扇風機の羽根の枚数が違うと何が違う?枚数が多い程風量が多くなる?

熱くなってくる時期に
ふと家電量販店やホームセンターに行くと
いろんな扇風機がたくさん
目立つ場所に並べられている
光景を目にします。

で、この間なんとなく、
扇風機って何が違っているんだろう?

と思ってちょっとよく見てみたんですが、

明らかに見た目で違っていたのは

扇風機の羽根の枚数なんですよね^^

羽根が3枚の扇風機もあれば
5枚とか7枚とか8枚という具合に、
本当にいろんな羽根の枚数の
扇風機が並んでいますよね~(笑)

そこで、疑問に思ったのが…

「扇風機の羽根の枚数が多いのと少ないのでは
一体どこが違っているのか?」

ということだったんですが、

この事について調べてみると、

私と同じように疑問に思っている人も
多いみたいだったので、

今回は扇風機の羽根の枚数の違うと
どうなるのかということについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

扇風機の羽根の枚数が違うと何が違う?
枚数が多い程風量が多くなる?

 

というわけで、

扇風機の羽根の枚数が違うと何が違ってくるのか?

ということなんですが、

羽根の枚数が少ない扇風機と
羽根の枚数が多い扇風機を
比較しながらご説明していきますね^^

 

■羽根の枚数が少ない扇風機の特徴

 

まず、3枚羽に代表されるように
羽根の枚数が少ない扇風機の
特徴についてなんですが、

羽根の枚数が少なければ少ないほど
羽根1枚あたりの面積を大きくすることができるので、
モーターの回転数を上げなくても
強い風を出しやすいというメリットがあります。

ただ、強い風が出やすい分、
あたり心地が人工的に作られた風というような
硬い感じのあたり心地の風になってしまうため
ナチュラルな感じの風ではなく
いかにも扇風機の風になりやすいです。

また、羽根の枚数が少ない扇風機は
1枚あたりの羽根の面積が大きいので
高速回転させればさせるほど振動が大きくなやすく
音がうるさくなりやすいという特徴があります。

 

■羽根の枚数が多い扇風機の特徴

 

では、羽根の枚数が多い扇風機の特徴について
見ていきたいと思うんですが、

羽根の枚数が少ない扇風機とは逆に、
羽根の枚数が増えれば増えるほど、
1枚あたりの羽根が出す風の量は減るので、
羽根の枚数が増えれば増えるほど
柔らかで自然な当たり心地の

風が出て来るという傾向があります。

最近では家庭用扇風機では
かなりの割合の扇風機が羽根の枚数が
5枚以上になっていると思うんですが、

これは、羽根の枚数が多い方が
自然に近いそよかぜのような心地よいと
あたり心地の風を出すことが
できるからだったんですね^^

また、羽根の枚数を多くすると
羽根1枚あたりを小さく薄く作るようになるので
扇風機のヘッドの部分をスリムにすることができたり、
羽根1枚あたりの面積が小さいため
振動が少なくなって音が静かになる
というメリットもあります。

ただ、羽根の枚数が多くなればなるほど
羽根1枚あたりの面積が小さいため
勢いを感じるような強い風を
出しにくくなる傾向があります。

 

家庭用は多枚羽、業務用は少枚羽で使い分けるのがおすすめ

 

ということで、

扇風機の羽根の枚数による違いについて
ざっくりとご紹介したんですが、

普通に家庭などで涼むために使うのであれば
羽根の枚数が多い扇風機をチョイスした方が
快適で心地よい自然な風にあたることができるようです^^

逆に業務用などで強い風が必要な場合は
羽根の枚数が少ない扇風機をチョイスした方が
少ない回転数で強い風量を得やすくなります。

なので、

  • 少枚羽 … 屋外・業務用
  • 多枚羽 … 屋内・家庭用

このような使い分けをするのが
ベーシックなのかもしれませんね(^^)/

 

まとめ

 

今回は扇風機の羽根の枚数が違うと
どんな点が違ってくるのか?

ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

羽根の枚数が増えれば増えるほど
自然でナチュラルな当たり心地の
柔らかな風が出やすくなるので、
普通に家庭で使う分には
羽根の枚数が多い扇風機を使った方が
快適に使えるみたいですよ(^^)/

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください