冷蔵庫の処分のリサイクル料金【ヤマダ電機・エディオン・ケーズデンキ】

冷蔵庫は家電製品の中でも大きな部類のものなので、
買い換える際などには古い冷蔵庫の処分方法も
しっかりと検討しておく必要があると思いますが、
多くの場合、大手家電量販店などに依頼して
引き取ってもらうのではないでしょうか?

今では、リサイクル法が制定されているので、
家電製品の処分にはリサイクル料金がかかりますが
冷蔵庫の場合にはどれくらいの費用が必要となるのでしょうか?

ということで、今回はヤマダ電機やエディオン、
ケーズデンキなど各大手家電量販店が提示している
冷蔵庫のリサイクル料金などを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


冷蔵庫の処分!リサイクル料金はいくら?【ヤマダ電機・エディオン・ケーズデンキ】

リサイクル法が制定されたことで、
家電製品の処分には「リサイクル料金」を
支払わなければならなくなっていますが、
冷蔵庫を処分する際に必要なリサイクル料金は
いくらとなるのでしょうか?

これは、2パターンあって、

  1. 170L以下の冷蔵庫…3,672円(税込み)
  2. 171L以上の冷蔵庫…4,644円(税込み)

となります。

なので、まずこのリサイクル料金に関しては
どこに持ち込んだとしても変わらないことになりますね。

では、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキなど
大手家電量販店に処分を依頼したとして、
処分にかかる費用に差が出てしまうのでしょうか?

というわけで、それぞれの家電量販店が提示している
処分費用を比較してみたいと思います。

■ヤマダ電機

  • リサイクル料金+収集運搬料(1,080円)

■エディオン

  • リサイクル料金+収集運搬料(1,080円)+出張費(2,160円※)
    ※商品購入時にリサイクル回収を申し込めば無料

■ケーズデンキ

  • リサイクル料金+収集運搬料(1,080円)

ということで、どの家電量販店に依頼したとしても
そこまで冷蔵庫の処分にかかる費用は変わらないということが分かりました。

もちろん、ここにご紹介したのは一例で、
マンションの上層階にあるというような場合は
収集運搬料が割増になるという可能性もあるので
依頼する際には直接問い合わせて確認するようにしてくださいね^^

ただ、どの家電量販店に頼んでも処分費用が変わらないとするならば
冷蔵庫本体の購入代金が安いところが最もお得ということになるので、
事前にいろいろなお店を見て回って値段を確認すると良いかもしれません。

ちなみに、冷蔵庫の買い替えでなく単に
古い冷蔵庫の処分を依頼するだけである場合には
先程ご紹介した費用以外に手数料が発生する場合が
多いので2,000~3,000円程度高くなるでしょう。

まとめ

今回は冷蔵庫の処分に必要なリサイクル料金は
いくらなのかということについて
各家電量販店が提示している費用を参考にしてご紹介しました。

基本的にはどこに冷蔵庫の処分を依頼したとしても
同じくらいの費用がかかってしまうことになるので、
どこに依頼するかはあまり重要なことではなさそうです。

それよりも、製品の値段やアフターケアが
充実しているかどうかで冷蔵庫の買い替えを検討し、
それにともなって古い冷蔵庫の処分もお願いする
というのが賢い考え方になるでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする