【冷蔵庫】ファン式と直冷式の違い(音・霜取り)!電気代が安いのは?

これから冷蔵庫を買おう…と考え始めた時、
冷蔵庫のサイズや機能、値段などを
あれこれ比較すると思うのですが、

冷蔵庫を比較していくと、
「ファン式」と「直冷式」の2種類がある事に気がついて、
「ファン式と直冷式ってどんな違いがあるの?」
と疑問に思われる方も少なくないようです。

私も、以前このような疑問を持った事があったので、

今回は、
冷蔵庫の直冷式とファン式にはどんな違いがあるのか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

【冷蔵庫】「ファン式」と「直冷式」の違い

 

冷蔵庫のファン式と直冷式の違い
について簡単に説明すると、

「直冷式」は冷蔵庫の庫内に
冷却器が設置されており、
その冷却器の冷気によって庫内を
直接冷やしていくタイプになり、

「ファン式」は冷蔵庫の庫外に
冷却器が設置されているタイプで、
冷却器から出る冷気をファンの風を使って
庫内に送る事で間接的に冷やすタイプになります。

なので、
「ファン式」と「直冷式」の違いを一言でいうと、
冷却器が庫内に設置されているかどうか?
という違いになるというわけなんですが、

では、ファン式と直冷式の冷蔵庫には
それぞれどのようなメリットデメリットがあるのか?
ということについて次にご紹介していきたいと思います^^

 

「ファン式」と「直冷式」のメリットデメリット!
音や霜取り、電気代の違いなど…

 

では、早速「ファン式」と「直冷式」の
冷蔵庫のメリットデメリットについて
ご紹介していきたいと思います。

まず、庫内を間接的に冷やす
「ファン式」の冷蔵庫メリットとして
最も大きいのが「霜取り」を行う必要がない
という事になります。

 

直冷式の冷蔵庫の場合は、
冷却器が庫内に設置されているため、
冷蔵庫の省スペース化や小型化ができる
というのがメリットになりますが、

冷却器が庫内にある直冷式の冷蔵庫の場合、
ドアを開閉するたびに空気に含まれていた
水分が冷却器に付着し冷却器に霜が発生してしまいます。

霜はほうっておくとどんどん大きくなってしまうため、
庫内の冷えを妨げる原因になったり、
霜の巨大化するにつれ庫内が狭くなってしまうので、
直冷式の冷蔵庫の場合霜が発生するたびに、
霜取りを行わなければならなくなります。

 

しかし、霜取りをするためには
冷蔵庫の電源を落とし庫内の温度を上げて
霜を溶かし溶けた水をタオルなどで吸い取る…
というふうにして霜取りを行わなければならず、
手間と時間がかかってしまうだけでなく、

一度電源を落として霜を溶かすと、
再度電源を入れた際冷蔵庫が冷えるまで
時間がかかってしまいますし、
電源を落とさなければ発生しなかった
電気代が余計にかかってしまうことにもなるので、
霜取りをしなければならない
というのはデメリットになります。

・冷蔵庫が冷えない原因は霜!霜取りの3ステップ

 

なので、ファン式と直冷式の冷蔵庫
どちらがおすすめかと言われれば、
間違いなく霜取りをする必要がないファン式を
選んだ方が良いというふうにおすすめします。

ですが、
小型の冷蔵庫を設置するスペースが少ない場合は、
直冷式の小さいサイズの冷蔵庫しか選択肢がない…
という場合もあるので、
そういった場合はサイズ優先で直冷式の
冷蔵庫を選んだ方が無難ですね。

ただ…もう1サイズ大きな冷蔵庫を
選択肢に入れる事ができれば、
ファン式の冷蔵庫を選べる可能性があるので、
冷蔵庫の設置スペースの広さ次第ですが、
できるだけファン式の冷蔵庫を選ぶように
いろいろ検討してみた方が良いかもしれません。

また、冷蔵庫の動作音もファン式の冷蔵庫の方が
冷却器が冷蔵庫の裏に隠れている分、
若干静かな事が多いので、
音が静かな冷蔵庫を希望するという場合も
ファン式の冷蔵庫を選んだ方が無難です。

 

まとめ

 

今回は、「ファン式」と「直冷式」の
冷蔵庫の違いについてご紹介しましたが、
いかがだったでしょうか?

直冷式の冷蔵庫は
省スペース化や小型化に有利ですが、
霜取りを行わなければならないので、
定期的な霜取りが大変という
デメリットがあるということでした。

少し大きめのサイズの冷蔵庫であれば、
ファン式が採用されているのですが、
小さい冷蔵庫を検討している場合は、
「ファン式」と「直冷式」どちらも選べる
という可能性がありますので、
今回ご紹介した事を参考にして、
自分にあった冷蔵庫選びをしてみてください。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください