電子レンジで卵をチンすると爆発する理由!爆発させない方法はある?

電子レンジで卵をチンすると、
爆発してしまうというのは
知らない方はいらっしゃらないと思うんですが…

そもそも、どうして電子レンジで
卵をチンすると爆発してしまうのか?
という理由については詳しく知らない
という方の方が多いのではないでしょうか?

私も、以前から卵を電子レンジでチンすると
爆発してしまうのはなぜなのか?
ということについて疑問に思っていたのですが、

もしかしたら、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないかもしれないので、

今回は、電子レンジで卵をチンすると爆発してしまう理由や、
電子レンジで卵を爆発させないようにチンするのはどうしたら良いのか?
ということについてみなさんにシェアしていきたいと思います^^

卵を電子レンジでチンすると爆発する理由とは?

 

電子レンジで卵をチンすれば、
ゆで卵にすることができる…

なんて勘違いをしている方も時々いたりするのですが…

卵を電子レンジでチンしてしまうと爆発して危険なので、
卵を電子レンジでチンは間違ってもやってはいけません(^_^;)

 

ですが、そもそもなぜ卵は電子レンジで
チンすると爆発してしまうのでしょうか?

電子レンジはマイクロ波を放射することで
水分子を振動させ摩擦熱を発生させることで
調理物を温めていきますが、
電子レンジで水分子が温められると水蒸気が発生します。

生卵を電子レンジで温めてしまった場合、
殻や膜が発生する水蒸気が蒸発するのを阻害してしまうため、
水蒸気が蒸発することができなくなり、
卵の内部が高圧状態になり卵が爆発してしまいます。

これが、電子レンジで卵が爆発する理由です。

 

卵を電子レンジで爆発させないで調理する方法

 

卵が電子レンジで爆発してしまう理由は
先程ご紹介した通りですが…

実は、卵を電子レンジで爆発させないで
調理する事もできるのです!

ということで、
ここからは電子レンジで卵を爆発させずに
調理する方法についてご紹介していきたいと思います。

 

1・なんちゃってゆで卵の作り方

まず、電子レンジで卵をチンして
ゆで卵にする方法についてご紹介したいと思います。

  1. お皿に薄く水を張る
  2. 卵を割って入れる
  3. 爪楊枝で黄身に数か所穴を開ける
  4. ラップを軽くかけ500Wで30秒ほど加熱する

このようにすると、
電子レンジでゆで卵もどきを作る事ができます。

卵の黄身に数箇所穴を開けることで
水蒸気の圧力の逃げ場を作っておけば
卵が爆発してしまうことはないので
安心して電子レンジで卵をチンすることができます^^

また、電子レンジでゆで卵が作れる
専用の調理グッズを使えば、
より簡単にキレイに電子レンジで
ゆで卵を作る事ができますよ♪

ゆで卵メーカー【レンジでチン♪】

 

2・電子レンジで目玉焼き

続いて、電子レンジで目玉焼きを
作る方法についてご紹介したいと思います。

  1. お皿を軽く水で濡らす
  2. 卵を皿に割り入れる
  3. 電子レンジの解凍モードで1分加熱し様子を見ながら加熱時間を増やす
  4. ちょうど良い所で止めて目玉焼き完成

このように、
電子レンジの解凍モード(もしくは弱モード)を
使用して卵を加熱していくようにすると、
急激に卵内部の圧力が上がらなくなるため、
爆発させることなく調理することが可能なのです。

もちろん、
一気に長時間加熱してしまうと、
爆発してしまう可能性があるので、
短い時間で区切って加熱していく
というふうにしてください。

 

まとめ

 

今回は、電子レンジで卵をチンすると爆発する理由や、
卵を爆発させないで電子レンジで調理する方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

卵が電子レンジで爆発してしまうと、
熱片づけが大変になってしまうので、
気をつけなければなりませんが、

今回ご紹介したような調理方法であれば、
電子レンジでも卵を調理することができるので、
もしよかったら試してみてください。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください