冷蔵庫は夏と冬で強弱を変えるべき?電気代をお得にする温度調節方法!

冷蔵庫の温度調節機能を上手く活用すれば
電気代の節約につなげることができますが、
正しい使い方をしないと中の冷蔵物の鮮度が
悪くなってしまうということが起きたり
してしまう原因にもなりかねません。

そこで、今回は夏や冬で冷蔵庫の強弱はどのように
帰るべきなのかということについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


冷蔵庫は夏と冬で強弱を変えるべき?

冷蔵庫は夏と冬で温度調節の強弱を変えるべきなのでしょうか?

夏の暑い季節だと「強」にして冷えるようにし、
冬の寒い季節では「弱」の設定で問題ないと
考えている人も多いようなのですが、
実はこれは間違った考え方のようです。

というのも夏場冷蔵庫の温度設定を「強」にしてしまうと、
霜がつきやすくなってしまい結果的に冷えなくなってしまう
という現象が起こりやすくなってしまうからなのです。

日本の夏は湿度が高いので設定を「強」にすると
ちょっとドアを開けていただけで
霜ががっつりなんてこともあり得ますよね。

・冷蔵庫に霜がつくメカニズムとは?

なので、夏場は冷蔵庫の温度設定を「強」にするのではなく
「中か弱」に設定した方がよいということになるのです。

一方で、冬場のような寒い季節であれば、
温度設定を「強」にするとしっかりと
庫内の温度を冷やすことができるので
鮮度を保ちたいものが入っている場合などは
非常に有効であると思います。

また、冷蔵庫の種類によっては「冬専用」の
温度設定がある場合もありますので、
ついている場合には利用されると良いでしょう。

電気代をお得にする冷蔵庫の温度調節方法

さて、冷蔵庫は家電の中でも電気代をたくさん
消費する部類のものなので使い方を少し工夫するだけで
結構な電気代を減らすことができたということも少なくありません。

というわけで、ここからは電気代をお得にする
冷蔵庫の温度調節方法についてご紹介していきたいとおもいます。

1,弱をできるだけ使う

冷蔵庫の温度設定で最も節電効果が高いのが「弱」です。

つまり「弱」を使っていれば電気代が最も
少ないかたちで冷蔵庫を使うことができます。

また、弱だと霜が付着しづらくなるので
霜によって冷蔵庫が冷えなくなる
というようなこともほとんどないというメリットもあります。

なので、弱で充分な場合には温度設定を
弱にすると良いとおもいます。

2,ドア開閉時間を短くする

冷蔵庫はドアの開閉を行った際に庫内の温度が上昇し
それによって冷やす力が必要となり
電気をたくさん消費する必要が出てきてしまいます。

なので、出来る限りドアの開閉時間を短くすることが大切です。

庫内の温度が上がらなければ、
再び冷やすために必要なエネルギーは
それほど必要ないので節電になります。

3,冷蔵庫にものをつめ込まない

冷蔵庫にぎゅうぎゅうにものが入っていると
弱などの設定では充分に冷えなくなってしまいます。

すると、必然的に中や強といった温度設定を
使用することになるので電気代も増えてしまいます。

できれば冷蔵庫や冷凍庫の中にはものをつめ込まないで
多少スペースが開いているようにしましょう。

・冷凍庫もつめ込み過ぎない方が良い理由とは?

まとめ

今回は冷蔵庫の温度調節を夏や冬にどのように
強弱を変えるべきなのかということや
電気代をお得にするための方法についてご紹介しました。

夏場は温度設定を強にしてしまうと霜がついて
かえって冷えなくなってしまう場合があるので
温度設定は中くらいにしておいて、
庫内の温度が上がらないようにし、
霜が付着してしまわないようにすることが大切みたいです^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする