冷蔵庫を運ぶコツ!一人じゃムリ?横倒しにしたらダメな理由とは?

冷蔵庫を運ぶのって結構大変な作業ですよね。

でも引っ越しなどで運ばなければ
ならないというような場合には
やらなければならないのですが、
冷蔵庫を運ぶコツを知っていれば
ムダな苦労をせずに済むかもしれません。

そこで、今回は冷蔵庫を運ぶコツについて
ご紹介していきたいと思うのですが、
他にも一人で運べるのかや、
横倒しにしたらダメな理由などについて
ご紹介していきたいと思います。

冷蔵庫を運ぶコツ!一人じゃムリ?

冷蔵庫を運ぶとなるとまずはじめに
移動させるための準備をしておく必要があります。

それは、前日の夜にコンセントを抜いておくことですが、
これは冷蔵庫の水抜きをするためになります。
冷蔵庫の電源を切ると中についていた霜が溶け出し
蒸発皿にたまっていくのですが、
冷蔵庫を運ぶ直前に電源を切ってしまうと、
運んでいる途中に霜が溶け出してしまうため
どんどん水が漏れてきて、
いろいろな場所が水浸しになったり、
服が濡れてしまったりという可能性があります。

また、冷蔵庫のドアの部分はガムテープなどで止めて
運んでいる最中に開いてしまわないようにしておく必要がありますし、
冷蔵庫の中身などもすべて出しておきましょう。

・冷蔵庫の中身を仮保管しておく方法!

さて、ではここから冷蔵庫を運ぶコツについて
ご紹介していきたいと思うのですが、
まずはしっかりとしたゴム付きの軍手を手に装着し、
冷蔵庫にキャスターが付いている場合には
キャスターを上手く利用して移動させていきましょう。

ただ、冷蔵庫は小さいものでは30キロの重量があるので
なるべく一人で運ぶのは避けるようにした方が無難です。
もちろんキャスターや台車などを利用することで
運ぶことも可能ですがあくまでもどうしても一人で
やるしかないという場合に限った方が良いでしょう。

・冷蔵庫を一人で移動させる時の注意点!

冷蔵庫を運ぶ時横倒しにしたらダメな理由とは?

さて、冷蔵庫を運ぶ際のうんちくとして
「冷蔵庫は横倒しで運んではいけない」
というものがありますが、
これは本当なのでしょうか?

というわけで、まず冷蔵庫を横倒しにしてはいけないと
いわれている理由についてご紹介したいと思うのですが、
冷蔵庫の中には冷媒ガスと潤滑オイルがありますが、
冷蔵庫を横倒しにしてしまうと潤滑オイルが
冷媒ガスを圧縮するための圧縮機のシリンダーに
入り込んでしまう可能性があります。

潤滑オイルが圧縮機のシリンダーに入り込んでしまうと、
潤滑オイルを圧縮することができず
大きな圧力がかかり圧縮機が故障してしまうため
冷蔵庫を横倒しにしてはいけないと言われているのです。

ただ、冷蔵庫を横倒しにして運んだとしても
半日程度立てたまま放置しておけば
潤滑オイルがオイル溜まりに戻っていくので
それから電源を入れるようにすれば
問題なく使えるようになるので
冷蔵庫を横倒しにしなければならないという場合には
立った状態にしてからしばらく時間を空けて
それから電源を入れるようにしましょう。

ちなみに立てたまま運んだ場合でも
1~2時間程度放置してから
電源を入れ直した方が安心だそうです^^

まとめ

今回は冷蔵庫を運ぶコツや、
横倒しにしてはダメな理由などについてご紹介しました。

冷蔵庫を運ぶのはできれば業者の方に
お願いした方が安心ではありますが、
自分で運ばなければならないというような場合には
事前にしっかりと予備知識などを覚えておいて
それから運ぶようにすることが怪我や
冷蔵庫の故障などの防止につながりますので
冷蔵庫を運ぶという場合には
今回の記事などを参考にされてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください