濡れた本や教科書、紙の乾かし方!冷凍庫やアイロンで直るってマジ?

本や教科書など「紙」で出来ているものは
水に濡れるとふやけてしわしわになってしまいますが、
そんな時、濡れた本や教科書などの紙を
元通りに乾かす方法があったとしたら
きっと落ち着いていられることでしょう。

というわけで、濡れた紙の乾かし方の中でも
革新的な方法について今回はご紹介していきたいと思うのですが、
それはなんとも意外な方法です。

では、早速ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


濡れた本や教科書、紙の乾かし方!

たまたま外出している時に大雨が降ってきて
そんなときに限って傘を持っていなかったりすると
持っていた本や教科書が濡れてしまうかもしれません。

本や教科書を濡れたまま放置してしまえば
やがて紙がしわしわになり、インクが滲んで
読むことがままならない状態になってしまう可能性もあるので
一刻も早く乾かしてあげる事が大切ですが、
ただ風にあてて自然乾燥させるだけでは
先程いったように紙はしわしわでインクが
滲んだなんとも悲しい状態になってしまいますよね(汗)

というわけで、濡れた本や教科書を復活させたい場合には
次のような乾かし方をされる事をおすすめいたします。

1,ジップロックに入れ冷凍庫に入れる

本が濡れてしまった場合に、
まず最初に試すべき方法といえるのが、
ジップロックに濡れている本を入れて冷凍庫に
丸一日入れておくという方法になります。

この際、ジップロックのジッパーを閉じないで
入れるようにするのがポイントですので、
おそらく普通のビニール袋などでも代用可能だと思います。
なので、ジップロックがない場合はビニール袋などに入れるようにしましょう。

ちなみに、冷凍庫で乾かした本の復活具合を
紹介した画像があったので気になる方はご覧ください。

・ジップロック×冷凍庫で乾かした本【画像】

2,アイロンをかける

「ジップロック×冷凍庫」ができないという場合には
アイロンをかけて乾かしていくというのも良いと思います。

アイロンで乾かす場合には次の手順となります。

  1. 紙の上にティッシュを置いて霧吹きで全体的に濡らす
  2. ティッシュをもう1枚上に置いてアイロンがけをしていく

いきなり、紙にそのままアイロンがけをしてしまうと
きれいに直らなくなってしまう可能性が高いので
こうして軽く濡らして、ティッシュを間に挟むのが
アイロンで濡れた紙をキレイに直すコツになります。

本や教科書などの紙が濡れたら完璧に直るのを期待しない方がいいかも

さて、ここまで水に濡れた本や教科書、紙を
キレイに乾かす方法についてご紹介してきました。

確かに、ご紹介した方法で乾かせば
ただ自然乾燥させたりドライヤーで乾かしたり
するよりも数段キレイに直すことができますが、
完璧に元通りにできるかといえば限界はあるので、
その点は妥協する必要が残念ながらあります。

なので、どうしても状態を完璧に元通りにしたい場合には
買い直してしまった方が早いですよ^^

まとめ

今回は濡れた本や教科書、紙の乾かし方の中でも
特にキレイに直すことができる方法についてご紹介しました。

普通に乾燥させるよりもかなりキレイな
状態にすることができる乾かし方なので
本や教科書などの紙が水に濡れてしまった場合には
ぜひ試してみてはいかがでしょうか^ー^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする