鯖缶でアニサキス症になる事はある?大丈夫か調べてみました!

栄養価が高く美容や健康に良い
という事で鯖缶がとても人気ですよね。
我が家でも鯖缶を買いだめしておいて、
何もない時は鯖缶を食べるという事も多いのですが、
鯖というと心配になるのがアニサキスの存在です。

 

何も鯖だけに限った話ではないのですが、
特に鯖はアニサキスがいる可能性が高い
と言われている魚なので、
「鯖缶を食べ続けているとそのうち
アニサキス症になってしまうのでは?」
と心配になってしまったんです。

 

そこで、鯖缶でアニサキス症になる事は
あるのかどうかについて調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回はこの事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

 

鯖缶でアニサキス症になる事はある?大丈夫か調べてみました!

 

魚に寄生するアニサキスですが、
知らずに食べてしまうと、
強い腹痛や嘔吐に襲われる
アニサキス症になってしまいます。

 

鯖は特にアニサキスに寄生されている
可能性が高いというふうに言われていますので、
注意しているという方も多いようですが、
鯖缶のように既に加工されていて
そのまま食べられるような状態になっていると、
つい何も気にせず口に運んでしまいがちで、
後から、「鯖缶ってアニサキスって大丈夫なの?」
と不安になってしまう方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、
アニサキスは缶詰の中では死んでしまうので、
鯖缶を食べる事でアニサキス症になる事は
ないので全く心配ありません。

 

ただ、鯖缶をよく見ると、
細い得体のしれないものが入っている事がありますが、
それがアニサキスの死骸である可能性もあるので、
もし、そうしたものが鯖缶に入っていた場合は、
食べないように取り除いた方が良いかもしれません。
死んでいるアニサキスであれば食べても問題ありませんが、
やはり気分的には良くないですからね。

 

これまで、よく分からない物体だなと
何も気にせず食べてしまっていたものが
まさかアニサキスの死骸だったかもしれないなんて
かなりショッキングな事実ですし、
これからいちいち取り除いて食べないと
いけなくなるなんて思うと知らないほうが
良かったかもなんて思ってしまいますね。

 

もし、気にしないで済むのであれば
実際なんの影響もないわけなので、
その方が楽かもしれません。

 

アニサキスの対策は以外と簡単

 

さて、缶詰めではアニサキスは
死んでしまうので鯖缶を食べて
アニサキス症になる事はないという事は
先程までにお話した通りですが、
実際の鯖などの魚を食べる場合には
事前にアニサキス対策をしておかないと
アニサキス症になってしまうかもしれません。

 

とはいえ、アニサキスの対策は以外と
簡単にできるので次にご紹介していきます。

 

1.ピンセットで取り除く

 

生魚を食べる前にはアニサキスが
いないかよく目視で確認して
万が一発見した場合はピンセットなどで
取り除くようにしましょう。

 

取り除いてしまえばアニサキス症に
なる心配はなくなります。

 

2.加熱する

 

アニサキスは60℃以上で1分以上加熱すれば
死滅させる事ができるので、
加熱調理すればアニサキス症になる心配はなくなる
というふうに言い換えることもできます。

 

アニサキスが心配で生食にこだわらないのであれば、
よく加熱調理して食べるのがおすすめです。

 

3.冷凍する

 

アニサキスはマイナス20℃以下で
24時間冷凍しても死滅させられますので、
例えば、1度冷凍してから食べるようにする
というのはアニサキス症を予防する対策としてとても有効です。

 

まとめ

 

今回は、鯖缶を食べてアニサキス症に
なってしまう可能性はあるのかどうか?
という事についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

 

缶詰めではアニサキスは死んでしまうため、
鯖缶を食べてアニサキス症になってしまう
という事はないので大丈夫なのですが、
生で食べるような場合はアニサキス対策を
してから食べるようにしないと危険なので、
特に注意が必要になります。

 

加熱調理されている場合や、
しっかり冷凍された鯖であれば、
いずれもアニサキスが死んでしまうため、
何も気にせず食べてしまったとしても
アニサキス症になる心配はありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください