上部の排水口の奥にカビが生える可能性がある

 

穴なし槽のデメリット2つ目は…

洗濯槽の外側にカビが生える心配はないものの…
洗濯槽上部にある排水口の奥にカビが生える可能性はある
ということになります。

なので、結局穴なし槽だから
洗濯槽のお手入れはしなくていいか
といえばそうではないということですね(^_^;)

穴なし槽といえども、
穴あり槽と同じように、
洗濯槽の中の風通しを良くしたり、
定期的に洗濯槽の掃除を行うようにしないと、
不衛生になってしまいます。

 

まとめ

 

今回は、
穴なし槽のメリットとデメリット
についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

穴なし槽にはたくさんメリットがあるので、
どうしてもメリットばかりに意識が向きがちですが、
ちゃんとデメリットもあるんだよ
ということをお伝えできていたら幸いです。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください