20畳のリビングには10畳用エアコンを2台設置した方がお得な理由

エアコンを設置しようとした時には
少し大きめのサイズの方が無理なく運転できるので
電気代がお得になる…

という事は、

知っている方も多いと思うんですが、

リビングなどの広いスペースに
エアコンを設置するような場合は
大型のエアコンを1台設置するよりも
小さめのエアコンを2台設置した方が
いろいろとお得になるということは
知っている人は少ないのではないでしょうか?

我が家では20畳のリビングがあるのですが、
そこにエアコンを設置しようとした時に
リビングにエアコンを設置する場合は
どうすれば無駄のないエアコンの設置ができるのか

ということについて調べてみたので、

今回は20畳のリビングには10畳用の
エアコンを2台設置した方がお得な理由について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



20畳の広いリビングには10畳用エアコンを
2台設置した方がお得になる理由

というわけで、

20畳の広いリビングには10畳用エアコンを
2台設置した方がお得ということなんですが、
一体どうしてそうなるのでしょうか?

まず、20畳のリビングに、
20畳用のエアコンを1台設置するのにかかる費用と
10畳用のエアコンを2台設置するのにかかる費用は
そこまで変わりません。

むしろ…

10畳用のエアコンをリーズナブルな機種にすれば
10畳用を2台設置した方が安くなる場合が多いです。

また、10畳用を2台設置した方が
エアコンの風が部屋全体に行き渡りやすくなるので
空調効率が上がる分20畳用エアコンを使った時よりも
電気代がかなりお得になるケースが少なくありません。

20畳のエアコンを1台設置して運用するとなると、
どうしても風が届きにくい部分が出てきてしまうので
ムダなパワーを消費し続けやすくなってしまう
ということなんですね。

それから、
エアコンを2台設置しておけば、
万が一エアコンが1台故障してしまったとしても、
とりあえず残りの1台は動いてくれますし、
10畳用のエアコンは買い替え時のコストが
安いというメリットもあります。

こういった理由から、
20畳の広いリビングには20畳用の
エアコンを1台設置して使うより
10畳用のエアコンを2台設置して使った方が
お得になるということなんですね。

10畳用エアコン2台設置する時のデメリット

ここまでは20畳のリビングに
10畳用のエアコンを2台設置する
メリットについてご紹介しましたが、

もちろん、デメリットもありますので、
ここからはこの事について
ご紹介していきたいと思います。

まず、デメリットの1つ目は…
エアコンを2台設置しなければならない分
エアコンの設置にかかる工事費用が2台分必要になるため
エアコンの取り付け工事費がかかってしまうという点です。

それから、
エアコンの室内機と室外機が
2つ設置されることになるので、
室内にエアコンが2台と外に室外機が2台あるため
見た目がシンプルでないと感じてしまう可能性があります。

こういった事が、
エアコンを2台設置するときの
デメリットになるかと思います。

まとめ

というわけで、

今回は20畳のリビングにエアコンを
設置する場合は10畳用のエアコンを
2台設置した方がお得な理由について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

10畳用のエアコンを2台設置することで
空調効率が上がって電気代が安くなりますし、
エアコンが1台故障してももう1台で
急場をしのぐことができたり、
10畳用のエアコンであれば
修理費用や買い替え費用が安かったり…

といろいろとメリットがあるんですね。

もちろん、室内機と室外機が2つ
設置されてしまうので
それが気になるというデメリットも
あるといえばあるのかもしれませんが…

このデメリットがそれほど気にならない
という場合はエアコンを2台設置する方法は
かなりおすすめできるので
もしよければ参考にしてみてください(^^)/


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする