冷蔵庫の蒸発皿がない!場所はどこ?外し方や掃除が必要かについて

冷蔵庫を冷やすための冷却器を作動させると
どうしても「霜」が付着してしまうため、
その霜は一定期間ごとに溶かされて「蒸発皿」にたまります。

そのたまった蒸発皿の水は放熱器などの熱によって
蒸発していくのですが、
「蒸発皿がないんですがどこにあるのでしょうか?」と
困っている方も少なくないようです。

確かに冷蔵庫によって蒸発皿が設置されている場所は
異なっていますのでわかりづらい場合もあるでしょう。

ということで、今回は蒸発皿はどこにあるのかや
外し方、また掃除が必要かどうかについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


冷蔵庫の蒸発皿がない!場所はどこ?

さて、冷却器に付着した霜が溶かされた水が
落ちていく場所である蒸発皿ですが、
この蒸発皿は冷蔵庫によって取り外せるものと
取り外すことが出来ないものがあるので、
まずはお使いの機種が蒸発皿の取り外しに
対応しているかどうかを調べてみる必要がありそうです。

もし、蒸発皿を取り外すことができる機種の場合には
冷蔵庫下のカバーを取り外すと中に蒸発皿が収納されていたり、
また冷蔵庫裏のコンプレッサーが入っている
スペースの一部に収納されているものなどがあります。

一方で、蒸発皿を取り外すことができない冷蔵庫の場合は
本体内部に収納されているので、
外から見ることができませんし、
取り外すこともできません。

・蒸発皿が内蔵されている冷蔵庫【画像】

なので、蒸発皿がないという場合には
もしかしたら蒸発皿が内蔵されているタイプの
冷蔵庫である可能性が高いかもしれませんが、
どちらにしても、蒸発皿がどこにあるか分からない
という場合には場所を確認しておくようにした方が良いかもしれません。

蒸発皿の外し方

蒸発皿が外せるタイプの冷蔵庫をお使いの場合には
蒸発皿を取り外して水を捨てたり、
掃除をすることができますが、
その取り外し方について少し解説していきたいと思います。

といっても、蒸発皿の取り外しはとても簡単で
手前に引き出すようにすると取り外すことが可能です。

一応、蒸発皿の取り外し方法を表した画像がありますので、
文章だけだとわかりづらいという場合はチェックしてみてください。

蒸発皿の掃除は必要か?

さて、先程は蒸発皿の外し方についてご紹介しましたが、
蒸発皿の掃除は必要なのでしょうか?

基本的に蒸発皿は冷却器に付着した霜が溶けた水が
落ちてくる場所になりますので、
そこまで頻繁に掃除をする必要はありませんが、
やはり1年というような期間が経ってくると
汚れが目立つようになってくる場合があるので
そうした場合には蒸発皿を掃除した方が良いかと思います。

もちろん、蒸発皿を取り外すことができない冷蔵庫を
お使いの場合には難しいですが、
蒸発皿を取り外すことができる冷蔵庫であれば、
年に1回は蒸発皿の掃除をすることをおすすめします。

まとめ

今回は、冷蔵庫の蒸発皿の場所がどこにあるかや、
外し方、掃除が必要かどうかなどについてご紹介しました。

冷蔵庫の機種によっては蒸発皿が内蔵されていて
見たり、外したりすることができない機種もありますが、
この場合は蒸発皿の存在を気にする必要はほとんどなさそうです。

ただ、蒸発皿を取り外すことができる冷蔵庫の場合には
時々蒸発皿の状態をチェックすると良いでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする