こたつの天板の裏や床が結露する原因とは?対処法や予防法についても

この間こたつの布団を洗おうと思い
こたつの天板を取り外したんですが、

なんと、天板の裏が
四角く結露してしまっていたんですね(^_^;)

「え?なんで天板の裏が結露してるの?」

と疑問だったんですが…

「もしかしたら床も結露してる?」

と不安になり確かめてみたところ…

床もうっすら湿ったような感じで
結露してしまっていました。

一体どうして、
こたつの天板の裏や床の部分が
結露してしまったのか?
ということについて気になった私は
こたつが結露してしまう原因について
調べてみることにしたんですが、

すると、
私と同じようにこたつに結露が発生して
困っているという方も少なくないようだったので、

今回はこたつの天板や床が結露する原因や
結露してしまった時の対処法、
また予防法についてご紹介していきたいと思います^^

こたつの天板の裏や床が結露する原因とは?

 

こたつの天板の裏や、
床が結露する原因は一体何なのでしょうか?

こたつの天板の裏や
床が結露してしまう原因は、

  1. こたつ布団が湿っていた
  2. 人から出た水蒸気が溜まった
  3. 空気の湿度が高かった

というような要因から、
こたつの中で温められた
空気がたくさんの水分を含み、
その空気が天板の裏や床にぶつかり冷やされる
ということが原因となります。

温かい空気は水分をたくさん含むことができるようになりますが、

冷やされると、
含んでいた水分を含みきれなくなるため
水滴が出て結露が発生してしまう
という現象が起こってしまいます。

冷たい飲み物を入れたコップに
水滴がつく現象がありますが、
こたつの結露も同じ原理で
結露が発生してしまっている
というわけなんですね。

 

こたつが結露している時の対処法と予防法

 

ここまでは、

こたつの天板の裏や床が結露してしまう
原因についてご紹介しましたが、

こたつが結露している場合は
どのように対処すれば良いのでしょうか?

まず、こたつが結露してしまっている場合は、
乾いたタオルなどで結露している部分を
しっかりと拭き取ることが大切です。

また、こたつに発生する結露を予防するためには
こたつ布団を定期的に干し、
よく乾燥させた状態で使っていくようにすると
結露を発生させにくくすることができます。

こたつの天板の裏や床が結露してしまうと
カビが発生してしまう原因にもなりますので、
こたつの結露対策はしっかりやっておきましょう^^

 

まとめ

 

今回はこたつの天板の裏や、
床に結露が発生してしまう原因や
その対処法・予防法について
ご紹介しました。

こたつに結露が発生している事に気がついたら
すぐに乾いたタオルなどで結露を拭き取り、
こたつの布団を干し結露が発生しにくくなるように
対処されることをおすすめします。

ということで
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください