洗濯の色落ちを酢と塩で防止できる理由とやり方についても!

私は服をできるだけ大切に
長く着たいものだけ買うように
しているんですが…

洗濯を何度か繰り返すと、
だんだん色落ちしてきてしまって、
元のおしゃれな感じが薄れてしまうので、

何か、洗濯をする時の色落ちを防止する
方法はないものかと思っていたんですが、

実は、洗濯の色落ちは、
酢と塩を加えると簡単に防止
することができるようになるんだそうです^^

「え?なんで酢と塩を加えると
色落ちが防止できるの?」

と疑問に思ったそこのあなた、
これからご説明していきますので、
ご安心くださいね。

洗濯の色落ちを酢と塩で防止できる理由とやり方

 

まず、
洗濯の色落ちを「酢」と「塩」で
防止するやり方について
ご紹介していきたいと思います。

  1. 色落ちさせたくない服を用意する
  2. バケツや洗面器などに水を入れる
  3. 水1Lに対し酢と塩を大さじ1入れる
  4. 服を3で作った水に30分~1時間ほどつけおきする
  5. 洗濯機で普通に洗う

このように、
色落ちさせたくない服を塩と酢を溶かした
水でつけおきしてから洗濯をすると
色落ちを防止することができるのですが、

一体なぜ、酢と塩でつけおきすると、
洗濯物の色落ちを防止することができるのでしょうか?

それは、
酢と塩には染料を繊維に定着させる働きがあるからなんです^^

塩にはミネラルが豊富に含まれており、
このミネラルは染料と結合し定着する
という性質を持っているため、
洗濯物の色落ちを防止してくれますし、

また、酢に含まれているクエン酸にも
塩のミネラルと同じように
染料を繊維に定着させる効果があるため、
洗濯物の色落ちの防止することができるのだそうです。

 

色落ちしやすい衣類は酢と塩で色落止めしてから洗濯すると○

 

ということで、
ここまでは酢と塩で洗濯物の
色落ちを防止できる理由や
やり方についてご紹介しましたが、

ここからは、
色落ちしやすいものの特徴について
ご紹介していきたいと思いますので、

もし、色落ちしやすい特徴に当てはまる服が
洗濯物かごに入っていた場合は、
酢と塩でつけおきしてから洗って
色落ちを防止していきましょう。

 

色落ちしやすい衣類の2つの特徴

 

色落ちしやすい衣類の特徴は、

  1. 濃い色の服
  2. 天然繊維の服(綿・麻・シルクなど)

の2つになります。

このような特徴がある服を洗う場合は、
色落ちしないよう注意しましょう。

ちなみに、
色落ちしやすいものを洗濯する場合は、
中性洗剤を使って洗濯をすると、
色落ちのリスクを抑えやすくなるので、
今お使いの洗剤の成分を一度
チェックしてみると良いかもしれません。

・【自然派洗濯洗剤(中性)】海へ…

もし弱アルカリ性の洗剤だった場合は、
洗浄力が高い分色落ちさせやすいので、
色落ちが心配な服を洗う時は、
中性タイプの洗剤を使うようにすると
より安心だと思います。

 

まとめ

 

今回は、洗濯の色落ちを酢と塩で
防止できる理由ややり方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

「まさか、色落ちを酢と塩で防止できるなんて…」
とビックリしてしまいますが、
こんな身近にあるもので色落ちを防止できるなら
やらない手はありませんよね(笑)

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください