冷蔵庫の延長保証(10年)は必要か?長期保証をつける理由とは?

新しい冷蔵庫を買うとなると
長期保証の特典が受けられる
家電量販店で購入する方が多いと思いますが、
10年の延長保証をすすめられたり、
はたまた、最初から長期保証がついていたり
する場合も少なくないとおもいます。

ですが、実際、冷蔵庫に10年延長保証といった
長期保証が本当に必要なのかどうか
疑問に感じている方もいらっしゃるみたいです。

確かに、冷蔵庫はそうそう簡単に故障してしまう
ようなものではありませんし、
10年以上冷蔵庫を故障なしで使うことが出来た
経験を持っている方も中にはいるかとおもいます。

というわけで、今回は冷蔵庫の延長保証、
長期保証は必要なのかどうかということについて
考えてみたいとおもいます^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


冷蔵庫の延長保証(10年)は必要か?長期保証をつける理由とは?

冷蔵庫を購入する際には機種選びだけでなく
長期保証をつけるかどうかでも
悩まれるという場合が多いのではないでしょうか?

もし、延長保証をつけたのに故障しなかったら
その保証はムダになってしまうわけですし、
実際今まで冷蔵庫が故障した経験がない場合には
イマイチ延長保証の必要性が分からないと
感じてしまうものではないかと思います。

ですが、個人的には延長保証はつけておいた方が良いと
いえるのではないかと思います。

そもそも、冷蔵庫の寿命は一般的に7年といわれています。

もちろん、7年以上問題なく動いてくれる場合もあるのですが、
前提条件としては7年が寿命といわれていることを考えると、
例えば、その期間を上回る10年保証をつけていたとしたら
最低でも10年間は安心してその冷蔵庫を使い続けることができますよね?

もし、10年保証に入っていなくて、
冷蔵庫が故障してしまった場合には
修理を依頼するか、買い替えをするかのどちらかになると思いますが、
故障した時期が5年前後と早かった場合には修理を選ぶと思います。

そうなると結局、高い修理費用を負担しなければならなくなってしまい
保証をつけなかったことを後悔することになってしまうでしょうし、
それから、冷蔵庫がまた故障しないという保証もないわけなので
「いつ、故障するか分からない…」という
不安と闘いながら冷蔵庫を使用しなければならなくなってしまいます。

なので、冷蔵庫を購入する際には、
延長保証をつけておいた方が良いかとおもいます。

結論・まとめ

今回は冷蔵庫の延長保証(10年)は必要かどうかや、
長期保証をつける理由についてご紹介しました。

保証期間や保証内容は家電量販店ごとに
異なっているのでもっとも条件が良いところで
購入すると良いと思うのですが、
アフターケアに力を入れているケーズデンキさん
は個人的におすすめかなとおもいます^^

別にケーズデンキの回し者ではありませんが、
10万円以上の冷蔵庫(指定機種)であれば、
無料で10年間の長期保証が付いてきますので、
わざわざ追加料金などを払わなくても
延長保証のサービスを受けることができます。

というわけで、冷蔵庫に延長保証や長期保証を
つけるかどうか悩まれているという場合には
今回の記事を参考にされてみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする