冷蔵庫の警告音(ピー音・アラーム)が止まらない時の対処法!原因は故障?

冷蔵庫のドアを閉めたつもりでも開いていると
ピーという警告音が聞こえてきて、
「あっ!冷蔵庫のドアが閉まってない!!」と
大慌てで冷蔵庫のドアを閉めたという
経験は誰でも何度かあるのではないでしょうか?

このように本来であれば便利な冷蔵庫の警告音なのですが、
なんとこの警告音が止まらなくなってしまった
という経験を持っている方も少なくないようです。

しかし、どうして警告音が止まらなくなってしまうのでしょうか?

ということで、今回は冷蔵庫の警告音が
止まらない時の対処法や原因などについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


冷蔵庫の警告音(ピー音)が止まらない時の対処法

「冷蔵庫から「ピーピー」と警告音が鳴っているけれど
確かにドアは閉まっている…
なぜ警告音が止まらないんだろう?」

このような場合にはまず冷蔵庫の電源を入れなおしてみましょう

電源を入れなおしてみて警告音が止まるようであれば
それで不具合は解消されたと考えて良いと思いますが、
それでも警告音が止まらないという場合には
ドアの開閉を感知するセンサーが故障している可能性が高いので、
メーカーサポートや電気店に連絡をして
点検修理を依頼する必要があります。

また、冷蔵庫の機種によってはドアの開閉だけでなく
故障や基盤のトラブルなどが発生した際にも
警告音が出るようになっているものがあるので
取扱説明書をよく読んで当てはまる部分がないかを
チェックしてみるということも大切だと思います。

ただ、どちらにしても冷蔵庫が故障していると
推測される場合には点検修理を依頼するべきでしょう。

冷蔵庫の警告音(ピー音)が止まらない原因とは?

さて、先程も少し触れてきましたが、
冷蔵庫の警告音が止まらない原因は
冷蔵庫の故障である可能性があります。

通常はドアが一定時間閉じられないと中の冷気を
逃がさないようにするために警告音が出て
ドアを閉めるように促すためのものですが、
ドアが閉まっているにも関わらず警告音が止まらない場合は
ドアのセンサーに異常が起こっている可能性がありますし、
また、他の部分が故障していることを知らせるために
警告音が鳴っているという可能性もあります。

まとめ

今回は冷蔵庫の警告音が止まらない時の対処法や
原因についてご紹介しました。

冷蔵庫から「ピーピー」と警告音が止まらない場合には
まずドアがちゃんと閉じているのか確認して
冷蔵庫の電源を入れなおしてみると良いと思います。

それで、直った場合には一時的な不具合である可能性が高いと思いますが、
それ以降も同様に警告音が止まらないという場合には
故障してしまっている可能性が高いと思われるので
早めに点検修理を依頼されるようにしてくださいね^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする