暗い部屋でテレビやスマホを見ると目(視力)が悪くなるは本当なのか?

子供の頃に、

「暗い部屋でテレビを見ると目が悪くなって
視力が落ちるからやめなさい!」

と親に言われたという経験を持っている方も
少なくないのではないでしょうか?

視力が悪くなってしまうと、
日常生活に支障が出てしまうようになるので、
視力はできるだけ良いままでいたいですが、

いざ視力が落ちてきたとなると、
「もしかして、視力が落ちたのは
暗い部屋でテレビやスマホなどの
ディスプレイを見ていたからかしら…」
と思われる方も多いようです。

ですが、
暗い部屋でテレビやスマホを見るのと
視力の低下には本当に因果関係があるのでしょうか?
この事について疑問に思った私は、

暗い部屋でテレビやスマホを見ると
目が悪くなるのかどうか?
ということについて調べてみたところ、
意外な事実が判明したので、
今回はこの事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



暗い部屋でテレビやスマホを見ると目(視力)が悪くなるは本当なのか?

暗い部屋でテレビやスマホを見ると
目が悪くなると言われますが、
これは本当の事なのでしょうか?

この事について気になっている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと、
暗い部屋でテレビやスマホを見たとしても
必ずしも視力が悪くなるとは言い切れませんが、
暗い部屋でディスプレイを見つめる行為は、
目に大きな負担がかかってしまいやすく
視力が低下する要因になる事は間違いないようです。

そもそも、
視力が悪くなる最大の原因なのが、
目のピントを調節する筋肉が硬くなってしまい、
上手に目がピントを調節できなくなってしまうからなんですが、
ピント調節機能が大きく低下する原因が、
近くにあるものを長時間見続けるという行為になります。

近くにあるものを見続ける状態は、
目のピント調節を行う筋肉に
ずっと力が入っている状態になるため、
ピント調節をする筋肉が硬くなり、
視力が下がってしまうというわけなんですね。

もう少し、イメージしやすいようお話すると、
腕立て伏せをして腕の筋肉に負荷をかけると、
腕が筋肉痛になって腕を動かしにくくなってしまいますよね?

つまり、近くのものを長時間見続けると
目にも筋肉痛と同じような現象が起こり
ピント調節がうまくできなくなってしまう
ということだったんです。

ちなみに、目の筋肉が硬くなると、
目の奥に痛みや違和感を感じたり、
視界がぼやけたりという事が起こります。

と、少し話がそれてしまったんですが、
ここで一度話を戻しますと、

暗い部屋でテレビやスマホを見ている時は、
自然とディスプレイと目が近くなりやすいですし、
暗い部屋だとディスプレイの光が
余計目に刺激となってしまい
目の筋肉が硬くなりやすいため
「暗い部屋でテレビやスマホを見ると目が悪くなる」
といわれているようですね。

視力低下を防ぐために大事なのは目を休めること

ここまでは、
暗い部屋でテレビやスマホを見ると
目が悪くなるというのは本当なのか?
ということについてお話したんですが、

ここからは、
視力の低下を防ぐためにはどんな事に
気をつけたら良いのか?
ということについてお話していきたいと思います。

これも、結論から言ってしまうと、
視力低下を防ぐために大事なのは、
目をしっかり休める時間を取る
ということになります。

繰り返しになりますが、
視力が低下する大きな原因は、
ピント調節をしている目の筋肉が硬くなり、
目のピント調節機能が低下してしまう事です。

なので、目をしっかり休ませる時間を取り、
ピント調節している筋肉が硬くならないようにするのは
視力低下を防止する最善の方法になるのです。

ちなみに、目を休める場合は…

  • 目をしばらく閉じたままでいる
  • 遠くを眺めるようにする
  • 頭・目・首・肩などの筋肉をほぐす
  • 目の周りを温めるようにする

というようにすると、
目の筋肉をリフレッシュさせやすくなるので、
時間を見つけてこのような方法で
目をしっかり休めると良いでしょう。

まとめ

今回は、暗い部屋でテレビやスマホを見ると
目(視力)が悪くなるは本当なのかどうか
ということについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

暗い部屋でテレビやスマホなどを見ると
目が悪くなるというのは迷信ではないので、
電気をつけて部屋を明るくした状態で
できるだけ画面から目を遠ざけて
テレビやスマホを見るようにした方が良さそうです。

また、長時間同じ距離感で見続ける行為は
目のピント調節機能を著しく低下させてしまうので、
30分に1回は遠くを見つめるようにするなど
目を休ませるようにすると良いでしょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする