【冷蔵庫】夏と冬の温度設定(強・中・弱)の正しい切り替え方!

みなさんは夏や冬など季節によって
冷蔵庫の温度設定を切り替えていますでしょうか?

冷蔵庫のドアを開けると目に付きやすい場所に、
温度設定のつまみやボタンがありますが、
この冷蔵庫の温度設定機能の正しい使い方について
疑問に思っている方も少なくないようです。

冷蔵庫の温度設定を季節によって
うまく変えるようにすれば、
電気代が節約できるだけでなく、
食品の鮮度も長持ちさせる事ができるので、
今回は、冷蔵庫の温度設定の
正しい切り替え方について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

【冷蔵庫】夏と冬の温度設定(強・中・弱)の正しい切り替え方!

 

冷蔵庫の温度設定は夏と冬で切り替えた方が良いよ…
という話を耳にした事がある方も多いと思いますが、
「どう温度設定を切り替えれば良かったっけ?」
と、ド忘れしてしまう方も少なくないようです。

冷蔵庫の温度設定の正しい切り替え方は、
夏は中もしくは強、冬は弱もしくは中に設定する
ということになります。

一昔前の冷蔵庫は夏場温度設定を強にすると、
冷却器に霜が大量発生して庫内が冷えなくなってしまう…
という現象があったので夏場は中もしくは弱に設定し、
逆に冬は強に設定した方が良かったのですが、

最近の冷蔵庫は霜取りも自動でしてくれますし、
また温度も自動で調節されるようになっているので、
外気温が高い夏場は温度設定を下げ(強~中)にし、
外気温が低い冬場は温度設定を上げる(中~弱)と、
最もムダがなく食材を冷やす事ができます。

ただ、夏場部屋でエアコンをつけていて、
室内温度が低いのであれば冷蔵庫の
温度設定を上げる必要はありませんし、
冬場ヒーターを使って部屋の温度が高ければ、
逆に温度設定を下げなければ冷えが悪くなってしまいます。

ですから、冷蔵庫の温度設定は、
外気温が高い場合は強めに設定し、
外気温が低い場合は低めに切り替える
というのが良い使い方なんですね。

ただ、あまりにも細かく切り替えるのが面倒…
というような場合はずっと「中」に
設定しておくのも1つの方法になります。

・冷蔵庫に霜がつくメカニズムとは?

 

また、冷蔵庫の目安の温度を見ていくと…

  • 冷蔵室 … 約2℃ ~ 6℃
  • 冷凍室 … 約ー20℃ ~ ー18℃
  • 野菜室 … 約3℃ ~ 7℃

となっているので、
冷蔵庫の中に温度計を設置して、
庫内の温度を見られるようにしておくと
温度設定を上手に切り替えやすくなり
いつも冷蔵庫を適温で使用できるようになるでしょう。

・冷蔵庫用温度計

 

電気代がお得になる冷蔵庫の温度調節方法

 

ここまでは、
夏や冬での冷蔵庫の温度設定の
正しい切り替え方について
ご紹介しましたが、

ここからは、冷蔵庫の電気代がお得になる
冷蔵庫の温度調節方法について
ご紹介していきたいと思います。

 

1,弱を使える時は弱に設定する

冷蔵庫の温度設定の中で最も
電気代の消費が少ないのが「弱」になるので、
「弱」で十分食材が冷える冬場や、
エアコンで室温が低い時などは
冷蔵庫の温度設定を「弱」にしましょう。

 

2,ドア開閉時間を短くする

冷蔵庫はドアの開閉を行う際に、
部屋の温かい空気が庫内に入り、
庫内の温度が上昇してしまうため、
ドアの開閉時間を短くすると
冷蔵庫の電気代を抑える事ができます。

ドアをずっと開けっ放しにしていると、
庫内が温まって冷やすのに時間がかかって
食材がいたんでしまうだけでなく、
電気代も余分にかかってしまうので、
冷蔵庫のドアはすぐ閉めるようにしましょう。

3,食材をつめ込み過ぎないようにする

冷蔵室に食材を詰め込みすぎてしまうと、
冷気が循環しにくくなって、
冷えが悪くなってしまうので、
冷蔵室や野菜室には食材を
詰め込み過ぎないようにしましょう。

また、冷凍室はぎゅうぎゅうに詰めた方が
冷えがよくなるという事を耳にした事がある
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
ファンで冷気を循環させているタイプの冷凍室の場合は、
冷蔵室同様食材を詰め込み過ぎると、
冷気が循環しにくくなって冷えが
悪くなるので注意してくださいね。

・冷凍庫もつめ込み過ぎない方が良い理由とは?

 

まとめ

 

今回は、冷蔵庫の正しい温度設定の
切り替え方などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

基本的に外気温が熱い夏場は「中~強」に設定し、
外気温が低い冬場は「中~弱」に設定するのが
冷蔵庫の温度設定の基本になります。

ただ、古い冷蔵庫の場合は、
夏場温度設定を強にしてしまうと、
霜が大量発生して冷えなくなってしまったり、
冬ば温度設定を弱にしてしまうと、
コンプレッサーが動かなくなって
冷えなくなってしまうという場合もあるので、
一度取扱説明書をチェックしてみて
お使いの冷蔵庫の正しい温度設定方法について
確認してみると良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください