お弁当を前日の夜に作っても冷蔵庫保存すれば翌日の昼食べられる?

「朝の時間が毎日足りなくて…」
という方も多いのではないかと思いますが、
そんな貴重な朝の時間の少しでも余裕を作るべく
お弁当を前日の夜に作っておいて
冷蔵庫で保存しているという方も多いみたいですね^^

確かに、そうすれば次の日の朝はお弁当を
冷蔵庫から取り出して持っていくだけなので
朝のお弁当作りにかかる時間をごっそり
短縮することができるようになります。

ただ、ここで1つ心配なことがでてきますよね?

それは、衛生的にお弁当を冷蔵庫に入れて
保存しても大丈夫なのかということです。

これについて気になっている方も多いようなので、
今回はお弁当を前日の夜に作っても冷蔵庫で保存すれば
翌日の昼食べられるのかどうかについて
ご紹介していきたいと思います。

お弁当を前日の夜に作って冷蔵庫で保存して翌日の昼食べた体験談

私は早朝から仕事をしているのですが、
旦那と子供のお弁当作りを朝にするとなると
深夜に起き出して作らなければならなくなってしまうため
前日の夜に作っておいてそれを冷蔵庫に入れておいて
朝、旦那と息子に持っていってもらうようにしようと思いました。

ただ、お弁当って基本的にはその日のうちといいますか
すぐに食べきってしまうのが前提だと思うので
「衛生的にどうなのかな?」と一瞬不安になりましたが、
お弁当箱をしっかり洗って消毒したり、
新鮮な食材を清潔な調理器具で調理していれば
すぐに雑菌が繁殖してしまうことはないとのことでしたし、
朝持っていく前に電子レンジで温めれば、
細菌の繁殖を抑えることができるとのことだったので
今では前日の夜にお弁当を作るのが日課となりました。

早朝から仕事にでかけなければならない私ですが
お弁当を前日の夜に作るようにしているので
朝の時間を自分のことだけに使うことができて
そこまで慌ただしくない感じです^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



お弁当を前日の夜に作っても冷蔵庫保存すれば翌日の昼食べられる?

お弁当を前日の夜に作っておいて、
それを冷蔵庫で保存して翌日持っていく
というようにする時に最も注意しなければ
ならないのは「衛生面」です。

例えば、お弁当箱がしっかり消毒されていないと
それが原因で冷蔵庫保存していたとしても
雑菌が繁殖してしまうという可能性もありますし、
手についていた菌が食材に移ってしまうということもあります。

なので、お弁当を作る時に限ったことではありませんが、
料理をする時には手指や調理器具、お弁当箱、食材など、
ありとあらゆるものがしっかり清潔な状態かどうか
ということを確認してから行うようにしましょう。

なので、キッチン用の除菌スプレーなどを使って
細菌やウイルス対策を行うのもよい方法ですよね。

そして、お弁当の中に入れるものに気を遣うということも大切で、
例えば、

  • 生鮮食品などいたみが早いものは入れない
  • いたみにくい火が通ったおかずにする
  • 水分(汁気)が多いものは水気をよく切って入れる
  • 梅干しをご飯の上にのせて雑菌予防
  • ご飯は朝につめるようにする
  • 味付けを濃いめにする など

というようにすれば、
衛生面として安定させやすくなります。

また、冷蔵庫に入れていたお弁当を朝持っていく前には
必ず電子レンジで一度温めて、
熱が取れたらふたを閉めて持っていくようにしましょう。

というのも、冷蔵庫から取り出して
そのまま常温で時間が経ってしまうと、
お弁当が冷たい状態から温かい状態に
温度が変化していってしまいますが、
温度変化が大きれば大きいほど細菌が
活発に活動しやすくなってしまうので、
持っていく前には電子レンジで温めて冷ましてから、
持っていくようにすることが大切です。

まとめ

今回はお弁当を前日の夜に作っても冷蔵庫保存すれば
翌日の昼に食べられるのかどうかということについてご紹介しました。

お弁当作りは大変なので忙しい朝にするのではなく
時間に少しでも余裕がある前日の夜に済ませておく
ようにすると多少楽になるのではないかと思いますが、
そのためには衛生面に配慮することが大切です。

もちろん、朝作ったからといって不衛生に
なってしまっていたとしたら意味がありませんが、
前日の夜にお弁当を作るとなると、
ある程度作ってから時間が経って食べることになる分
菌が繁殖するための時間が朝作った時よりも長いので
今回ご紹介したようなテクニックを参考にして
衛生的なお弁当を作られていってくださいね^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする