鯖缶を食べると胃もたれする理由とは?胃もたれしない食べ方はある?

「鯖缶を食べた後胃もたれする事が多い
ような気がするけれどこれって私だけ?」
ふと、こんな事を疑問に思ったので、
鯖缶を食べると胃もたれする人は
いるか調べてみたのですが、
割と鯖缶などの魚の缶詰を食べた後
胃もたれするという人は多いようでした。

 

そこで、鯖缶を食べると胃もたれする理由や、
胃もたれしないようにする食べ方はあるのか?
という事について調べてみたのですが、
恐らく同じように疑問に思っている方も
いらっしゃると思いますので、
今回はこの事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

 

鯖缶を食べると胃もたれする理由とは?

 

鯖缶を食べた後かならずと言っていいほど
胃もたれしてしまうという方も多いようですが、
鯖缶のような魚の缶詰を食べた後
胃がもたれやすくなってしまうのは
一体どうしてなのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、
魚の缶詰にはたくさんの脂分が含まれているため、
食べる事で脂の過剰摂取になりやすく
それで胃もたれてしてしまうようです。

 

まるで脂の中に入っているといっても
過言ではない鯖缶などの魚の缶詰ですが、
そんな脂っこい鯖缶を食べてしまう事は、
脂をごくっとそのまま飲んだのと
あまり大きな違いはないようなものとも
いえるかもしれません。

 

脂は体が初夏するために時間がかかるため、
そもそも大量摂取すると胃もたれしやすく、
一度開封してしばらく置いてしまったりすると、
脂が酸化してしまうため余計に体に負担がかかり
胃もたれを起こしやすくなりますし、
程度も重たくなる可能性も高まります。

 

胃もたれしにくい鯖缶の食べ方

 

さて、鯖缶を食べると胃もたれしてしまうのは
脂をたくさん取り過ぎてしまいやすいから…
という事は先程お話した通りです。

 

つまり逆に言えば、
脂を取りすぎないように食べるようにすれば、
鯖缶を食べた後胃もたれする事を減らしたり、
程度を軽くすることができるという事になります。

 

というわけで、
ここからは胃もたれしにくい鯖缶の食べ方について
ご紹介していきたいと思います。

 

1.鯖缶の脂をキッチンペーパーで取ってから食べる・調理する

 

鯖缶をぱかっと開けてそのまま食べてしまうと、
やはり脂がたくさん鯖についていますので、
脂をたくさん取ることになり胃もたれしやすくなります。

 

そこで、鯖缶はそのまま食べる場合も調理して食べる場合も、
一度キッチンペーパーの上に鯖を出して、
余分な脂を吸い取るようにしましょう。

 

こうすることで、脂の過剰摂取を
予防することができるようになるので、
食べた後の胃もたれ感を減らす事ができるはずです。

 

2.大根おろしやしそと一緒に食べる

 

鯖の付け合せといえば大根おろしやしそを
思い浮かべる方も多いと思いますが、
大根おろしやしそは消化を助けてくれるため、
脂っこいものと一緒に食べるようにすると
胃もたれするのを予防することができます。

 

ですから、鯖缶を食べる時は
大根おろしやしそを付け合わせに
用意しておくと良さそうです。

 

3.一度に食べる量を減らす

 

単純ですが鯖缶を一度に食べる量を減らす
というのも胃もたれを予防する方法です。

 

1缶食べてしまうのではなく、
半分ずつ食べるようにすれば、
脂分の取りすぎが起こりにくくなりますし、
一度に取る脂の量も半分にできるので
胃もたれしにくくなります。

 

まとめ

 

今回は鯖缶を食べると胃もたれする理由や、
胃もたれしない鯖缶の食べ方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

鯖缶は脂分が多く普通に食べてしまうと、
胃もたれしてしまいやすいので、
脂を切ってから食べるようにしたり、
消化を助けてくれる大根おろしやしそなどと
一緒に食べるようにすると良さそうです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください