洗濯機や冷蔵庫を軽トラで運ぶ方法!固定のやり方と載せ方の注意点!

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで
載せて運ぶ事はできるのでしょうか?

以前私はこんな疑問を
持ったことがあったのですが、

私と同じように洗濯機や冷蔵庫を
自分で運びたいと考えている方も
少なくないようです^^

なので、今回は、
冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ方法!

さて、冷蔵庫や洗濯機を軽トラで
運ぶにはどのようにしたら良いのでしょうか?

まず、重要なポイントになるのが…

  1. 毛布でくるんで載せる
  2. 寝かせないで軽トラの荷台に載せる
  3. ロープをかけてしっかり固定する

この3つになります^^

とりあえず、
この3つのポイントさえ守って
軽トラに載せるようにすれば、
目的地まで安全に運べると思います。

また、軽トラの荷台に
洗濯機や冷蔵庫を載せる場合は、
運転席側にぴったりと
くっつけるような形で載せ
ロープで固定する事が大切です。

そうしないと、
ブレーキをかけた際に、
冷蔵庫や洗濯機が前に倒れて傷がついたり
衝撃で故障する可能性があるので注意してください。

・軽トラの荷物をロープで固定する方法

冷蔵庫や洗濯機を軽トラに載せて運ぶ時の注意点

ここまでは、
洗濯機や冷蔵庫を軽トラで運ぶ方法
についてご紹介しましたが、

ここからは、
冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ時に
知っておきたい注意点について
いくつかご紹介していきたいと思います。

1,横倒しで載せるのはNG

まず、1つ目の注意点になるのが、
冷蔵庫や洗濯機は横倒しにして載せてはいけない
ということになります。

横倒しにした方が載せやすいですが、
横倒しで載せてしまうと、
冷蔵庫も洗濯機も運搬中に故障してしまう
リスクが高まってしまうことになりますので、
必ず普段使っているように立てた形で
軽トラの荷台に載せるようにしてください。

・洗濯機を横倒しで運んではいけない理由

2,冷蔵庫は半日前にコンセントを抜いておく

2つ目の注意点は…

冷蔵庫を運搬する場合は、
半日前にはコンセントを抜いて
運搬中に水が流れてこないよう
霜取りと排水をしておく
ということになります。

また、冷蔵庫の中身も、
運搬前に使い切れるように
しておくと良いですね。

3,長距離運搬する場合は時々ロープを確認する

3つ目の注意点は、
長距離運搬する場合は、
時々ロープがゆるんでいないかどうか確認する
ということになります。

ロープでしっかり固定して出発しても、
移動中の振動で徐々にロープがゆるんでしまい、
軽トラから落ちてしまうなんて事も考えられるので、

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運搬する場合は、
時々、ロープでしっかり固定できているか
確認して安全に運べるようにしましょう。

まとめ

今回は軽トラで冷蔵庫や洗濯機を運ぶ方法
などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

冷蔵庫や洗濯機を軽トラで運ぶ場合は、
毛布でしっかりくるんで、
ロープでがっちり軽トラに固定して、
慎重に運転して運搬すれば、
無事目的地に到着できると思いますよ。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする