スープの保存!常温・冷蔵・冷凍の賞味期限の違いや、最適な保存容器

「なんか、今日はスープが食べたい…」
って思ってスープを作ると、
張り切り過ぎて一杯作ってしまい、
食べきれなくなってしまう事があるんですが、

そんな、余ったスープを保存する場合、
賞味期限は何日くらいなのでしょうか?

この事についてふと疑問に思ったので、
スープを常温・冷蔵・冷凍保存した場合の賞味期限や、
スープを保存するのに適した保存容器は何なのか?
ということについて調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も多いみたいだったので、

今回は、
スープを常温・冷蔵・冷凍保存した時の賞味期限の違いや、
スープを保存するのに適した保存容器は何か
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

スープの保存!常温・冷蔵・冷凍の賞味期限の違い

 

スープをたくさん作ってしまったから、
余った分を保存しておきたい…
という事って結構多いとおもいますが、

スープを常温保存する場合は
賞味期限は何日くらいなのでしょうか?

 

これは作るスープの種類や
季節によって異なるのですが、
涼しい季節であれば1日1回火入れ
(75℃以上で1分間過熱)する
という条件付きにはなりますが、
2~3日はスープを常温で保存できるでしょう。

また、夏場の暑い時期は常温保存は危険なので、
夏場の常温保存は避けてください。

 

次に、冷蔵庫でスープを保存する場合ですが、
冷蔵庫でスープを保存する場合は、
3日から1週間が賞味期限の目安になります。

常温保存するのと違い冷蔵庫に入れると
細菌の繁殖を抑えられるので、
常温保存より多少長く日持ちさせる事ができます。

 

そして、最後冷凍庫でスープを冷凍保存する場合ですが、
スープを冷凍保存した場合、
賞味期限の目安は3週間
になります。

作ってから3週間後にスープを食べる…
なんて事はそうそうないと思いますが、
長期間スープを保存したい場合は
冷凍保存すれば3週間は日持ちさせられるので、
もしよかったら参考にしてみてください。

 

スープを冷蔵保存するのに最適な保存容器は鍋ごと!

 

スープを冷蔵庫で保存する場合は
鍋ごと冷蔵庫で保存してしまう
というようにするのがおすすめです。

これはなぜかというと、
鍋のまま保存しておけば、
いちいち小分けしたりする手間がないですし、

食べる時に食べる分だけ
スープマグに移して電子レンジなどで
温めるようにした方が、
食中毒の予防に効果的だからです。

 

なので、スープを冷蔵保存する場合は、
取っ手が取り外せてタッパーになる鍋を
持っておくととても便利でしょう。

取っ手が取り外せないと、
冷蔵庫に入れた時に邪魔になってしまいますからね。

 

スープを冷凍保存するのに最適な保存容器

 

では、スープを冷凍保存する場合には
どのような保存容器を使うと良いのでしょうか?

スープの冷凍保存する場合は、
次の2つの保存容器を使用すると良いと思いますが、
スープは冷凍するとやや体積が膨張しますので、
容器の8割くらいの量を入れ冷凍保存すると良いでしょう。

また、スープを冷凍保存する際に
最適な保存容器はタッパーになります。

タッパーは密閉性に優れているので、
スープのような液体を保存しても
中身がこぼれにくいというメリットもありますが、

中に何が入っているかひと目で分かり、
側面には容量の目盛りがついているので、
どのくらいの量が入っているのかも分かり、

また、そのまま電子レンジで
チンすることができるので、
スープの冷凍保存に便利です。

 

まとめ

 

今回は、
スープを常温・冷蔵・冷凍保存した際の
賞味期限の違いについてや、
スープを保存するのに適した保存容器は
どんなものなのかということについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

スープは手軽にたくさん野菜が取れたり、
いろいろアレンジしやすいので、
毎日のように作る方も多いかもしれませんが、

スープが余ってしまった場合は、
食べ切れる日にちから逆算して、
保存方法を決めるようにすると良いと思います。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください