洗濯したタオルが茶色くなる原因とは?元の色に戻す事はできる?

これまで何年と洗濯物について
疑問に思うような事はなかったのですが…

先日、洗濯したタオルが茶色くなっていたので、
「なんで、茶色くなってしまったのかしら?」
と、久々にお洗濯について疑問に思う事がありました。

「洗い方が足りなかったのかしら?」と思い、
何度か茶色くなったタオルを
洗い直してみたりもしたのですが、
茶色くなった部分は元に戻る事はなく、
モヤモヤする日々が続いてしまったので、

洗濯したタオルが茶色くなる
原因について調べてみたところ…

私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、

今回は、洗濯したタオルが茶色くなる原因や、
元の色に戻すにはどうしたら良いのか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

洗濯したタオルが茶色くなる原因とは?

 

洗濯したタオルが茶色くなってしまう
原因は一体何なのでしょうか?

この事について疑問に思われている方も
少なくないようですが、

結論から言ってしまうと、
赤カビが繁殖してしまったため
茶色くなってしまったように見えている
ということになります。

 

赤カビについて少し詳しく説明すると、

赤カビは「ロドトルラ」という酵母菌なので、
単純にいうと赤カビの正体は雑菌ということになります。

 

ちなみに、赤カビは人体に無害なので、
生えていたからといって
あまり心配する必要はありませんが、
見た目的にかなり不衛生になってしまうので、
落としてしまうにこした事はありません。

茶色く変色した洗濯物を元の色に戻す方法

 

さて、赤カビが発生してしまい
茶色くなってしまったタオルを元の色に
戻すにはどうしたら良いのでしょうか?

赤カビが発生してしまった
タオルは普通の洗濯洗剤で洗うだけでは
落とすことができないので、

酸素系漂白剤(粉末ハイター)を使って
つけおきして落としていきます。

 

洗濯物に発生した赤カビを落とす手順方法

  • STEP.1
    バケツや洗面器にお湯を溜める

     

    まずは、バケツや洗面器などを用意して、
    そこに40~50℃くらいのお湯を溜めます。

  • STEP.2
    酸素系漂白剤を溶かす

     

    酸素系漂白剤を適量お湯に溶かしていきましょう。

  • STEP.3
    茶色くなった洗濯物をつけおきする

     

    茶色くなってしまっている洗濯物を
    酸素系漂白剤を溶かしたお湯に入れ
    1~2時間ほどつけおきします。

  • STEP.4
    普通に洗濯する

     

    つけおきが終わったら、
    洗濯物を洗濯機に持っていき、
    普通に洗濯機で洗います。

  • STEP.5
    乾燥させる

     

    洗濯が終わったらよく乾燥させましょう。

洗濯物に赤カビを発生させないために…

 

さて、ここまでは洗濯物に
赤カビが生えてしまったらどうするか?
ということについてご紹介しましたが…

ここからは、
洗濯物に赤カビを発生させないために
重要なポイントについて
いくつかご紹介していきたいと思います。

 

まず、
赤カビが発生しやすいタオル類は、
使い終わったら濡れたまま洗濯かごに放り込まず
一度広げて乾かしてか洗濯かごに入れるようにする
事が赤カビ予防にとても効果的です。

濡れたままの状態でタオルを
洗濯カゴに入れてしまうと…

赤カビの栄養源となる皮脂汚れがあるのと、
赤カビが好むジメジメした環境の両方が
揃ってしまうことになるので、
赤カビが一気に繁殖してしまいます。

なので、使い終わったタオルのような
濡れた洗濯物は一度乾かしてから
洗濯カゴに入れるようにすれば、
赤カビの繁殖を予防しやすくなるのですね。

また、洗濯機を洗濯カゴ代わりに
使わないということも重要です。

・洗う前の洗濯物を洗濯機にためるのがNGな3つの理由!

洗濯機の中はそもそも湿度が高く、
洗濯槽にカビが発生していたりすると、
そのカビ菌が移ってしまう場合があるので、
洗濯機の中に洗濯物をためてしまうのはNGとなります。

まとめ

 

今回は、洗濯したタオルが茶色くなる原因や、
茶色くなったタオルを元の色に戻す方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

まさか、茶色くなったのが赤カビが原因なんて
正直想像もつかなかったなんて方も多いかもしれませんが、

ジメジメしている場所は
赤カビが繁殖しやすいポイントなので、
できるだけ洗濯物はジメジメさせないよう、
乾かしてから洗濯かごに入れたり、
風通しの良い場所で保管する事が大切です。

ちなみに、
お風呂場や水回りに発生する赤カビを
そのままにしてしまっていると、
落ちづらい黒カビが発生する原因になるので、
取りやすい赤カビのうちに掃除しておくと良いですよ♪

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください