洗濯で縮んだ服を元に戻す方法!洗濯物が縮む理由が分かれば怖くない

新しく買った服を洗濯したら、
縮んでしまいすぐダメにしてしまった…
という経験ってみなさんはありますか?

私はつい先日初洗濯した服を縮ませてしまい、
買ったばかりなのにダメにしてしまったんですが、

そもそも、
どうして洗濯をすると服は縮んでしまうのでしょうか?

ふと、こんな素朴な疑問が出来たので、
早速洗濯物が縮む理由について調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、洗濯物が縮む理由や、
縮んだ服を元に戻す方法について、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



洗濯物が縮む理由は繊維によって異なります

さて、洗濯で縮みやすい繊維には、

  1. 毛(ウールなど)
  2. 綿や麻などの天然繊維
  3. レーヨン

がありますが、

それぞれ縮みが起こる理由が異なっているので、
1つずつ見ていきたいと思います。

■素材1・毛(ウールなど)が縮む理由

まず、
毛(ウール・アンゴラ・カシミヤ)が
洗濯で縮む理由について
ご説明していきたいと思います。

毛(ウールなど)は濡れると表面を覆っている
ウロコ状のタンパク質部分(スケール)が開きます。

よく、シャンプーのCMで、
傷んだ髪の毛は表面を表すために、
髪の毛の表面にあるキューティクルが
開いたイメージが流れる事がありますが、
そのような感じでスケールが開いた状態で
摩擦が起こってしまうと…

開いたスケール同士が
ファスナーのように絡み合い
それぞれ独立していたものが
一体化して元に戻らなくなり
縮みが発生してしまうのです。

●毛(ウールなど)の縮みを元に戻す方法

さて、毛(ウールなど)が使われている服が
縮んでしまった場合はどのようにすれば
縮みを元に戻す事ができるのでしょうか?

ウールなどの毛の繊維が縮んでしまった場合は、
トリートメントを使った戻し方があるので
次にご紹介していきたいと思います。

  1. 縮んだ服がつかる容器(大きめの洗面器・バケツ)に水をはる
  2. トリートメントを15グラムほど溶かす
  3. 縮んだ服を30分ほどつけおきする
  4. 軽く水を切り型崩れしないよう陰干しする

このようにすると、
ウールなどの毛の服の縮みを
元に戻す事ができるのですが…

毛(ウールなど)のスケールの開きを
トリートメントで補修することによって、
繊維の絡み合いがほぐれてくれるので、
縮みが元に戻るというイメージになります。

■素材2・綿(コットン)などの天然繊維が縮む理由

続いて、綿(コットン)が
洗濯で縮んでしまう理由について
ご紹介していきたいと思います。

綿というと私たちの身の回りにある服
(Tシャツやジーンズ、タオル)と
幅広く使われる素材になりますが、

綿はもともと繊維にされる工程で
引っ張られて伸ばされていますが、
水に濡れると伸ばされる前の段階に
戻ろうとする性質がコットンにはあるので

水に濡れるとコットンは縮む場合があります。

●綿(コットン)などの天然繊維の縮みを元に戻す方法

綿(コットン)などの天然繊維の
縮みを元に戻すにはどうすれば良いのでしょうか?

天然繊維100%の服の場合は、
縮んでしまったとしても、
着ているうちにだんだん元に戻るので、
あえて気にしなくても良いのですが、

もし、縮みが元に戻らなかったり、
気になるから早く直したい場合は、
柔軟剤を使って元に戻していきましょう。

  1. 縮んだ服がつかる容器(大きめの洗面器・バケツ)に水をはる
  2. 柔軟剤を少し溶かす
  3. 縮んだ服を30分ほとつけおきする
  4. 脱水し縮んだ部分をしっかり伸ばして陰干しする

■素材3・レーヨンが縮む理由

レーヨンを洗濯機で洗うという方は
少ないかもしれませんが…
レーヨンは洗濯で縮みやすい繊維の1つです。

レーヨンは水を吸うと繊維が膨張し、
繊維の湾曲が大きくなることで
繊維同士の間隔が狭くなり
縮みが発生しますが

レーヨンは元の大きさの3分の1くらいまで
縮んでしまうので服のサイズそのものが
変わってしまうくらい縮みの影響が大きいですね。

●レーヨンの縮みを元に戻す方法

レーヨンは水に濡れると大きく縮んでしまうので
そもそも水洗いするのはNGとなります。

レーヨンはクリーニング店で
ドライクリーニングをするのが
一般的なお手入れ方法になるので、
洗濯機で洗わない方が無難です。

ただ、

もし、レーヨンが縮んでしまった場合は、
服を引っ張りながら低温でアイロンを
服から1センチくらい浮かせてかけると
多少縮みを伸ばす事は可能です。

一度縮んでしまったレーヨンを、
完全に元通りにするのは難しいですが、
多少伸ばす事はできるので、
縮んだレーヨンがある場合は
試してみても良いかもしれませんね。

まとめ

今回は、
洗濯で縮んだ服を元に戻す方法ということで
素材ごとの洗濯で縮む理由や、
元に戻す方法についてご紹介しました。

毛やレーヨンなどデリケートな繊維は、
洗濯機で洗ってしまうと縮みが発生しやすいので
クリーニングに出した方が無難かもしれませんが、
もし縮ませてしまった場合は、
今回ご紹介した方法を参考にして、
元に戻すようにしてみてください。

また、丈夫な綿などの天然繊維は、
縮んだとしてもそれほど気にする必要ありませんが、
洗濯機に入れる時に洗濯ネットに入れて洗うようにすると、
かなり縮むのを抑える事ができます^^

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(^o^)


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする