お年玉をあげないで済ませる方法!甥・姪・いとこの子供

年末年始はクリスマスもありますし、
忘新年会に誘われる事が多いですし、
年賀状を送らなければならなかったりで、
何かと出費がかさむ時期ですが、

年明け親戚の子どもたちに
「お年玉をあげないといけないかも…
でも、できればお年玉をあげたくない…」
なんて思っている方も少なくない
のではないでしょうか?

年に数回会うか会わないかの
子供のためにお年玉をあげるなんて…
と思ってしまうのは普通の事だと思います。

そこで、今回は、
お年玉をあげないで済ませる方法について
いろいろと調べてみたので、
シェアしていきたいと思います^^

果たして、お年玉をあげないで
済ませる方法はあるのでしょうか?

お年玉をあげないで済ませる方法
(甥・姪・いとこの子供)

 

では、親戚の子供や甥、姪に
お年玉をあげないで済ませる方法を
いくつかご紹介していきたいと思います。

1.お正月の親戚の集まりに行かない

お年玉をあげるシチュエーションとして
ありがちなのがお正月の親戚同士で集まった時
流れで子供たちにお年玉をあげる
という感じではないでしょうか?

なので、
お正月親戚の集まりに参加するということは
イコールお年玉をあげなければならない
というふうになってしまうので、

お正月の親戚の集まりには参加しなければ、
お年玉をあげる機会がなくなるので
お年玉をあげないで済ませられます。

もちろん、
集まりに参加できない理由を
考えなければならないのですが、

  • 体調を崩していて参加できない
  • 家族旅行に行ってくる
  • 仕事の関係でどうしても難しい

というような理由を作って、
相手に「都合が悪く会えない」と
とってもらえる理由を伝えるようにすると
角が立ちにくいでしょう。

ただ、毎年不参加にしてしまうと、
変に勘ぐられてしまう可能性もあるので、
何年かに1回の割合で参加しない…
というようにしていた方が無難かもしれませんね。

2.お年玉について親同士で話し合う

もし、自分に子供がいなければ、
「自分は子供がおらずお年玉をもらっていないから」
と、いう理由でお年玉をあげずに
済ませることができると思いますが、

さすがに、自分に子供がいて、
お年玉をもらっているにもかかわらず、
相手の子供にお年玉をあげない
というのは筋が通りません。

なので、そんなときは、
事前に親同士でお年玉について
話し合って決めておくようにする
というのも1つの方法です。

例えば、
「申し訳ないんだけれど、
今年〇〇ちゃんにお年玉あげられないから、
今年はお年玉の交換はなしでも良い?」
というような感じで切り出してみて、
相手方に納得してもらえれば
お年玉をあげないで済ませられます。

また、子供の年齢が大きくなっていたら、
(高校生とか大学生)それを理由にして、
「〇〇ちゃんももう大人だから…」
という感じでお年玉がないことを
伝えても良いかと思います。

3.お年玉をあげないと決める

そもそも、
お年玉ってあげなければいけないもの
ではなく厚意であげるものなので、
自分があげないと決めてしまえば、
あげなくても良いものなんですよね。

ただ、お年玉をあげないと、
「あの人は…」となって、
今後の親戚付き合いなどに影響が
出てしまうかもしれないから、
しょうがなくあげる…
という方も多いかと思います。

ですが、
お年玉をあげるのは義務ではないので、
何か言われても気にしないくらいの勢いで
お年玉をあげないというふうにするのも
アリなのかもしれません。

ただ、これはメンタルが強くないと
実行してから後悔してしまう可能性もあるので、
メンタルに自信がない場合は
あまりおすすめできません。

 

お年玉をあげたくなくても、
あげないかどうかは慎重に決めた方が良いかも

 

ここまでは、
お年玉をあげないで済ませる方法について
いろいろとご紹介しましたが、

「お年玉をあげたくない…」と思っても、
実際にあげないかどうかは、
感情的にならず少し慎重に考えてから
決めた方が良いかもしれません。

というのも、
お年玉をあげないことによって、
評判や印象が悪くなってしまうと、
親戚たちと長く付き合っていくなかで
不利な立場になってしまう可能性も
少なからず考えられるからです。

なので、「経済的にどうしても無理…」
というような事情がないのであれば、
少額でも良いかもしれませんし、
また、話し合って金額を決めても良いと思うので、
できるだけお年玉を子供にあげて、
喜ばせてあげるようにした方が
長い目で見ると良いのかもしれません。

子供もお年玉をくれる人の方に
なつく傾向がありますし、
いざ子供が大人になってから
「お年玉くれなかった…」
なんて言われてしまうのもキツイですからね。

なので、お年玉をあげたくない場合は、
あげたくない気持ちがなくならないと思いますが、
必要経費として割り切ってあげておいた方が、
後々面倒な心配がなくなりそうですよ。

 

まとめ

 

今回は、
お年玉をあげないで済ませる方法
についていろいろとご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「正直、お年玉をあげたくない…」
と思っている方も多いと思いますが、
もしそう強く思われている場合は、
今回ご紹介した方法を参考にして
対処されてみてください。

ただ、あげないと面倒くさそうだったり、
相手からお年玉をもらっていたりする場合は、
あげないというわけにもいかないと思いますので、
よく考えながらうまく対処していってくださいね。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください