【冷蔵庫】飲み物が冷えるまでの時間とは?即効で冷やす方法!

ぬるいと美味しくない飲み物ってたくさんありますが、
そうした飲み物は冷蔵庫でギンギンに冷やしてから
グイッと飲み干していきたいものですよね^^

さて、そこでなんですが、
飲み物を冷やすために冷蔵庫に入れた場合、
飲み頃まで冷えるまでにかかる時間は
一体どれくらいになるのでしょうか?

そんな素朴な疑問を持っている方が
私以外にもたくさんいらっしゃるみたいなので、
今回はこれについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


冷蔵庫に入れた飲み物が冷えるまでの時間はどれくらい?

冷蔵庫に入れた飲み物が冷えるまでに
かかる時間はどれくらいなのでしょうか?

ちょっとした疑問ではありますが、
飲み物をベストな状態で飲むために
ぜひとも把握しておきたい知恵ではないでしょうか?

というわけで、これについて調べてみたところ、
5時間くらいで飲み物がしっかり冷えた状態になる
ということのようでした。

なので、飲み物を冷蔵庫に入れたら、
そこから5時間我慢して飲めば
ギンギンに冷えた最高の状態でグイッと
飲むことができるというわけですね♪

ただ、冷蔵庫の温度設定を強に変えたりすれば
より早く飲み物が冷える可能性もあるので、
そこはお使いの冷蔵庫に冷えていない
飲み物を入れてみて時間ごとの冷え具合を
面倒かもしれませんがチェックされてみてください。

ただ、冷蔵庫の温度設定を夏場「強」にすると
霜が大量発生して冷蔵庫が冷えなくなってしまう
なんてことが起こりやすくなりますので、
温度設定を変更する際には次の記事も
チェックされて適切な使用をされることをおすすめします^^

・【冷蔵庫】夏と冬で強弱を変えるべき理由とは?

飲み物を即効で冷やす方法

さて、ここまでは冷蔵庫に入れた飲み物が
冷えるまでにかかる時間の目安について
ご紹介してきましたが、
ここからは飲み物が冷えるまで待ちきれないけど
冷えた飲み物が飲みたい・必要という場合に
重宝する飲み物を即効で冷やす方法についてご紹介します。

1,濡れキッチンペーパー作戦

  1. キッチンペーパーを水でよく濡らします
  2. 飲み物(缶)をまんべんなくくるんで冷蔵庫へ
  3. 最短10分くらいで冷えてくれます

このように濡れたキッチンペーパーを
飲み物の缶にまきつけて冷蔵庫で冷やすと
非常に早く冷えてくれるので
ぜひ試してみてほしいと思うのですが、
どうして濡れたキッチンペーパーを巻きつけると
早く冷えるようになるのかというと、
「気化熱」が発生してくれるからです。

人間が汗をかいて体温を下げるように、
水分が蒸発する際には熱を奪っていく作用があるので、
その原理を濡れたキッチンペーパーで
人工的に作り出すという単純ですが、
なんとも科学的な方法となります^^

2,塩+氷水作戦

さて、濡れキッチンペーパー作戦では缶の
飲み物には効果てきめんなのですが、
ペットボトルの飲み物となると
少し効果が薄れてしまうので、
そんな場合には「塩+氷水作戦」がおすすめです。

氷が水に変わるのは0度となっていますが、
塩を入れることでこの氷が水に変わる「融点温度」が
なんとマイナス10℃くらいにすることができるので、
塩を入れた氷水に飲み物を入れて冷やすようにすれば
非常に早く冷やすことができます。

・冷蔵庫で氷ができるまでにかかる時間はどれくらい?

まとめ

今回は冷蔵庫に入れた飲み物が冷えるまでに
かかる時間の目安や即効で冷やす方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

冷えた飲み物を飲むためには待つか、
一手間をかけるかしないといけないようですが、
いずれにしてもぬるいまま飲むよりも
ずっと美味しく飲むことができるようになるので、
冷やした方が美味しい飲み物はしっかりと
冷やしてから飲むようにしたいですね(笑)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする