冷蔵庫を長期間使わない時の保管方法!電源を落とすと壊れる?

「仕事の関係で海外に行くことになり、
3年ほど自宅を開けることとなり、
冷蔵庫を長期間使わない状態になるのですが、
このような場合はどのように
冷蔵庫を保管すれば良いのでしょうか?」

この方のように、
長期間冷蔵庫を使わない時、
どのように冷蔵庫を保管すれば良いのか
知りたいと思っている方も少なくないようです。

確かに、電源を入れっぱなしにしておくと
電気代がもったいないですし、
かといって電源を落として長期間放置すると
壊れてしまうのではないかというようなことが
脳裏をよぎってしまいますよね?

そこで、今回は冷蔵庫を長期間使わない時の
保管方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


冷蔵庫を長期間使わない時の保管方法

冷蔵庫を長期間使わない時には
どのように保管しておけば良いのでしょうか?

冷蔵庫を長期間使用しない場合には、
庫内を空っぽの状態にし電源を落とし、
庫内をしっかりと拭き掃除してから
さらに消毒用アルコールで拭きましょう。

そして、電源を落としてから3日ほどで
冷却器に付着していた氷が溶け切るはずですが、
その氷が溶けた水が蒸発皿に溜まっているはずなので、
その水すべて捨てて、蒸発皿を乾かしましょう。

ここまでの手順がすべて終了したら、
あとは冷蔵庫の扉を開けた状態にし
あとは長期間そのままの状態で保管します。

ちなみに、庫内には乾燥や脱臭効果のある
ものを入れておくようにすると良いでしょう。
冷蔵庫の中の湿度が高くなってしまうとカビなどが発生し
再び使い始めたい時に臭いが出てきてしまったりする
可能性があるためです(^_^;)

冷蔵庫の電源を長期間落とすと壊れる?

さて、ここまでは冷蔵庫を長期間使わない時の
保管方法についてご紹介してきましたが、
1つ補足をしておかなければならないことがあります。

それは、
「冷蔵庫の電源を長期間落とすと壊れる気がするのですが…?」
というちょっとした疑問です。

確かに、なんとなく冷蔵庫の電源を長期間落としている状態から
いきなり通電させると故障してしまうような感じもある気がします。

しかし、家電量販店などを見ても分かる通り、
そもそも冷蔵庫は電源が入っていない状態で
長期間店頭に並んでいたり、倉庫に保管されていたり
するわけなので長期間電源を落としていたからといっても
問題がないということが分かります。

ただ、長期保管前は冷蔵庫をきれいに掃除しておかないと
腐敗したりカビが生えてしまったりして
保管後に使用する際に困ってしまうことになりかねないので、
保管前の準備は絶対に怠らないことが大切ですし、
あまりにも長期間使用されていない冷蔵庫の場合には
金属部分が錆びてしまいそれによって電源を入れ直した際に
正常に動作しなくなってしまっているというような
ことも考えられますので注意しましょう。

まとめ

今回は冷蔵庫を長期間使わない時の保管方法などについて
ご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

事情があって家を長期間開けなければ
ならなくなってしまったような場合には
冷蔵庫をどうするのかということで
頭を悩ませてしまうこともあるかとおもいますが
そんな場合には今回の記事を参考にされてみてくださいね^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする