冷蔵庫に長期保証(10年)をつける必要性!延長保証をつけるメリット

冷蔵庫は買ってから間違いなく
長く使う家電になるので、
新しい冷蔵庫を買う時は長期保証をつける
という方も多いのではないでしょうか?

実際、お店でも10年の延長保証をすすめられたり、
最初から長期保証がついている
購入プランがあるという事も多いので、
冷蔵庫の長期保証の需要が高い事が伺えるのですが、

一方で、
「冷蔵庫に10年の長期保証をつける必要性って本当にあるの?」
と疑問に思われている方も少なくないようです。

私も、はじめは冷蔵庫に
10年の長期保証をつける必要性が
それほど理解できていなかったため
冷蔵庫に長期保証をつけるかどうか
迷った事があったんですが、

いろいろな事を考慮した結果、
冷蔵庫に10年などの長期保証をつけるのは
結構メリットが大きいという事が分かりました。

そこで、
今回は冷蔵庫に長期保証をつける必要性や
延長保証をつけるとどのようなメリットが得られるのか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

冷蔵庫に長期保証(10年)をつける必要性!
延長保証をつけるメリットとは?

 

冷蔵庫を購入する際は
冷蔵庫のサイズや機能、値段などを比較して
自分に合った冷蔵庫を選びますが、

冷蔵庫が決まった後、
長期保証をつけるかつけないかを
どうやって判断したら良いのか?
と悩んでしまう方は多いようです。

もし、冷蔵庫に長期保証をつけたのに
冷蔵庫が故障しなかったとしたら、
長期保証に入ったのはムダだった
ということになってしまいますからね(^_^;)

 

ですが、冷蔵庫はできるだけ長い
例えば10年というような長期保証を
つけておいた方が良い家電になります。

というのも、冷蔵庫は毎日使う家電であり、
本体の価格が高い場合も少なくなく、
故障箇所によっては高額な修理費用が
発生してしまう可能性があるからです。

 

また、
冷蔵庫の寿命や7年~10年といわれており、
寿命を迎えるまで何ら故障ひとつなく
動いてくれる場合もあるのですが、

冷蔵庫の使い方や使用頻度などは
人それぞれ異なっている事を考えると、
長期保証に入っていた方が安心です。

 

例えば、8年目に冷蔵庫が故障して
冷えなくなってしまった場合、
保証に入っていなかった場合は、
冷蔵庫の寿命が来たと割り切って
冷蔵庫を買い換えるしかなくなりそうですが、

もし、10年の長期保証に入っていたとしたら、
修理してもらってそれから、
故障するまで何年かは使い続ける事ができますし、

何度も故障が発生してしまう
冷蔵庫にあたってしまった場合、
長期保証に入っていないと、
修理費用がどんどんかさんでいってしまう…
という可能性もありますからね。

 

ということで、
一度冷蔵庫に10年などの長期保証を
つける必要性についてまとめると、

  1. 冷蔵庫は使用頻度が高いため故障するリスクも高い
  2. 冷蔵庫は本体価格が高いものも多く修理費用も高くなりやすい
  3. 長期間使う家電ゆえに何回か故障する可能性もある

このような理由から、
冷蔵庫には長期保証をつけておいた方が良い
というふうに判断することができます。

 

もちろん、長期保証を
冷蔵庫につけるかつけないかは、
選ぶ事ができるものなので、
「自分には必要ない…」と思う場合は、
無理につけなくても良いでしょう。

ただ、
「長期保証をつけておいた方が安心かも」
と思う方は冷蔵庫に長期保証をつけた方が
安心して使っていく事ができるのではないでしょうか?

 

まとめ

 

今回は、
冷蔵庫に10年の長期保証をつける必要性
についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

本体価格が安い家電であれば、
故障してしまったとしても、
それほど修理費用がかからなかったり、
買い替えやすいと思うのですが、

冷蔵庫のような大型家電は、
頻繁に買い替えるような家電ではないので、
長期保証に入って安心して長く
使っていけるようにした方が良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください