洗濯機や冷蔵庫を軽トラで運ぶ方法!固定のやり方と載せ方の注意点!

引っ越しをする時、
軽トラを持っていたり借りれたりすると、
冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電を
載せて運ぶ事ができるので、
引っ越し屋さんに頼まなくても
引っ越しする事ができますが…

冷蔵庫や洗濯機のような家電を
軽トラに積んで運びたいと思った時、

「どうやって冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運んだら良いの?」

と、疑問に思ってしまう方も
少なくないようです。

そこで、今回は、冷蔵庫や洗濯機を
軽トラで運ぶ方法や注意点について調べたので
この事についてみなさんにシェアしていきたいと思います^^

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ方法!

 

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで
運ぶにはどのようにしたら良いのでしょうか?

この事について疑問に思っている方も
少なくないようですが、

冷蔵庫や洗濯機を軽トラをで運ぶ際
まず、重要なポイントになるのが…

  1. 毛布でくるんで載せる
  2. 寝かせないで軽トラの荷台に載せる
  3. ロープをかけしっかり固定する

という3つになります^^

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ際は、
とりあえず、この3つのポイントを
守って軽トラに載せて運ぶようにすれば、
目的地まで安全に運べるので、
まずはこのポイントを押さえておきましょう。

そして、続いて、
冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ際の
注意点についてご紹介していきたいと思います^^

 

冷蔵庫や洗濯機を軽トラに載せて運ぶ時の注意点

 

ここまでは、
洗濯機や冷蔵庫を軽トラで運ぶ方法
についてご紹介しましたが、

ここからは、
冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ時に
知っておきたい注意点について
いくつかご紹介していきたいと思います。

 

注意点1・横倒しで載せるのはNG

 

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで
運ぶ際の注意点の1つ目は…
横倒しにして載せず縦にして載せる
ということになります。

冷蔵庫や洗濯機は一見すると
横倒しにした方が安定して載って
安全に運搬できそうな気がするかもしれませんが、

横倒しにして載せてしまうと、
冷蔵庫も洗濯機も故障する原因となるので、
軽トラに載せる際は普段使っているのと同じように
縦にして荷台に載せるようにしてくださいね。

・洗濯機を横倒しで運んではいけない理由

 

2・冷蔵庫は中身を使い切り事前に水抜きしておく

 

注意点の2つ目は冷蔵庫限定の話しになりますが、

冷蔵庫を軽トラで運ぶ場合は、
冷蔵庫の中身を使い切るようにし、
製氷機能を引っ越しにの2日前にはOFFにし
製氷皿の氷をすべて捨てます。

また、製氷皿のまわりに霜が付着している場合は、
冷蔵庫の電源を落とし霜取りを行う必要があり、
また冷蔵庫下に蒸発皿があり取り外して
水を捨てる事ができるようになっている場合は、
軽トラに載せる前に水を捨てておくようにしましょう。

 

3・運転席側にくっつけてロープで固定する

 

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで
運ぶ際の3つ目の注意点は、
運転席側にくっつけるように載せて
ロープでしっかり固定するようにする
ということになります。

軽トラの荷台に洗濯機や冷蔵庫を載せる場合は、
運転席側にぴったりとくっつけるような形で載せ
ロープで固定する事が大切です。

もし、そうしないと、
運搬中に冷蔵庫や洗濯機が
倒れたり、荷台から落ちたりして、
冷蔵庫や洗濯機が壊れたり、
路上に落ちて迷惑をかけてしまう
ということになりかねません。

・軽トラの荷物をロープで固定する方法

 

4・長距離運搬する場合は時々ロープを確認する

 

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで
運搬する際の4つ目の注意点は、

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで
長距離運搬する場合は、
時々ロープがゆるんでいないか
確認するようにする
ということになります。

しっかりロープで固定していたとしても、
長距離運搬する場合だと運搬中に
ロープがゆるんでしまう事があり危険なので、
定期的にロープがゆるんでいないかどうか
確認しながら安全に運搬できるよう
配慮するようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は軽トラで冷蔵庫や洗濯機を運ぶ方法
などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ場合は、
毛布でしっかりくるんで、
ロープでがっちり軽トラに固定して、
慎重に運転して運搬すれば、
無事目的地に到着できると思います。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください