濡れた本や教科書を綺麗に乾かす方法!冷凍すると元通り修復できる?

先日、とても雨が強い日があったのですが、
帰ってきた子供の教科書を見てみたら、
教科書が雨に濡れてふやけそうになっていました(^_^;)

「ちょっと、このままにしてたら、
教科書使えなくなっちゃうから
なんとかして綺麗に乾かさないと~」

と言ったものの、
どうすれば濡れた教科書を
綺麗に乾かす事ができるのか
分からなかったので、

濡れた教科書(本)を綺麗に乾かす方法
について調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、濡れた教科書(本)を綺麗に乾かすには
どうしたら良いのかということについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



濡れた本や教科書を綺麗に乾かす方法!
冷凍すると元通り修復できる?

たまたま、
外出している時に強い雨が降ってきたりして、
持っていた教科書や本が濡れてしまった…
なんて経験を持っている方も多いのではないでしょうか?

教科書や本などの文字が印字された
紙製のものが濡れてしまうと、
紙がしわしわになるだけでなく、
インクが滲んで文字が読めなくなってしまう、
という可能性もあるので、

教科書や本が雨に濡れてしまった場合は、
一刻も早く綺麗に乾かすように
手を打っておく事が大切ですが…

濡れた教科書や本を綺麗に乾かす方法には
いくつかやり方があるので1つずつ
ご紹介していきたいと思います^^

方法1・濡れた教科書(本)を冷凍する

  1. 濡れた教科書(本)をフリーザーバッグを入れる
    (この時フリーザーバッグの口は閉じない)
  2. 冷凍庫に本棚に入れるよう縦向きに入れる
  3. 1~2日放置する
  4. 取り出して乾いていたら完了

・ジップロック×冷凍庫で乾かした本【画像】

このように、
教科書や本が濡れてしまった場合は、
フリーザーバッグの口を閉じずに本を入れ、
冷凍庫で1~2日凍らせておくようにすると、
きれいに本を乾かす事ができるので
時間に余裕がある場合は参考にしてみてください。

方法2・ページ毎に紙を挟み重しをして乾かす

  1. 濡れた本のページ毎に紙を挟む
    (コピー用紙・キッチンペーパー・ティッシュなど)
  2. 濡れた本の上に重たい本などをのせ重しする
  3. 乾くまで待つ(半日ほどで乾くと思います)

教科書などが濡れてしまった場合は、
すぐに本を乾かしたいという場合もあるので、
そういった場合はこの濡れたページに
紙を挟んで重しをして乾かすと良いと思います。

大体半日もすると乾いてくるので、
夕方くらいにやっておけば、
次の日の朝までには乾いてくれるという感じです。

完璧に綺麗に乾くのは期待しない方がいいかも

濡れた本や教科書を綺麗に乾かす方法
についてご紹介したんですが、
実際綺麗に乾くかどうかは、
紙の濡れ具合や紙質によって
仕上がりが違ってくるので、

完璧に綺麗に元通りになるのを期待するのではなく、
「ある程度綺麗になってくれたらOK」くらいで
濡れた本を乾かしていくようにしましょう。

もし、本が綺麗に乾いてくれたら
それでラッキーなんですが、
若干ページの端がしわが残る事も少なくないので、
濡れた教科書や本を乾かす場合は
完璧を求めないというスタンスが良いかと思います。

まとめ

今回は、濡れた教科書や本を綺麗に乾かす方法
についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

濡れた教科書や本を何もしないで
自然乾燥させてしまうと、
ページが大きく波打ってしまったり、
インクの滲みが大きくなってしまうので、

今回ご紹介した方法を参考にして
できるだけ綺麗に乾くように
対処してみて下さいね^^

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする