無線LANルーターのコンセントは抜いても大丈夫?繋がらなくなる?

無線LANルーターのまわりに
ほこりがかなり溜まっている…
なんて方も多いかもしれませんが、

いざ、無線LANルーターのまわりを
掃除しようと思っても、
配線がごちゃごちゃしていて
なんとも掃除する気が起こりません。

そこで、「いっその事、無線LANルーターの
コンセントやケーブルを抜いて掃除すれば
邪魔な配線がなくなって一気に掃除できるのでは?」
と思ったんですが、

無線LANルーターのコンセントは
抜いても大丈夫なのかどうか不安でした。
素人判断でコンセントを抜いたばかりに
ネットに繋がらなくなってしまっても大変なので、
ちょっとこの事が気になったんです。

そこで、無線LANルーターのコンセントは
抜いても大丈夫なのかどうか?調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は、この事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

無線LANルーターのコンセントは抜いても大丈夫?繋がらなくなる?

 

「無線LANルーターのコンセントは
抜いても大丈夫なのでしょうか?」

こんな疑問を持っている方も多いようですが…

結論から言ってしまうと、
無線LANルーターのコンセントは抜いても問題ありません。

例えば、
「無線LANルーターがあると周りを掃除しづらいから
コンセントやLANケーブルを抜いてどかしてしまいたい…」
なんて思ったら遠慮なく
無線LANルーターのコンセントや
LANケーブルを抜いてどかしてしまって下さい。

ただ、無線LANルーターのコンセントを抜いて
電源を切ってしまうと、Wi-Fiが飛ばなくなって、
Wi-Fiでインターネットにアクセスできなくなってしまうので
この点だけ注意して下さい。

他にネットを使っている人がいる時に、
いきなり無線LANルーターのコンセントを
抜いて電源を落としてしまうと、
急にインターネットが繋がらなくなって
データが消えてしまって困ってしまう可能性もあるので、
無線LANルーターの電源を落とす際は、
ネットを使っている人がいないか確認してから
無線LANルーターのコンセントを抜くようにしましょう。

 

ちなみに、無線LANルーターのコンセントを抜くと、

  • インターネットのアクセスログを消去できる
  • ルーターの温度が下がり熱の負担が少なくなる

というメリットもあります。

無線LANルーターをずっとつけっぱなしにしていると、
インターネットのアクセスログが溜まって、
それが原因で通信速度が下がってしまったり、
通信が悪くなってしまう場合もありますが、
コンセントを抜いて電源を落とすと
アクセスログが消去されるため
不具合が解消される場合もあります。
(※アクセスログが溜まらない機種もあります)

また、無線LANルーターはずっと
つけっぱなしでも問題ないのですが、
つけっぱなしだと排熱による熱の影響を
ずっと受けてしまうことになるので、
電源を切って熱の影響を受けないようにすると、
無線LANルーターの故障のリスクを
若干軽減することができます。

 

無線LANルーターが繋がらなくなった時の対処法

 

無線LANルーターのコンセントを抜いた後、
コンセントを挿し直して電源を入れた時、
Wi-Fiが飛ばなかったり、Wi-Fiが飛んでいても
インターネットに繋がらなくなってしまう…
という不具合が起こる場合がありますが、
このような不具合が起こった場合は、
次の順番で対処法を試してみて下さい。

 

1.モデムと無線LANルーターを再起動させる

 

無線LANルーターの電源を入れたのに、
インターネットに接続できなくなっている…
という場合は、無線LANルーターと
つながっているモデムを再起動させる事で
正常にインターネットに接続できるようになる場合があります。

 

STEP.1
モデムと無線LANルーターの電源を落とす

 

まず、無線LANルーターから
コンセントとLANケーブルも抜き、
その後、モデムからもコンセントを抜き
そのままの状態で3分ほど放置します。

STEP.2
モデムの電源を入れる

 

コンセントを抜いてから3分経過したら、
モデムのコンセントを挿し込み電源を入れ、
全てのランプが正常につくまで待ちます。

STEP.3
無線LANルーターの電源を入れLANケーブルをつなぐ

 

モデムのランプが全て正常についたら、
無線LANルーターのコンセントを挿し込み、
こちらも全てのランプが正常につくまで待ちます。

全てのランプが正常についたら、
LANケーブルを挿し込み電波を飛ばします。

STEP.4
無線機器からWi-Fiを接続する

 

ここまでの手順を終えた段階で、
すでにWi-Fiの電波が飛んでいるはずですので、
パソコンやスマホなどの機器の
Wi-Fiの設定画面を開き、
Wi-Fiに接続できるかどうか確認します。

パスワードを求められる可能性があるので、
予め無線LANルーターに記載されている
パスワードを控えておくようにしましょう。

無事、Wi-Fiにつながりインターネットが開ければ完了です。

 

2.機器を再起動させ無線設定を確認する

 

モデムと無線LANルーターを再起動させてみても、
Wi-Fiにつなぐことができない…という場合は、
パソコンやスマホを再起動することで、
Wi-Fiにつながるようになるという可能性もあります。

もし、ここまでの対処法をどちらも試みても
Wi-Fiに接続することができない場合は、

  • ケーブル類が正しく接続されていない
  • モデムやルーターの設定が変更されている
  • モデムやルーターが故障している

という可能性も考えられます。

もし、自分で解決することが難しいと感じた場合は、
業者の方に点検してもらった方が良いかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、無線LANルーター(Wi-Fi)の
コンセントを抜いても大丈夫なのかどうか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

無線LANルーターのコンセントは抜いてしまっても
故障したりする心配はほとんどないので、
コンセントやケーブル類を抜きたい時は、
遠慮なくコードを抜くようにしましょう。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください