鯖の水煮缶の匂いを消す食べ方3つ!捨てた後の臭い対策についても!

DHAやEPAなど注目されている
栄養が豊富に入っている鯖缶ですが、
水煮缶だとそのまま食べる時、
ちょっと生臭い感じがして苦手…
という方も多いのではないでしょうか?

 

「生臭くなければ水煮缶を食べたいけれど…」
というふうにお考えの方のために
今回は、鯖の水煮缶の臭いを抑える食べ方について
みなさんにシェアしていきたいと思います。

 

また、鯖缶を捨てた後に気になる
臭いのたいさく方法についても
あわせてご紹介いたします。

 

鯖の水煮缶の匂いを消す食べ方3つ!

 

「鯖の水煮缶の生臭い匂いを気にせず
食べるにはどうしたら良いのでしょうか?」
この事について気になっている方も多いようです。

 

鯖の水煮缶はそのまま食べてしまうと、
生臭い匂いが気になってしまう場合が多いですが、
次にご紹介するように1手間加えてから食べるようにすると、
あの嫌な匂いが気にならなくなったり和らげる事ができます。

 

1.生姜や大根おろしと一緒に食べる

 

生姜や大根おろしなどと一緒に
鯖の水煮缶を食べるようにすれば、
さっぱりとした生姜や大根おろしの風味が
鯖の生臭い嫌な匂いを緩和してくれます。

 

なんとなく、鯖には生姜や大根おろしが
付け合わせにされているイメージを
お持ちの方は多いと思いますが、
食べ合わせの相性が良いので、
鯖の水煮缶の生臭さが気になる場合は、
一緒に食べるようにすると良いでしょう。

 

2.酢やレモンなどの酸味が強いものを加えて食べる

 

生姜や大根おろしがないという場合は、
鯖の水煮缶に酢やレモンなど
酸っぱいものを加えて食べるようにすると
生臭い匂いを緩和することができます。

 

さっぱりとした風味のものと鯖の
水煮缶を一緒に食べるようにすれば、
生臭い匂いが気になりにくくなるという事なんですね。

 

3.フライパンで焼いてから食べる

 

鯖缶に合う付け合せが用意できなかったり、
いつも付け合せと一緒に食べていて
他の味も楽しみたいというような場合は、
鯖の水煮缶をフライパンで焼いて食べるのもおすすめです。

 

フライパンで加熱するだけで、
鯖の生臭さを飛ばす事ができますし、
例えば、野菜などを一緒に炒めても良いので、
いろいろなアレンジレシピが可能です。

 

鯖缶を捨てた後の臭い対策

 

ここまでは、鯖の水煮缶の
匂いを消すための食べ方についてご紹介しましたが、
鯖缶は捨てた後の臭いも気になる場合があります。

 

そこで、どのように鯖缶を捨てれば、
捨てた後臭いが気にならなくなるのか?
という事についてもご紹介します。

 

まず、鯖缶を捨てる前には必ず食器用洗剤で
鯖缶の中を洗って乾燥させるようにしましょう。
こうするだけで捨てた後の臭いの発生を
かなり抑える事ができるようになります。

 

ただ、やはり鯖缶の臭いはかなり強いので、
しっかり洗ったとしても完全に臭いを
取り除く事ができない可能性もありますので、
ゴミ箱は蓋を閉じられるものを使用し、
また中に消臭剤となるようなものを入れると良いでしょう。

 

重曹は油汚れや焦げ落としなどの
掃除に使えるだけでなく、
消臭剤にもなる事が知られていますが、
鯖缶のゴミ箱に重曹を入れた小瓶を設置したり、
そのまま重曹を軽くふりかけておくようにすると
鯖缶を捨てた後の臭いを少なくする事ができます。

 

まとめ

 

今回は、鯖の水煮缶の生臭い
匂いを消す食べ方や、
食べ終わった後の匂い対策方法について
ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

ちょっとひと手間加えるだけで、
鯖の水煮缶の生臭さを抑える事ができたり、
ほとんど気にならなくする事ができますので、
もし、鯖の水煮缶の匂いが気になっていた方は
今回ご紹介した事を参考にして
鯖の水煮缶を食べるようにしてみて下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください