冷蔵庫の放熱に必要な隙間(スペース)は壁から何センチ?10㎝収納で活用!

冷蔵庫を設置する場合は
壁から少しはなさなければならないそうなんですが、
我が家ではそれを知らずこれまで
壁にピッタリと冷蔵庫をくっつけて
設置されてしまっていました(^_^;)

壁にピッタリとくっついていた方が
なんとなくシャキッとしたイメージだったんですが、
壁と冷蔵庫との間に隙間がないと
放熱が悪くなってしまうそうで
冷蔵庫に良くないそうなんです。

ただ、じゃあ壁と冷蔵庫の間の隙間は
どれくらいあければ良いのか?
ということを疑問に思ったので調べてみたのですが、
私と同じように冷蔵庫はどれくらい壁と
離して設置すれば良いのか疑問に
思われる方もいるかもしれないので
今回は備忘録として冷蔵庫と壁は
どれくらいあければ良いか
ということをシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



冷蔵庫の放熱に必要な隙間(スペース)は何センチ?

というわけで、
「冷蔵庫と壁がピッタリくっついていると
放熱が悪くなって冷えなくなったり
冷蔵庫に負担がかかってしまう」
ということを教えてもらったのは良かったんですが、
冷蔵庫と壁の間をどれくらいあければ
良いのかという事は聞き忘れてしまいました。

で、冷蔵庫と壁の隙間はどれくらいあければ良いか調べてみると
あるところでは「10センチくらい」と書かれていたり、
あるところでは「5センチ」だったり
またあるところでは「5ミリ」だったり…
と結構バラバラな感じだったんですよね(^_^;)

でも、こんな感じで冷蔵庫と壁の隙間を
どれくらい開けるのかいろんな意見があるのは
古い冷蔵庫ほど壁からしっかりと離して設置しないと
放熱することができなかったからのようですね。

古い冷蔵庫の場合は10センチくらい壁と
離して設置しないと放熱できなかったのですが、
今は5ミリでも放熱することができる
ように冷蔵庫も進化してきているので
新しい冷蔵庫を使っている人ほど
壁と隙間を離さなず設置してOKというわけなんですね。

で、どれくらい壁と離して設置すれば良いかは
実は冷蔵庫の取扱説明書に書かれてあるので
それを見て確認するようにしましょう。

ちなみに、最近の冷蔵庫では左右5ミリ以上
上は5センチ以上の隙間を空けるように推奨されている
機種が多くなっているようなので参考にしてみてください。

冷蔵庫の横のスペースは10㎝収納で有効活用!

さて、ここまでは冷蔵庫を設置する際に
壁とどれくらい離して設置すれば良いのか
ということについて書いたんですが、
冷蔵庫脇のスペースを有効活用しながら
隙間を十分にあけるなんて方法もあるんです。

それは何かというと、
10センチ収納というものを使うんですが、
つまり冷蔵庫の脇に超スリムな収納棚を設置して
いろいろなものをストックできる
スペースを確保しつつも
冷蔵庫と壁の間のスペースも
十分過ぎるくらい確保するというわけなんですね。

もちろん最近の冷蔵庫は壁から5ミリ離れていれば
問題はないとされているのですが、
やはりしっかりと離して設置しておいた方が安心感がありますし
10センチ収納を入れて場所の有効活用もできるのでおすすめです^^

・キッチンスリムラック(幅10cmハーフタイプ)

ちなみに、私はペットボトルやストックしている
缶コーヒーや缶ジュース、調味料などを
収納するのに使っていてとても重宝しています♪

まとめ

今回は冷蔵庫の放熱に必要な隙間は何センチ
なのかということについてや、
10㎝収納で冷蔵庫横の隙間を有効活用する
アイデアについてご紹介しました。

今の冷蔵庫は左右5ミリ以上離せばOKになっていますが、
10㎝収納を入れれば、冷蔵庫横の隙間が
大容量の収納スペースに早変わりしますし、
冷蔵庫の放熱の心配もなくなるので
個人的には収納スペースとして活用した方が
収納と放熱ができるので良いかなと思います^^

もしよければ参考にしてみてくださいね♪


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする