冷蔵庫にアース線がついてない!アース線なしで使って大丈夫?

先日、新しい冷蔵庫を買ったんですが、
冷蔵庫を見てみるとアース線がついてなかったんです(^_^;)

「あれ?冷蔵庫ってアースが必要なんじゃ?」

と、思った私は、
古い冷蔵庫のコンセントのところを
あらためて確かめてみると、
アース線がつながれていたので、

「やっぱり、冷蔵庫にアース線って欲しいんだよね?
でも、アース線がないって事はいらないって事なのかしら?」

と、分からなくなってしまったので、

冷蔵庫にアース線がついてない場合は、
アース線をなしで使用しても大丈夫なのかどうか?
ということについて調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回はこの事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



冷蔵庫にアース線がついてない!
アース線なしで使って大丈夫?

冷蔵庫というとアース線をつなぐ必要がある
というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

アース線は水回りに近い場所で使う家電製品が
漏電してしまった際に電気を逃がす事で、
私たちの安全を守ってくれるものではありますが、
最近の冷蔵庫にはアース線がついていない場合が多いようです。
ではなぜ、冷蔵庫のアース線がなくなったのでしょうか?

この事について疑問に思っている方も多いようですが、
結論から言ってしまうと、

  1. 現在の家電は昔に比べて絶縁対策がしっかりしている事
  2. 家の作りも水気を避ける場所にコンセントが設置されるようになった事

この2つの要因が、
冷蔵庫のアース線がなくなった理由になります。

昔の冷蔵庫は部品の絶縁が劣化して
漏電を起こしてしまう事があり、
また、筐体も金属製だったため
触ってしまうと感電する危険があったので
アース線は絶対に必要だったのですが、

今は、絶縁対策が徹底的にされているので、
そもそも漏電するという事自体がなく、
また、筐体の触れる部分も非金属になっているので、
アース線をつながず使っても大丈夫になった
ということだったんですね。

もちろん、アース線がついていない
冷蔵庫だったとしてもアース線を繋ぐ場所はあるので
アース線をつながないと心配な場合や、
水気や湿気が多い場所に冷蔵庫を設置する場合は、
アース線をつないで使用することができます。

なので、今の冷蔵庫は、
基本的にはアース線なしで使っても大丈夫ですが、
アース線をつないで使用する事も出来るようになっている
ということなんです。

ちなみに、水気の多い場所で使う
洗濯機やトイレのウォッシュレットは
アース線をつないで使用した方が良いですし、
エアコンはそもそもアース線をつながないと
設置することができないので、
どの家電もアース線がいらないか?
といえばそうではないようですので、
その都度疑問に思う事があれば確認するようにしましょう。

・洗濯機にアース線が必要な理由とは?

まとめ

今回は、冷蔵庫にアース線がついてない場合は、
アース線なしで使っても大丈夫なのかどうか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

昔の冷蔵庫は絶縁部品の劣化によって漏電する事があり、
また、筐体も金属製だったので感電防止のため
アース線が必要とされていましたが、
最近の冷蔵庫は絶縁対策がしっかりしていて
漏電する事はほとんどなくなったので、
アース線なしでも冷蔵庫を使えるという事なんですね^^

ただ、
冷蔵庫を設置する場所に水気や湿気がある場合は、
アース線をつないで使用した方が安全なので、
家電量販店などに相談してアース線をつないで
もらうようにすると良いでしょう。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(^o^)


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする