冷蔵庫による床(フローリング)のへこみを防止する方法!【賃貸】

賃貸に住んでいる時は
できるだけ床や壁を傷つけないように…
と無意識に気を遣ってしまうものですが、
冷蔵庫を床に直置きしてしまうと
床(フローリング)にへこみが
できてしまう可能性があるので注意が必要です。

もちろん、賃貸でなくても床を傷つけたい
と思う人は誰もいないと思うのですが、
一体どうしたら冷蔵庫によって
床(フローリング)がへこんでしまうことを
防止することができるのでしょうか?

というわけで、今回は冷蔵庫による
床(フローリング)のへこみを
防止する方法をシェアしていきたいと思います。


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



冷蔵庫による床(フローリング)のへこみを防止する方法

私は以前賃貸のアパートに住んでいたことがあったのですが、
入居してから退居時のことを考えて
できるだけ傷をつけないように使おうと決めていました。

例えば壁にポスターを貼らないということや、
椅子の足にクッションをつけるなどして
物件に傷がついてしまうのを予防したのですが、
1つ問題になったのが冷蔵庫でした。

冷蔵庫はかなり重量があるので置いているだけで
床のフローリングがへこんでしまう場合があるため
注意が必要というのは知っていたんですが、
どうすれば床をへこませずに冷蔵庫を
置くことができるのかということは知りませんでした。

そこで、どうすれば冷蔵庫を置いても
床がへこまないのかということを調べてみたのですが、
割りと手軽な方法で床の凹み対策を
することができるということが分かりました。

それはどんな方法かというと、
冷蔵庫を置く部分にタイルカーペットを
敷き詰めておくという方法なんですが、
タイルカーペットを敷いておけば
冷蔵庫による床へのダメージを少なくすることができますし、
また音を吸収してくれる働きもあるので
冷蔵庫の動作音なども多少軽減してくれて
一石二鳥ということでした。

人気ランキング獲得!洗えるタイルカーペット

しかも、タイルカーペットはかなり手頃な
値段で手に入れることができるのも嬉しいですね。

ただ、タイルカーペットも強度がしっかりしたものを
選ぶようにした方が良いですね。
柔らかいと床まで冷蔵庫の重さが行ってしまい
へこんでしまう可能性がありますからね。

冷蔵庫による床のへこみは補修(修復)義務がある?【賃貸】

さて、ここまでは冷蔵庫による床(フローリング)の
へこみを防止する方法についてご紹介してきましたが、
万が一冷蔵庫をおいていた場所のフローリングが
へこんでしまった場合で賃貸の場合は退居時に
「床のへこみを補修してください」といわれてしまう
可能性もあるようです。

ただ、冷蔵庫を設置していたことでできてしまったへこみは
生活している限り経年により発生してしまう類のものなので
管理者の負担に該当する経年劣化となる可能性もあります。

ですから、もしも、冷蔵庫を設置していたことで
できてしまった床のへこみの補修を依頼された場合には
そうした補修(修復)義務はないのではないか
ということをしっかりと主張することで
余計な費用がかかってしまうのを防ぐことができるかもしれません。

実際、このように主張したことで、
フローリングの修復をせずに済んだという
ケースもあるようなので、
管理者側にいいくるめられて本来払わなくても良い
費用まで払わされてしまわないように気をつけたいですね。

ただ、だからといって床を傷つけて良い
ということにはならないので、
出来る限りきれいな状態で次の人に
引き渡すことができるようにしていた方が
退居時にすっきり出られるのではないかと思います。

まとめ

今回は冷蔵庫による床(フローリング)の
へこみを防止する方法などについて
ご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

賃貸に住まわれている場合には
床にへこみや傷をつけてしまわないように
予めいろいろと対策をしておいた方が
退去時の事を考えると安心だと思いますので
もしよければ参考にしてみてください。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする