冷蔵庫の警告音(ピー音・ドアアラーム)が止まらない原因とは?

冷蔵庫のドアを閉めたつもりでも、
ちゃんとドアが閉まっていなくて、
ピーという警告音(ドアアラーム)が
鳴ってしまうという事は多いですよね(笑)

ですが、
「ちゃんと冷蔵庫のドアが閉まっているのに、
ドアアラームが止まらないんです…」
というお悩みを持っている方も多いようです。

我が家でもつい先日冷蔵庫の
ドアアラームが鳴り止まなくなってしまうという事があり、
冷蔵庫のドアアラームが止まらない原因や
対処法について調べてみたので、

今回は、冷蔵庫のピーという警告音
(ドアアラーム)が止まらない原因などについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

冷蔵庫の警告音(ピー音・ドアアラーム)が止まらない原因とは?

 

では、早速冷蔵庫のドアが閉まっているのに
警告音(ピー音・ドアアラーム)が
止まらない原因について見ていきましょう^^

 

原因1・ドアに何かが挟まって半ドアになっている

冷蔵庫の警告音(ピー音・ドアアラーム)が
止まらない場合に考えられる1つ目の原因は、
冷蔵庫のドアに何かが挟まって半ドアの状態に
なってしまっているということになります。

例えば、ビニール袋のような薄いものが
冷蔵庫のドアの間に挟まっていないでしょうか?

このように、ビニール袋がドアに挟まると、
冷蔵庫のドアスイッチが作動せず、
冷蔵庫のドアが半ドアになっていると誤認され
警告音(ピー音・ドアアラーム)が
止まらなくなってしまう場合があります。

 

原因2・ドアスイッチの接触不良や故障

冷蔵庫の警告音(ピー音・ドアアラーム)が
止まらない場合に考えられる2つ目の原因は、
冷蔵庫のドアスイッチの接触不良や故障になります。

冷蔵庫のドアが開いているか閉じているかを
判断するためのドアスイッチですが、
このドアスイッチが接触不良を起こしていたり、
故障していたりするとドアが開いていると認識されて、
警告音(ピー音・ドアアラーム)が
止まらなくなってしまいます。

このように、ドアスイッチに不具合がある場合は、
メーカーに連絡して点検修理してもらうようにしましょう。

 

原因3・冷蔵庫からではない可能性も?

冷蔵庫の警告音(ピー音・ドアアラーム)が
止まらない場合に考えられる4つ目の原因は、
冷蔵庫以外の警告音が鳴っているということになります。

例えば、ガス漏れの警報機やガスコンロ、
電子レンジなどピー音を発する警報機は
冷蔵庫以外にもあります。

ですから、もしかしたら冷蔵庫ではなく、
他の電子機器から鳴っているかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、
冷蔵庫の警告音(ピー音・ドアアラーム)が
止まらない原因や対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

冷蔵庫のドアアラームが止まらない場合は、

  1. 冷蔵庫のドアに何かが挟まっていないか?
  2. ドアスイッチの接触不良や故障はないか?
  3. 冷蔵庫以外の警報音が鳴っていないか?

ということを確認してみるようにしてください。

また、冷蔵庫の電源を一度落として、
電源を入れ直したら改善した
という情報もあったので付け加えておきます。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください