【冷蔵庫】パーシャルとチルドの違いとは?それぞれの使い方を解説!

冷蔵庫の「パーシャル」と「チルド」って
一体何が違うのでしょうか?

みなさんは、
この質問に答えられますでしょうか?

我が家では、パーシャルとチルドを
切り替えられるタイプの冷蔵庫を使っていたのですが、
「そもそも、パーシャルとチルドって何?」
という感じだったので、

ふと、「パーシャル」と「チルド」の
違いについて気になって調べてみたのですが、

調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、冷蔵庫のパーシャルとチルドの違いや、
パーシャルとチルドの使い方などについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

【冷蔵庫】パーシャルとチルドの違いとは?

 

パーシャルとチルドの違いは一体何なのでしょうか?

この事について疑問に思っている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと、
パーシャルは「約-3℃」、チルドは「約0℃」と
それぞれ設定温度が違います。

このパーシャルとチルドの温度は
日本工業規格(JIS)によって定められているので
どの冷蔵庫でも設定温度は一緒です。

ちなみに、
冷蔵室は「約5℃」、冷凍室は「-18℃」と
定められているので、
パーシャルとチルドは冷蔵室と冷凍室の
設定温度の中間温度ということになりますね。

 

では続いて、
パーシャルとチルドはどのようなものを
保存するのに適しているのか?など
使い方についてご紹介していきたいと思います

 

【冷蔵庫】パーシャルとチルドの使い方を解説

 

ここからはパーシャルとチルド、
それぞれに適した使い方について
ご紹介していきたいと思います。

 

パーシャルの使い方

 

設定温度が-3℃のパーシャルは
パーシャルフリージングの略になりますが、
パーシャルは肉や魚介類など、
解凍状態で保存するといたみやすい食材を
保存するのに適しています。

パーシャルは肉や魚介類を微凍結状態で保存するため、
肉や魚介類が長持ちするだけでなく、
完全に冷凍状態になっているわけではないので、

食材を使う時解凍する必要がないため
解凍によって起こるおいしさの低下もありません。

ちなみに、
パーシャルで肉や魚介類を保存すると、
1週間くらい保存することができるので、
1週間以内に使う肉や魚は、
パーシャルで保存しておくようにすると良いでしょう。

 

また、鶏肉をパーシャルで保存しておくと、
パーシャルから取り出して包丁で切る時、
鶏肉の皮が微凍結状態になっているので、
皮がグニュグニュずれないので切りやすかったり、

パーシャルで保存した食材は、
完全に冷凍されているわけではないため、
例えば、刺し身を半分だけ出して
そのまま食べるという使い方も可能です。

 

■チルドの使い方

 

設定温度が約0℃のチルドは、

  • 発酵食品(みそ・納豆)
  • 乳製品(ヨーグルト・生クリーム)
  • 練り食品(ちくわ・魚肉ソーセージ)
  • 漬物(キムチなど)
  • 生うどん・もやし

など、凍らせずに保存しておきたい食材を
保存しておくのに適しています。

納豆やヨーグルト、キムチなどは、
発酵が進んでいってしまう事で、
味が変わってしまう食品の代表例ですが、

チルドで保存するようにすれば、
凍る寸前の温度で保存できるため、
発酵を最大限遅らせる事ができ
長期間の保存が可能になります。

 

まとめ

 

今回は、「パーシャル」や「チルド」の違いや
パーシャル、チルドそれぞれに適した使い方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

どちらも、
冷蔵室と冷凍室の中間の設定温度になりますが、
パーシャルは食品を微凍結状態にする-3℃、
チルドは食品を凍る寸前の0℃で保存するため、
それぞれ保存に適した食品が異なります。

ちなみに、チルドしかないという場合は、
パーシャルの代わりに使うと良いようです。
(この場合はパーシャルよりも
早めに食材を使い切るようにしてくださいね)

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください