冷蔵庫の側面が熱い!冷えないのは故障?マグネットの影響はある?

わたしたちの生活になくてはならない家電は
今やたくさんありますが中でも重要度が
高いのは「冷蔵庫」ではないでしょうか?

今回はそんな冷蔵庫に関する疑問について
ご紹介していきたいと思うのですが、
それはどんな疑問かというと…

「冷蔵庫の側面が熱いんですが、
これって故障してしまったのでしょうか?
ちなみにマグネットをたくさんつけているのですが
磁石の影響は考えられるのでしょうか?」

というものです。

それでは、早速この疑問について解説していきます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



冷蔵庫の側面が熱い!故障が原因なの?

ふと冷蔵庫の側面を触ってみたら結構熱くて
ビックリしてしまったという方は多いようです。

「こんなに側面が熱くなっていたら
庫内の食品へ影響があるのでは?」

と不安になってしまうところだと思いますが、
実は冷蔵庫の側面が熱くなるのは
正常なことなので問題ありません。

そもそも、冷蔵庫はどのような原理で
庫内を冷却しているのかというと
冷媒が気化するときに熱を奪うメカニズムを
利用することで冷却をしていますが、
冷蔵庫ではこの冷媒を何度も繰り返し使用するために
気化した冷媒をコンプレッサーで圧縮し
再び液体に戻すということをしています。

冷媒が液体に戻るときには熱が発生しますが、
この熱は冷蔵庫の外側の部分、
つまり機種によっては側面のところで
放出されるようになっているために
冷蔵庫の側面が熱くなるということが起こるわけなのです。

ですから、冷蔵庫の側面が熱いからといって
「故障してしまったのでは?」とすぐに
思われる必要はないといえます。

ですが、

  • 冷蔵庫が冷えない
  • やけどするほど冷蔵庫の側面が熱い

というような場合には、
故障してしまった可能性が高いので、
早めに修理や買い替えを検討した方が良いと思います。

冷蔵庫の側面が熱い!マグネットの影響はある?

さて、冷蔵庫の側面が熱くなっている場合に
マグネットが何か影響しているのではないか
というふうに予想される方も多いようです。

確かに冷蔵庫のスペースはマグネットでいろいろ
ペタペタ貼り付けることができて便利ですが、
あまりにもたくさんマグネットをつけていると
流石に何か影響が出てきてしまいそう…
と思ってしまいます。

先程もお話しましたが、
冷蔵庫は側面もしく後方から熱を放出するように
設計されているので熱を放出する
放熱器周辺にマグネットをつけたり、紙で覆う、
壁とのスペースが狭いなどをしてしまうと

熱の放出が悪くなり電気代が上がる場合があるようです。

しかし、だからといって冷蔵庫が故障してしまうか
といわれればそのような心配はほとんどありません。

ですが、故障しないからといって
冷蔵庫の放熱器周辺にマグネットをつけたり
メモやポスターを貼り付けるなどの行為は
しない方が無難といえますね。

結論・まとめ

今回は冷蔵庫の側面が熱い場合に考えられる原因や
マグネットは影響しているのかということなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

冷蔵庫の仕組みを理解すると熱が発生するのは
ごく自然なことなので、
冷蔵庫の側面が熱い=故障というわけではないということですね。

ただ、異常に熱いとか冷蔵庫が冷えないというような
場合には本当に故障してしまっている可能性もあるので
状態を冷静に見極められるようにしましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする