窓を開けないで閉めたまま掃除機するのはNG?窓を開ける理由とは?

「掃除機がけをする時は窓を開けた方がよい」
というふうに教わっていたので、
これまで掃除機がけをする時は
必ず窓を開けていたのですが、
ふと、窓を開ける理由が気になり、
掃除機がけをする際、
窓を開ける理由について調べてみました。

 

で、この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は掃除機がけをする時窓を開けた方が良いのか?
それとも閉めたまま掃除機がけした方が良いのか?
という事について解説していきたいと思います。

 

窓を開けないで閉めたまま掃除機するのはNG?
窓を開ける理由とは?

 

掃除機がけをする時必ず窓を開けてから
行っていた私だったんですが…
一体どのような理由から窓を開けるのか?
ということについては全く知らないままやっていました(^_^;)

 

で、この事について調べてみたところ、
掃除機がけをする時に窓を開ける理由は、
掃除機の排気によって部屋の空気中にほこりが
舞い上がってしまうから窓を開ける方がよい
ということが分かりました。

 

もし、窓を閉めたまま掃除機がけをしてしまったら、
掃除機の排気で舞い上がったほこりは
部屋の中にとどまってまた床に落ちてきてしまいますが、
窓を開けておけば、
舞い上がったほこりが外に出ていってくれるので、
部屋のほこりを減らす事ができる
というわけだったんですね。

 

ただ、掃除機がけをする前に窓を開けてしまっていると、
窓を開けたことで入ってきた風によって
ほこりが舞い上がってしまい、
掃除機で吸えるほこりが減ってしまう事にもなるので、
窓を開けるタイミングは掃除機がけをした後が良いようです。

 

掃除機がけで窓を開けるベストなタイミングについて

 

ここまでは、
掃除機がけをする時窓を開ける理由について
ご紹介したんですが、
ここからは、掃除機がけをする時に窓を開ける
ベストなタイミングについて
もう少し詳しく解説していきたいと思います。

 

先程も少しお話したんですが、
掃除機がけをする際に窓を開ける
ベストなタイミングとなるのは
掃除機がけが終了する頃となります。

 

掃除機がけをする前に窓を開けてしまっていると、
窓から入ってきた風で部屋のほこりが舞い上がり、
掃除機で吸えなくなってしまうため、
まずは窓を閉めたままにしておき、
ある程度掃除機がけが終わった頃合いを見計らって、
窓を開け空気中に舞い上がっている
ほこりが外に出ていってくれるようにすると
最もほこりを減らしやすくなるということなんですね^^

 

ちなみに、
掃除機がけをする前にモップなどで
一度拭き掃除をしておくと、
掃除機の排気で空気中に舞い上がってしまう
ほこりの数を減らすことができます。

 

冬で寒くて掃除機がけをした後、
窓を開けるのが難しいという場合などは、
最初にモップがけをしてから
掃除機がけをするようにして
空気中にほこりが舞い上がらないように
しておくと良いかもしれませんね。

 

掃除機がけした時ほこりが舞う…ほこりが舞い上がるのを防ぐ方法!

 

まとめ

 

今回は、
掃除機がけをする時窓を開ける理由などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

なぜ、窓を開けて掃除機がけするのか?
知らないまま、窓を開けながら掃除機がけをしていた
という方も多いかもしれませんが、
掃除機の排気で舞い上がってしまった
ほこりを外に追い出すためだったんですね!

 

ただ、掃除機がけをする前に窓を開けてしまうと、
逆効果になってしまう場合がありますので、
掃除機がけが終わる頃合いを見計らって
窓を開けるようにするようにしましょう♪

 

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください