冷蔵庫(野菜室)なのに凍る原因は故障?対策や修理方法について

本来であれば冷やすだけのはずの冷蔵室や野菜室。

しかし、そんな冷蔵室や野菜室に入れたものが
凍ってしまう現象が起こってしまい
悩まされているという方も多いみたいです。

ですが、一体なぜ冷蔵室や野菜室にも関わらず
中に入れたものが凍ってしまう程冷えてしまうのでしょうか?

というわけで、今回は冷蔵庫なのに凍る原因や
その対策・修理方法などについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



冷蔵庫(野菜室)なのに凍る原因は故障?

冷蔵庫に入れたものが凍ってしまうのは故障が原因なのでしょうか?

これは冷蔵庫の故障が原因である可能性も当然ですが考えられます。

もし、冷蔵庫の故障が原因で凍ってしまっているならば、
冷蔵室と冷凍室の間に設置されている
ダンパー部分が故障してしまい、
冷凍室の冷気が冷蔵室に常に流れ込んでしまう
ようになってしまって冷蔵室にも関わらず
凍ってしまうという症状が起こる可能性があります。

しかし、ダンパーが故障するということは
まずあり得ないというくらい珍しいことなので、
となると別の原因が有力候補になるということになりますね。

では、その有力候補とは一体何なのか?
ということなのですが…

それは、ダンパー部分に霜が付いて
その霜によってダンパーが閉じれなくなってしまっている
という可能性が考えられます。

また、これ以外の原因として考えられるものというと、
温度計(サーモ)の故障も考えられます。
つまり、冷蔵庫が正しい庫内の温度を検知することが
できなくなってしまっていることで
冷やしすぎてしまっている可能性もあるというわけです。

冷蔵庫(野菜室)で凍る場合に対策・修理方法

さて、ここまで冷蔵庫の中身が凍る場合に
考えられる原因についていろいろご紹介してきましたが、
ご紹介したとおり様々な原因が考えられるため
どれが原因で凍ってしまうという症状が
起こっているのかを突き止めるということは
素人である私たちには難しいといえます。

ですが、冷蔵室が凍るようになってしまった際の
対策としては一度冷蔵庫の中身をすべて取り出し、
しばらく電源を切り霜を完全に落とし、再起動してみる
という方法が有効になる場合があります。

というのも、もし霜が原因でダンパーが動かなくなっているのであれば、
霜を取ってしまえば通常通り可動するようになり、
再び適切な温度で庫内を冷却してくれるようになるでしょう。

ただ、霜取りをしても同様の症状が続いてしまう
という場合には点検修理を依頼するか、
長年使用している冷蔵庫であるならば
買い替えを検討された方が賢明だと思います。

まとめ

今回は冷蔵庫(野菜室)なのに凍る原因として
考えられるものや、その対策・修理方法などについてご紹介しました。

冷蔵庫にトラブルが起こる原因として意外に多いのが
「霜」によるものです。

・冷蔵庫が冷えない原因は霜?対処法についても

なので、「冷蔵庫が変だな…」と思った場合には
とりあえず霜取りをしてみるというのが有効だと思います^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする