【冷蔵庫】飲み物が冷えるまでの時間の目安!即効で冷やす方法!

夏の暑い日は冷蔵庫で飲み物を
キンキンに冷やしてからグイッと飲むと
より一層美味しく感じられますが、

冷蔵庫に飲み物を入れてから
キンキンに冷えるまでの時間は
どれくらいかかるのでしょうか?

先日、冷えていない缶ジュースを箱買いしてきて
冷蔵庫に詰めている時この事を疑問に思ったので、
冷蔵庫で飲み物が冷えるまでの時間
について調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、冷蔵庫で飲み物が冷える時間や、
速く飲み物を冷やす事ができる方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



【冷蔵庫】飲み物が冷えるまでの時間の目安!

全く冷えていない常温の飲み物を
冷蔵庫に入れて冷やし始めた場合、
キンキンに冷えるまでにかかる時間は
どれくらいなのでしょうか?

この事について疑問に思っている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと、
飲み物が冷蔵庫で冷えるまでにかかる時間は、
飲み物の容量や容器の材質にもよりますが
4~5時間ほどかかってしまいます。

なので、常温の飲み物を冷蔵庫で冷やす場合、
かなり待たないと美味しく飲めない…
ということなんですね(^_^;)

また、冷蔵庫の温度設定が弱になっている場合は、
冷えるまでの時間が長くなってしまうので、
夏場であれば冷蔵庫の温度設定を「中」、
それ以外の季節であれば「強」に
設定しておくと良いでしょう。

どうして夏場に冷蔵庫の温度設定を
「強」にしないかというと、
冷蔵庫に霜が発生しやすくなって、
逆に冷えにくくなってしまう可能性があるからです。

・【冷蔵庫】夏と冬で強弱を変えるべき理由とは?

飲み物を即効で冷やす方法2つ

ここまでは、
冷蔵庫で飲み物が冷えるまでの時間は
どれくらいかかるのか?
ということについてご紹介しましたが、

「4~5時間も飲み物が冷えるまで待てない!」
という方もいらっしゃると思うので、

ここからは、飲み物を即効で冷やす事ができる
2つの方法についてご紹介していきたいと思います^^

方法1・濡れキッチンペーパー作戦

飲み物を即効で冷やす方法の1つ目は、
濡らしたキッチンペーパーを飲み物に巻き付けて
冷蔵庫で冷やすという方法になります。
(※この方法は缶に入っている飲み物に効果的です)

このように濡らしたキッチンペーパーで
飲み物をくるんで冷蔵庫で冷やすようにすると、
最短で10分、長くても30分ほどで
しっかり飲み物が冷えてくれるはずです。

■濡れキッチンペーパー作戦の手順

  1. キッチンペーパーを水でよく濡らします
  2. 飲み物(缶)をまんべんなくくるんで冷蔵庫へ
  3. 最短10分くらいで冷えてくれます

では、なぜ濡らしたキッチンペーパーで
飲み物をくるんで冷蔵庫に入れると
速く飲み物が冷えるようになるのでしょうか?

それは、
濡れたキッチンペーパーを巻きつける事で
気化熱が発生するためです。

人間が汗をかいて体温を下げるように、
水分が蒸発する際には熱を奪っていく作用があるので、
濡れたキッチンペーパーで飲み物をくるむと
速く冷やす事ができるようになるというわけなんですね。

方法2・塩+氷水作戦

飲み物を即効で冷やす方法の2つ目は、
「塩+氷水」で超冷たい氷水を作って
飲み物を冷やすという方法になります。

水の融点は0℃ですが、
塩を入れるとこの融点温度が
マイナス10℃くらいになるので、

水に氷と塩を入れて超冷たい氷水を作って、
その中に飲み物を入れてくるくる回転させると
あっという間にキンキンに冷えた
飲み物にすることができるのです。

この方法はペットボトルでも缶でも使える方法で
一気に何本も飲み物を冷やしたい
という場合に効果的な方法になりますので、
もしよかったら参考にしてみてください。

・冷蔵庫で氷ができるまでにかかる時間はどれくらい?

まとめ

今回は、冷蔵庫で飲み物が
冷えるまでにかかる時間の目安や、
飲み物を即効で冷やす方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

常温の飲み物をそのまま冷蔵庫で冷やすには
4~5時間ほどかかってしまうので、
冷たい飲み物が欲しい季節は、
早めに冷蔵庫に飲み物をたくさん入れて
冷えた飲み物を切らさないように
気をつけると良いかもしれません。

ただ、すぐに飲み物を冷やしたい…
という場合は今回ご紹介した、

  1. 濡れたキッチンペーパー作戦
  2. 塩+氷水作戦

を使うと速く飲み物を冷やす事ができるので、
もしよかったら参考にしてみてください。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする