こたつに中掛け毛布は必要?内掛けするメリットを3つあげてみた

我が家では省スペースな
薄掛け布団タイプの
こたつを使っていたんですが、

本格的な冬になるにつれて
ちょっと寒いと感じるようなったので、
中掛け毛布を買おうかな?
と思ったんですが、

中掛け毛布って実際どんな
メリットがあるのか?
ということについて
気になったので、

ちょっと中掛け毛布をするメリットについて
調べてみたんですが、

すると私と同じように、
こたつに中掛け毛布をする意味について
気になっている方も
少なくないようだったので、

今回はこたつに中掛け毛布をする
メリットについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


こたつに中掛け毛布は必要?内掛けするメリットを3つあげてみた

ということで、
こたつに中掛け毛布をかけた時の
メリットを3つご紹介していきたいと思います!

■メリット1・こたつの中の空気が守られる

こたつに中掛け毛布をする
メリットの1つ目は、

こたつの中の空気が守られる

ということになります!

これは、どういうことかというと、

中掛け毛布を使うと、
人に合わせて毛布が
密着するような感じになるので、

布団と人の間とに隙間ができにくくなり、
こたつの中に冷たい空気が入りにくくなり、
また、こたつの中の暖かい空気が
外に逃げにくくなります。

なので、中掛け毛布を使うようにすると、
より暖かくこたつに入ることができるようになる
といえますね(^_^)v

■メリット2・こたつに入るだけでも暖かく感じる

こたつに中掛け毛布をする
メリットの2つ目は、

こたつに入るだけでも暖かく感じる

ということになります。

やはり毛布はふれるだけでも
暖かく感じることができるので、
こたつの電源が入っていない状態で
こたつに入っても
それなりにポカポカした感じがするようになります。

■メリット3・節電効果も期待できる

こたつに中掛け毛布をする
メリットの3つ目は、

節電効果が期待できる

ということになります。

先程もご紹介しましたが、
中掛け毛布を使うと、
こたつの中の空気が守られますし、
また、より暖かく感じることができるので、

例えば、こたつの温度設定を
これまでよりも弱くしても
十分暖かく感じられるようになったり、

こたつの中の空気が守られることで、
こたつの中の温度が下がりにくくなり、
こたつが運転する時間を短くすることができるので、

結果的に節電ができる可能性が高いでしょう。

デメリットはないの?

ということで、

ここまでは、
こたつに中掛け毛布をした時の
メリットを3つご紹介したんですが、

ここからは、中掛け毛布を
使った時のデメリットについて
書いていきたいと思います。

まず、デメリットの1つ目は
オフシーズンになった時に
洗濯する物が増えてしまう
ということになります。

そして、2つ目は、
中掛け毛布をしまう場所を
確保しておかなければいけない
ということです。

この2つが中掛け毛布を使用した時の
デメリットになるかと思います。

まとめ

今回はこたつに中掛け毛布を
するメリットについて書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

こたつに中掛け毛布を
使うかどうか迷っているという場合は
今回ご紹介したメリットとデメリットを
参考にしていただけるとうれしいです。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする