薄掛け布団の省スペースこたつは寒くないの?メリットとデメリット!

この間家具コーナーを
ウィンドウショッピングしている時に、

「最近のこたつの布団って
分厚い掛け布団のものが少なくなって
薄い掛け布団のものが多くなっているような…」

と思ったんです。

これまでこたつのイメージというと、
分厚い重たい布団がかかっている
というイメージが強かったので、

「こんなに薄い掛け布団で本当に寒くないの?」

と疑問に思いました。

そこで、薄掛け布団のこたつについて
いろいろと調べてみたところ、
私と同じように薄掛け布団が寒くないかどうかなど
気になっている人も少なくないようだったので、

今回は、薄掛け布団のこたつの
メリットやデメリットについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

薄掛け布団の省スペースこたつは寒くないの?
メリットとデメリット!

 

ということで、

最近主流になりつつある?
薄掛け布団のこたつなんですが、

どうして薄い掛け布団のこたつが
増えてきているのでしょうか?

これの大きな理由は、

掛け布団が薄い方が省スペースで
部屋が狭苦しくなりにくく
メンテナンスや出し入れが簡単という
メリットがあるからのようです。

例えば、アパートやマンションなどの
限られたスペースに分厚い掛け布団のこたつを
置こうとしてしまうと、
どうしても部屋が狭苦しくなり
圧迫感が出てしまったりしますし、
オフシーズンの時に分厚い掛ふとんを
しまっておくとなると大変ですよね?(^_^;)

このように省スペースでないと困るとか
省スペースの方がありがたいという
ニーズがあるため薄い掛け布団のこたつが
徐々に増えてきているようです。

ただ、薄い掛け布団のこたつには
当然デメリットもあります。

それは、分厚い掛け布団のこたつに比べたら保温性が低い
ということです。

なので、当然厚い掛け布団のこたつに比べたら
こたつの保温性が低いので電気代は少し
プラスになってしまうはずなんですが、

1番重要なポイントは
薄い掛け布団のこたつで本当に
寒さをしのげるのか?
ということかと思います。

ということで、
薄い掛け布団のこたつを
寒いと感じている人がいるかどうか
調べてみることにしたんですが、

掛け布団が薄いと寒いと感じる人もいれば
別に寒くないという人もいたので、
薄掛け布団タイプのこたつの寒さの感じ方には
若干個人差があるようです。

ただ、
私的には薄い掛け布団のこたつでも十分だと思います。

というのも、

我が家では実際薄い掛け布団タイプの
こたつを使用しているからなんですが、

掛け布団が薄くても
隙間風さえこたつに入れないようにすれば
寒いと感じることはありませんし、

どうしても寒い時はストーブやエアコンなど、
他の暖房器具を併用するようにしているので
結局他の暖房も併用するのであれば、
出し入れやメンテナンスが大変な
厚い掛け布団のこたつにこだわらずとも
良いのではないかと思います。

・【継脚式リビングこたつ】薄掛け布団タイプ

 

まとめ

 

今回は薄い掛け布団の省スペースこたつの
メリットやデメリットについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

薄い掛け布団だと、
出し入れが楽ですし、
メンテナンスも自宅で洗濯できたり、
部屋が広く感じられるなど
様々なメリットがあります。

ただ、こたつの保温性という点では、
厚い掛け布団のこたつには敵わないので、
1番保温性を重視するという場合は
厚い掛け布団のこたつをチョイスした方が
良いのではないかと思います。

ただ、そこまでこたつの保温性を
重視しなくても良いという場合は、
様々なメリットがある
薄い掛け布団のこたつの方が
何かと便利なのかもしれません。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください